06
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

絶叫(ぽんたはストレス発散しちゃいけないの!?)

訪問ありがとうございます。

ブログ村に参加しています。
「見に来たよ~」って押してくれると
うれしいです(*'-'*)ノ

「ぽちっ」としてみてね♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


+++++++++++++




数日前のことでした。


デイの無い日だったので、のんびりTVを見ながら
家の鍵をあけてぽんたの帰りを待っていると・・・。


なんか、ものすごい勢いで
誰かに怒鳴り散らしているらしい
ぽんたの声が聞こえてきた。


なんだ?なんだ?



また何かあったのだろうと思いつつ、

でも、その聞こえてくる雰囲気からは
緊急性は感じなかったので

そのままリビングでぽんたの帰りを待っていると



ギャンギャン わめき散らしながら

玄関からリビングまでの通路に
黄帽、ランドセル、水筒、靴下を
ひとつひとつ 振り落としながら
リビングに入ってきたぽんた。


涙で顔はぐちゃぐちゃで、
興奮で顔を昂揚させて、

そして、その表情は

怒りと混乱に満ちていて。




ソファに腰かけるとすぐに

静かな口調で語りだしたぽんちゃん。




あのね、学校ですごくイらついてたの。

だから自由帳に しね って書いたの。

そしたら、友達に「そんなん書いたらアカンねんで」って言われた。



・・・と、ここまで静かに喋ると。



ぽんたね!
すっごくすっごく腹が立ったことがあったの!

でもそれを友達に言っちゃうと、そしたら拗ねちゃうでしょ!?
てかいっつも拗ねるんだもん!
それ、すっごいイヤなの!

だから、ストレス発散しないとって
自分の自由帳に書いたのに

だめなんだよーって、ずーっと言い続けてきてさ!
自分だって、すぐ悪いこと言うくせに
なんでもぽんたにはダメって言うんだよ!

ぽんた、ガマンし続けなきゃいけないの!??

ストレス発散しちゃいけないの!?

すっごいストレスだったのに、
しかも自分の自由帳だよ!?

なのに何も書いちゃいけないの!?


ぅぅうううわあああああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!

あああああああああああああああああああああああああ!!!!

しかも、○○ちゃんは、ぽんたにすぐ
「あたししぬから」とか言うんだよ。
ほんっとやめてほしいよ!!

すぐ拗ねるのもやめてほしい!!

うそばっかり言ってさ!
ぽんたが「それちがうでしょ?」って言うと

ぽんたに「うそつき」って逆に言うんだよ!
おかしいでしょ!?


もお!もう、やだ!
ほんっと、いらつく!!

あああああああああああああああああああああ!!!!!



叫ぶ叫ぶ。

力の限りの 大絶叫。。



よっぽど、しんどかったんでしょうね。。。


ほんの少しの間でしたが、
気持ちよく(?)叫ばしときました。笑

それも発散でしょうし、家のなかだしね。。。




ぽんたが

しね とか
頻繁にノートに書くようになったのは、

不登校中に避難してた ママの実家で

ネグレクトからの二日おきの昼夜逆転を
している中学生のイトコから
教わってからでした。

いらつく とか、
うざい、きもい、とか

それまで彼女の世界に無かった言葉を
いつのまにか たくさん覚えたようで。

それも成長の過程で避けられないことなのでしょうけど


いつも遊んでいるクラスのお友達に
あからさまに反論されて
逆上してしまったのかもしれません。。



ぽんたが小2の後半で

完全不登校中に昼夜逆転になり
深夜アニメを見るようになったのも

影響の一部だろうとも思ってました。


過激な表現、ネガティブでどす黒い感情

ぽんたが面白がって見たがるので
一人で見させるアニメではないと
ママも一緒に見てはいましたが、

「うげ~」という内容のものもあって

さすがに「これはちょっと精神的によくないよ」と、
ぽんたに断って削除した(録画してたので)ものも
けっこうあります。



あ、でね。


叫び続けるのが、ひと段落してから
ぽんたに気持ちの整理をしてもらおうと
少しずつ、話していきました。




あのね、「しね」ってことばを見てしまったら
「それはよくない」って、誰でも言うと思うよ。
ママもあからさまに言っちゃいけない言葉だと
思ってる。

でも、ストレス発散しなきゃ!って
そのときぽんたは思ったんだよね?

うん、それは正しい。
すごーくストレスを感じてたら
やっぱりガマンしちゃいけないの。

ガマンし続けたら、爆発しちゃうでしょ?

