10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金のことは体験で学ぼう。

記事の内容が分かりにくいかなって
題名の変更をしております。
(元題名→じゃんじゃん稼ぐぜ~)笑


訪問ありがとうございます。

「見に来たよ~」ってぽちってしてくれると
うれしいです(*'-'*)ノ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村





+++++++++++++




「ママ~、おこづかいでアイス買ってもいい?」

うん、いいよ~。
車に気をつけて行ってらっしゃーい。



実は半年前まで・・というより再登校まで、
ぽんたは、店頭に並ぶお菓子の値札の数字を
読むことができませんでした。

一ケタを読むのでせいいっぱい。

お菓子の値段なんて、そこそこ3ケタがいいところなのですが
その3ケタがどうしても読めず。。


ママに付き合ってお買い物に来たものの

「ねえママ、いくらまでなら買ってもいい?」
じゃあ、200円まで。

「ママ~~っ、これで合ってる?笑」
・・・・300円超えてるやん(ノω=; )

分かった!ぽんた!とりあえず、左から数字を読んでこいっ
「うんっ♪」


「ママ~~♪ えっとねー、298!」
・・・・だから、超えてるんだってばよぉー。。。


といった具合で、
”何円まで”のハードルが やたら高くて。

どうやったら、2ケタ以上の概念が理解できるんだろうと
思ってまして。。。



で、全然違うキッカケから、

『おこづかいは、お手伝いで稼ごう』

が。。。ぽんたの再登校後、
お友達と遊びに行くようになってから始まりました。



いや、そのキッカケっていうのがね・・・( ;^ω^)


やはり小3ともなると、

少額のおこづかいをもらって、ちょっとした買い物(お菓子など)を
する子供たちが増えてきまして、、


特に、遊ぶ時間が普段より長い夏休みなどでは、

水筒を持って遊びに出ても、飲みきってしまうことも多くですね。。

また水筒を持ってこないお友達は
親御さんから「自販機で何か買って」と小銭を握らされてる子もいまして。

そうなると

「じゃあ、ぽんたも!!」と当然なるわけです。



いや実は、数字もそうなのですが、
100円玉以外の認識もかなりあやふやだったぽんたちゃん。

5円玉や1円玉など、特に理解できてなくて・・・

なのに、お金を持たせて大丈夫なのか???


と、心配ばかり膨らんでいたのですが。。


やっぱりぽんただけ持たせないわけには いかない。゚(*ノωノ)゚。


なら、どうするか!?



じゃあ、稼いでもらおうと。

自分でお手伝いをして稼いだお金になら
きっと愛着も湧くだろうし、
大事に使おうって心がけるようになるかもしれない。


って、思ったかどうか、、

イマイチ 覚えてないのですが。笑



まあ、、

ぽんたに「お小遣い稼ぐ?」って聞いたところ

『うんっ♪』って、ふたつ返事だったので。笑


さっそく ”稼ごう”シートを作ってみることにしました。

稼ぐぞ




最初の6回までは みるみるスタンプが溜まりました。笑

でも、小金をもらってしまうと
そこで満足しちゃうのか、、けっこうだらけがち。笑


ま~、とりあえずいっかー、、と放置してまして。。


ぽんたは ぽんたで、
「わーい、わーい」とばかりに

お手伝いで稼いだ小金を 自分のお財布に入れて
お買い物を楽しむようになってました。


で、いや、何気に小金持ちちゃんになると・・・。

ほんっと笑えてしまうのですが、
ちゃんと締めるところは締めてるんですよね~。笑


だってね、だってね

知らんぷりしながら 様子を見てると、
買ってくるのは ”10円ガム” 笑

しかも「当たり」が出ると、
ちゃーんと引き換えにも行くようになってまして。笑

そりゃあ、タダで貰えるんですものねー(〃▽〃)ノ

お得感満載でしょう♪


そんなこんなで、↑の1枚目のスタンプは全部溜まりまして、

今、2枚目に突入してるわけなのですが


なんと!


いつのまにか

3ケタの値札が 読めるようになってたんですよー(≧∀≦)



結局、経験から覚えたんでしょうね~。

そりゃあ、ママがそばにいるわけじゃないし、
自分一人でレジに並ぶので、必死のパッチだったのかしら。。


あ、学校の算数では、まだ10以上の数でつまづいてますが。笑

しかも、、、
家では、算数の宿題(1年2学期レベル)をするのに
堂々と電卓たたいてますから。苦笑



今日も彼女のお財布を見ると、
1円玉と5円玉だらけ・・・。

8%の消費税で 細かい金額を言われてるんだと思うのですが

たぶん、そこはまだ難しいのか
100円玉と10円玉しか出してないのかも。


それでも、お金に対することを覚えるのは
とても大事なことです。

とくに発達ちゃんは、金銭感覚が乏しいことも多く、
ふざけや悪意により不当に利用されることも無きにしも非ず、、、なので。


ほんのちょっとでも、お手伝いをしてくれるとママも助かるし、

ぽんたはぽんたで、お手伝いでおこづかいを稼いで
お買いものもエンジョイできて、

けっこう いまだに続いています。


で。

このスタンプ1個50円。

いつ、このハードルを上げるか・・・
実はこっそり悩んでるママなのです。

4年生になるタイミングにしよーかなぁ


・・・どーしよ(´;д;`)




今日も読んでいただけてありがとうございました。

連休明け、またお互い頑張りましょうね(^o^)ノ


スポンサーサイト

涙と努力で超えるハードルか、笑顔で超えるハードルか。

訪問ありがとうございます。

ブログ村に登録しています。
「見に来たよ~」って押してくれると
うれしいです(*^ω^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


++++++++++++



まさかの再登校をし出した頃から
外に、外に、気持ちが向くように変わったぽんちゃん。


それまでは、家の中で遊ぶことが多かったのですが、
自分からガンガン外に出て行くようになって

「きょうは5時半まであそんでいい?」
「みんな5時半までだって言ってるの」

ぽんたのほうから(玄関からですが)
ちゃんと聞いてくれて、
終了時間の確認もするようになりました。

うーん、かしこいー。笑
ぃゃ ここにくるまで2年かかったので・・

あ、それは良しとして(´ω`)w



私が知る限り、ぽんたのクラスでは、
すでに殆どのお子さんが
コマ(補助輪)なし自転車に乗れるようになっていて

コマつきの自転車に乗っているのは
もうぽんただけでした。


「やっぱりコマなしに乗れるようになりたい?」
何度か、そう聞くと、やはり憧れのように思ってるようで


かといって、

今まで何度練習しても、
ぐらぐら、グニャグニャ、すぐ倒れてしまうぽんた。

いっときは

「どうせ乗れないもん」

そう言って、それこそ見向きもしない、、
自転車にまたごうとすらしない時期が続きました。



で・・・

外にお友達と出ていくと、

お友達は自転車で行くところを
走ってついていってたぽんたちゃん。


それを見た 別のクラスの同級生に
「かっわいそー」
とつぶやかれたこともあったそう。

帰ってきてから、その話をしたぽんた。

「あのね、そのときね。そう言ったその子に
○○ちゃんが”うっさいわ、黙っとけ”って
言ってくれたんだよ。」

と嬉しそうにしていたのが、すごく印象的で。


そんなこともあって、

コマなし自転車に乗れるようになりたい気持ちを
膨らませていったんだと思います。


ある時期から、、
練習ができるように、すでに補助輪は外してました。

「ぽんたー、キックだけで進んだらいいんだよー。」
「ペダルに足を乗せて、よろよろする様だったら、
転ぶから、キックだけで行こう。」

そう、声かけだけはしてまして・・・


あとは 放置 でした。笑


お友達との遊びにママがついていくと
どうしても「おばちゃんかまって」状態になってしまうので。

そうすると、ぽんたが拗ねたりいじけたり
ややこしくなるのが常でしたので、

「大丈夫だから、行っておいで~。」

そう言って、子供たちにまかせていたんです。


そんな ある日。

玄関のチャイムが鳴ったので

”またーなんだよー( ;´-ω-)”


そう思って出ると・・・


「ママー。なんか知らないけど乗れちゃったよー。」

そう・・・たんたんと喋る声が。

「ええっ、マジッ!?」


大急ぎで外に出ると、

「ほらね~」と言わんばかりに、
ゆるーく円を描くように

たらたらと自転車を漕ぐ娘の姿が。。。


おおおおおっっっ!!!

きゃあああああああああ(*`ω´*) ← こころの声


「おおっすごいじゃんっ」
「ほんまやー乗れちゃったんやー」

後から思い出すと
我ながら呆れるくらいのポーカーフェイスをかまして(笑)

「やったね♪できたね♪」を伝え、

「次は、車に気を付けないといけないね~」
などと、大人の発言をしていたのでした。笑



やったー!!(≧∀≦)ノ
すごいじゃんっ!ぽんた!!

憧れのコマなしだよ!


本当はとってもとっても嬉しかったママ。

ママ友から「あれ、乗れるようになったん?」と聞かれるたび
「うんっそうやねーん♪♪」と、ついはしゃいじゃったりして。笑

そのぐらい嬉しかった。

だってねー

コマなしに乗ってる子供を見ては

「どうせぽんたなんて・・」
と言って見せていた あの悲しげな表情!

努力しようとしても
緊張してしまって倒れることも何度もあったから

でも

厳しい練習、とかじゃなくって
きっと「遊び」の延長で乗れるようになるって

ずっとそう思ってたのが

やっぱりそれは正しかったみたいで、、

何より”ぽんたの成功体験”に繋がったのが
本当に本当に嬉しかったの。


涙を流しながら頑張ることも
時には必要かもしれないけど

まだそんな段階じゃないって思ってたから。

今はまだ

「えいっ」って踏み出すだけでも
不安がいっぱいな性質のほうが強いのだから、

笑顔で超えるハードルもあっていいと思う。



今日も読んでくれてありがとう。

いいお天気ですよ~
お日さまを浴びましょうね~

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

小さな一歩?ううん、大きな一歩。

訪問ありがとうございます(*'-'*)ノ


おかげさまで、肩の調子のほうも
少しずつですが良くなってきました♪

あ!そうそう!

今日もちゃあんとリハビリに通ったママ。笑  エラソー^^;
リハビリついでに、リハビリシートを見てみたところ、、
診断名のところの記載が。。

--頸椎(けいつい)変形症--

と、なっておりました。

へぇ~、、知らなかった。苦笑

まったく もぉ~
最近は、本当に診断名を濁す言い方をするのよね~
じゃあ、前に言ってた”四十肩”って何だったのよぉ   (*`ω´*)プンプン

なんちゃって。笑

怒ってもしゃあないけどね、、

とにもかくにも

家庭のなかでは、、とくにお母さま!
”主婦であり母”の健康管理は何よりも大事だと思う~

今夜もぐっすり寝ましょうね~(^o^)ノ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


++++++++++++++++



現在 まだ誕生日前の小学3年生のぽんたちゃん。

8才という年齢にふさわしく(?)、

シャンプーはまだママにしてもらい、
※しかも、ママは左腕に頭を乗せるという大技をこなしています。

恥ずかしくもなく、うん○の時はママを呼んで
ママに拭いてもらっておりまして。。。

ハミガキも・・・仕上げどころか、
最初からママに磨いてもらうことのほうが多く、

手を洗うのは、
どれだけ声をかけても一日1回。
2回も洗ったら「すごーい」状態。。。



はい。
ここまで読んで、ピンときた方は
もしかして経験者さんか当事者さん。。

ぽんたちゃん、実は
感覚過敏と、”濡れること”に恐怖心が強くありまして。。

特にせっけんの泡?
なぜか その泡を「痛いもの」?
と感じてた幼児期がありました。



だから、正直、シャンプーも
ママの肩と体力の調子次第。

再登校から少し痩せたとはいえ、40kg近い身体の
頭部を支えるのは、ひと仕事でして。。


シャワーはもとより
濡れるのがコワイことを克服するなんて、
「ええーできるのん?」てばかりに

ママ的には長期戦の構えでおりました。


ところが ところが。


つい最近のこと。

会社から帰宅したパパを捕まえて

「お湯洗いで自分でシャンプーしてみたい」

なんて話し出してるぽんたちゃん。



!!!! ∑└(*゚ロ゚*)┘

????? (*'д'*)



・・・いったい何があったんだ?


てか・・シャンプーどころか
お風呂も拒否じゃん!


えええっ!! ∑('ω'ノ)ノ
マジ?


ママ『あ、じゃあ、お風呂の用意をしようか?』
ぽんた「うんっ」

・・・実はその日はシャワーの日と決め込んでいたので、
ちょっぴりめんどくさかったママ。笑

しかも、内心、

まあ・・いっぺんには無理かもしれへんわ。
そう思ってたのも本音でして。

だって、今まで何度も「がっくし」させられてるわけですし・・・。


---でも、突然、「その日」はやってきた。


パパの海用ゴーグルを出してきて、
わやわや言いながら、お風呂で遊びだしまして。。


実はこれもすごいことなのよ~。

だって、暑いのが嫌いなぽんちゃんでしょ?
”長時間入ってる”、なんて
今まであり得なかったんだから。

しかも、ゴーグルを使って、
バスタブの中を覗き込む仕草も見られ。

いやー
まじ、ママは放心してましたわ( ;^ω^)


だって、すべてがあり得ないんだもの。笑


しかもしかも。
ママの声かけで、一人で身体も洗い、、

いや、こう書くと簡単でしょ?

ちゃうちゃう。

自分でゴシゴシタオルをとり、ボディシャンプーを出し、
あわあわさせてから、身体をこする・・・。
全行程、生まれてはじめてやってるんだよぉ~?  




うう。
ここまで書いて
すでに密かな感動におそわれてます。。



ありえない
ありえない
ありえない




背中の洗い方も、
もう一本のタオルでやってみせたら
ちゃんと真似したぽんた。


タオルの泡のすすぎ方も、
湯桶のお湯を変える手伝いをしたら

「あ、泡はもう無いよ」

なんて言って、確認もしていたぽんた。



ママはね、もう「これで十分だ」感でいっぱいでした。



お風呂に長い時間浸かり、
お湯に顔をつけて遊び、
ひとりで自分の身体を洗った。

もう、これだけで。




そうそう。

ここでばらしてしまおうと思いますが、
実はあまりに嫌がるので

この2週間か3週間、ボディシャンプーを使って
身体を洗っていなかったんです。
・・・お湯に浸かるだけ。

それでも”いい”と、日々思ってたんです。



ちょっと、ここで話は逸れまして・・・。

完全不登校中のことですが、、

ひどい時は1カ月以上お風呂に入らなかったぽんちゃん。
2ヶ月ほどシャンプーをさせてくれないこともあり、、
気がつくとサメ肌になっていたこともある。

”お風呂”という単語にすら敏感で
そこに入る、ということに

どれだけ気力と体力がいるのか。。。

そんな感じでしたので。



なのに、なのに!!



今、ママの目の前で、
ぽんたが自分で泡を立てて洗っている!涙


ふぅぅぅ ← 心の呼吸
静かな感動で、ママ心なしかパニック。笑



よしよし、よく頑張ったね♪じゃあ、もう上がろうか?

「え?ママ、お湯でシャンプーは?」


ええ!!??
するの?


「うん」



・・・・


・・・・





いやぁ~~(〃▽〃)

しちゃいましたよぉ~♪

”湯シャン”


しかも、いっさいママは手を貸さずに、です。


あ。
一応シャワーを出す前に、下を向いて
後れ毛まで逆毛にすることを教えましたが
(これもママの真似でちゃんと出来ましてw)


あとは、ぽんたのペースで

こわごわ。。。な感じでしたが、
やりのけました。



すごい!すごいよ!!

すごいよ!!!ぽんちゃん!!!(≧∀≦)ノ



「ふぅ、なんか汗かいちゃった。笑」

シャンプーしてるのに、汗をかいたような事を言うぽんた。

『そっかー、きっと緊張しちゃったんだねー』



最後、湯船にもう一度浸かって

『ぽんた、大人の仲間入りの一歩、おめでとう!』
そう言って握手をしまして。笑

「ええっ、大人じゃないもん。子供がいいよ~」
と、ちょっとしかめっ面になりましたが、、

その後はいつものように
甘えたさんな表情のままでした。


まさか、こんな急にこんなに驚かされるとは
思ってもみなかったよ。。

すごいね、本当にそれしか出てこない。

「あたしもやりたい」

きっと、いつのまにか
ぽんたの中にそんな思いが膨らんでいたんだね。

この日の一歩を
ママはいつまでも覚えていたいな。

ううん。
きっと覚えていると思う。



なんか、今回の記事は

ママ的には
うまく言葉にできなかったかも。




そのくらいビックリして、


そして、、


感動したの。



++++++++++++++


今日も読んで頂けてありがとうございました。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

宿題パニックと不登校からの現在、宿題をするということは。

いつも訪問ありがとうございます。

今日も思いつくまま書きなぐっていきます。
良ければ お付き合いのほどを♪


ブログ村のカテゴリを統一しました。
発達障害を持つ我が子の成長を綴ることに
変わりは無いので、ま、いいかとw

良かったらぽちっとして下さいな(*'-'*)ノ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


++++++++++++++++



加配の先生に、ある意味守られていた幼稚園から、
”おべんきょう”が始まる小学校に入学したぽんた。


園児・教諭、全員でたかだか50人ほどの園生活から、
全校生徒・先生 すべて合わせて約500人強の小学校生活は

やはり 今思えば、混乱や驚愕がないわけがなく・・
ぽんたが多分パニックになっていただろう事は、
当時を振り返ると、それは周りが想像する以上だったのかもしれません。


入学当初から
連絡帳に、小さく書いてある支援担の記載。。

朝からとても具合が悪そうな表情で、「おはよう」を間違えて
「こんばんは」と言っていました。

教室に10分ほどいたところで、しんどくなったようで
(支援担と一緒に)休憩室に行きました。


うーん

頑張っていたんだなぁ (ノェ`o)



そして。

入学から一か月後1、2週間後には、
しっかり宿題が渡されてまして。

いやあ、凄かったなぁ~

--宿題パニック--

わんわん泣く・ぎゃーぎゃー叫ぶ
パニックから椅子から転げ落ちる
わざとエンピツを机の下に落とす
エンピツ・消しゴムを投げる


もう、これは、

「親子ガマン大会」笑


ひらがな 一文字を書くだけなのに大騒ぎ。

パニックなしで書いたなら10分とかからないんじゃないの?

ってところで、1時間は泣いてぐずって、
それでもプリントを目の前にしていた・・・・。


もう、これは、1年生にして訪れる、”最初の試練”なのかも。
毎日毎日、呆れるくらい繰り広げられていた

放課後の悪夢。 笑   ちょっと言い過ぎかな?



でも、それも二学期に入るころには、

クラス担任と支援担との相談で、少し宿題量を減らし
なおかつ、ぽんたが馴れてきはじめた、ということもあって

やっぱり ちょっとずつマシにはなってきたの。


しかも、

日にちが進むと、、、

算数での数量概念の弱さがはっきりしてきたので
クラスの子たちと一緒の内容が出来なくなり、、

国語でも、
「量」をこなせるように仕向けるより、
丁寧に「書ける」量を書いたほうが

ぽんたの記憶に残ることが分かってきたので

そこも、「ぽんた仕様」の宿題に変わっていった。




が・・・

やはり、つまづいてしまったわけで・・・( ;´-ω-)


激しい登校渋りと、五月雨登校を経て・・・
完全不登校になった約一年。

小三の途中から、再登校をはじめたとはいえ、


「しゅくだい」というものに対してのこだわり?のような
嫌悪にも似た感情はあるらしいぽんたさん。

何度も

スケジュールを使って、

「じゃあ、○○のあとに宿題をするのね?」
と、本人の意思を確認しても

・・・・身体が動かない(´;ω;`)



しばらくの間、ぽんたの様子を観察しながら、
ママは・・・

どう働きかけるのがいいのか
それともこのまま見守るのがいいのか

しばし、悩んでおりました。



登校するだけで精いっぱいなのかな?

教室に座って、「書く」作業をこなすだけで十分だと思ってるのかも?



しかし・・・


「ふふふん♪」と、お絵かきに励む
ぽんたの絵を後から見ると、

彼女が独学で覚えた漢字が
いたるところで書かれてて。。。


しかも、おもいっきり鏡文字だったり
部首が右にきていて、想像しないと分からない漢字だったり

苦笑


ねえ、書くのがそんなに好きなら
ちゃんと「書いて」覚えたほうがいいんじゃないの?



で、ぽんたに話しかけてみました。



ねえ、ぽんた。

ママは、いつぽんたが自分から宿題をやるんだろうって
そう思いながら見ていたの。
ぽんたはママが言わないから、「やらなくてもいいや」って
もしかして思っていたの?

宿題ってのは、「ぽんたが覚えるため」にやるんだよ。

無理やり「やりなさい!」って言われて、
宿題を始めるのって、やっぱりぽんたもイヤでしょ?

でもぽんたさ、
YouTubeとか見るようになって、読める字、本当に増えたよね~
読めるって楽しいの、分かったでしょ?

お絵かきと一緒に字を書くのも、すっごく好きでじゃない?
でも知ってた?実は合ってない漢字もあったんだよ。
見た人が読める漢字を書きたかったら、「書いて」覚えたほうがいいねん。

ぽんた、全然宿題やってないけど、
やっぱり覚えたいってことは、やったほうがいいんじゃないのかなって
ママは思うんだけど、、ぽんたはどう思う?





うーん。。。
ちょっと、くどかったかしら。。

ぽんたは「分かんない」と言っていました。


ママは、ぽんたが自分から

もっと「書きたい」、もっと「覚えたい」

そんな気持ちになるのを待ちたい、待ってみたいのね。



それは、なぜかって。。


自分も、母親に「やりなさい」って言われたことがないの。
でも、覚えるのは楽しかった。

自分から机に座って、書く作業が好きな小学生だったから。


自分から机に座るぽんたを見てると、
そこは出来るんじゃないかと思ってしまうママがいる。。



さて。
一応話してはみたけど、、
これからどうなるか、まだ様子見なのですが

覚える楽しさ
好奇心を満たす方法を、

自分で探れることを知って欲しい。


これは、きっと

彼女の「生きる力」になると思うから。





今日も読んで頂けてありがとうございました(*'-'*)ノ

歌いたかったら読めるようになっちゃった。

訪問ありがとうございます(*'-'*)ノ

ブログ村に参加しています。
ぽちっとしたら、色んな記事に出会えますよ♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

+++++++++++++++


ぽんたが幼稚園の年長の頃。

女の子たちの間で、「お手紙交換」が流行りました。

その頃のぽんたは、まだ字を書くことも読むこともできなかったので、
「字」のかわりに「絵」を書いて、お手紙を作ってました。


そして、、
小学校に入っても、字(ひらがな)を書くことは、
覚える・記憶するよりも大変そうでした。


でも、

とても「手紙を書く」行為が
大好きだったぽんたちゃん。

同じクラスの子や、近所の子に、

”出さない手紙”を何通も何通も書きました。



あ?なんで出さないのかって?

さあ・・何ででしょうねぇ(。-_-。)

いくら ぽんたに聞いても、無反応。
どうやら「書いた」ことで
満足しちゃってたみたいなんですよ~。・・・不思議です。笑



さて。

一年になって、ようやくお友達と遊ぶことが増えたのですが
(幼稚園のときは、自宅に到着後は引きこもりちゃんでした)

下校後、一緒に遊ぶお友達とトラブルになると
決まって必ず自宅に逃げ込み、、

「さっきはごめんね」
「またあそんでね」

口に出して言えない言葉を、必死に紙に書いていたぽんた。



ふふ・・・(*'-'*)


あ、いや、笑ってごめん。ぽんちゃん。

ぽんたは必死だったのに、

ママには そんなぽんたが本当に愛おしくて
たまらないほど、切ないほど
「かわいいなぁ」って思っていたの。




そんなぽんたが、


耳から、目から、

飛び込む情報を、物凄い集中力で
キャッチするようになったのは、、

既に登校渋りも激しくなっていた小2の二学期あたりから。。



最初に気づいたのは、
アニメの主題歌だったんだけど、、

ふりがなもついていない漢字も
読みが正確のまま歌っていたの。



!!

この子、本当は聴覚優位だったの?


そう思ったほど、

あ、しかも、そのアニメは
放送開始から、まだ2~3回しかやってなくて、、

音程ももちろんだけど、

ある程度 年齢があがってないと分からないような
単語が並ぶその歌詞をすらすらと歌うぽんたの姿に


めちゃめちゃ驚いたのを覚えてる。




今も書く行為は大好きなぽんた。

出せない手紙も、あいかわらず”すぐ”山のように溜まる。笑



でも。。

何よりすごいのは、

興味を持ったら、すさまじい集中力を発揮していて、
YouTubeなどの動画で、色んな歌を探し出してくるんだけど

ふりがなの付いていない漢字の歌詞を
音声を助けに、ガンガン歌ってる。


それをキッカケに、けっこうな量の漢字を
読めるようになったんだ♪



あ、書くのは、、そこに比例してないの。笑

今は、読みたい(歌いたい)好奇心を
たんまり満足させてるって感じなのかしら。笑

でも それでいいと思う。


一緒に動画を見ては、
ママ、そりゃもう褒めちぎってます♪ (〃▽〃)




☆ 最近のぽんたお気に入りの曲は、こちら♪

色は匂へど散りぬるを

携帯の方はコチラ
→ https://www.youtube.com/watch?v=GKrzGRNDrvs


良かったら聞いてみてね(≧∀≦)ノ
今の彼女は、ほぼオタク街道まっしぐらです。笑



今日も、読んで&聞いて頂けて、
ありがとうございました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。