だから、ストレスを感じて
発散しなきゃ、って思うことは
悪くないってママも思うよ。



目にいっぱい涙を浮かべながら
それでもまだ怒りの表情のままで

ぽんたは、ママの言葉に耳を傾けていました。




ママいつも思ってたんだけどね・・
ぽんたはね、深夜アニメを見るようになってから
まだクラスの子供たちが知らないような世界や言葉を
たくさん知るようになったの。

クラスの子たちは、ちゃんと朝から学校へ行ってるから
深夜にそんなアニメをやってるなんて
知らない子たちもたくさんいるんだよ。

○○ちゃん(ぽんたのイトコ)だって、
ぽんたの前で すぐ
しねだの うざいだの 言うけどね

あの子、学校に行って
実際に自分のともだちに
そんな言葉 言ってないと思う。

だって本当に言ったら
ハミゴ(村八分)にされちゃうもん。

ぽんたは、それ知らなかったでしょ?


「えっ!そうなの?」


うん、そうなの。笑

でね、だから
深夜アニメもそうだし、
イトコに教わったのもそうだし、

ぽんたがヘーキで使っていいって思ってた言葉と
クラスの子たちがいつも使ってる言葉に
ギャップがあるんだろうと思うんだ。

悪いことじゃないよ?

いつかはお友達も知ることかもしれないしね。
ただぽんたのほうが早く知ってしまっただけ。

だから、お友達のほうも
まさかぽんたが言うなんてって、びっくりしたんだと思うよ?

しね が言っていい言葉じゃないって知ってるよね?
だからノートに書いて発散しようとしたんでしょ。


「うん。」


でもお友達は見てしまったから「いけないよ」って
教えたくなったんだと思うよ。ただ、それだけ。

ぽんたはぽんたで
ストレスの発散をしなきゃって、なっただけ。


○○ちゃんが拗ねちゃうのもね、
ぽんたなら怒らないって思って
甘えてるんだと思うの。ちがう?


「うん、そうかもしれない。・・・そうだと思う。」


嫌だったらイヤって言っていいんだよ。

それが、たとえば遊んでるときだったら
「そんなことばっか言うんやったら
面白くないから帰るわ」
って言って帰ってきちゃえばええねん。

お友達との関係はお互いさまなんだから。




と、こんな感じで

ちょっぴり説きほぐしをしていくと
少しずつ納得がいったようでした。

そこから水分を摂って
ふにゃにゃ~ん(´oノ`o)となっておりまして。。。


で、ベランダに出ると
まだお友達が心配そうに下をうろうろしてるのが見えたので


「今やっと落ち着いたから大丈夫」
「でも、もうちょっとクールダウンさしてね」


そう声をかけると安心したのか
戻っていくのが見えました。


「ママ、今のだれ!?」

○○ちゃんだと伝えると、

「あたし行ってくるわ、ごめんねも言ってくる」

そう言って走り出しました。



納得すると、本当に行動が早い。
すごいな ぽんた~。
ホント君はスゴイよ~。


「お勉強」という点から見れば、
すごい低いとこにいると思われがちなぽんた。

お友達もそう思う子も多いかもしれません。

実際、不登校前と今では
比べものにならないくらい

精神世界が拡がりをみせていて、

そのギャップにママですら驚く時があるので

子供同士なら なおさらなのだと思うのです。


凸と凹の差も

さらに大きくなってきてて



あっさり出かけていった
ぽんたのことを思いながら

すごいなー

とは別に、、

少しブルーになるママなのでした。



今日も読んでいただけて
ありがとうございました。

スポンサーサイト

ぽんたがいつも考えてることの一つに…。

訪問ありがとうございます。

ブログ村に参加しています。
「見に来たよ~」って押してくれると
うれしいです(*'-'*)ノ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


++++++++++++



最近 また時々ですが、悪夢をみることが増えてきたぽんた。

この間も、、
「ママ、こわくてこわくてたまらない」
そう言ってママの布団に潜りこんできまして

朝、目が覚めると、ぽんたに布団をとられて
震えながら横になってまして。笑


で、ちょっと違うタイミングのときに
夢の話になりました。



そういえば、怖い夢って又ママが死んじゃう夢だったの?

「ううん、ママが死んじゃうかもってのは、いつも考えてるから夢では見ないよー」

え!そうなん??

「うん、いつも考えてるもん」


・・・・



いつも考えてるんだ?

「うんっ♪そうだよー。だから夢にはもう見ないよー。笑」

ええー、ぽんたー。
まだママ、あと30年は生きるつもりでおるねんで~。
そんな早くころさんでくれー。笑

「あははははははは。笑」


がーん ← 心の声




そうなのか?
だから、一人になった時のためのシュミレーションをしてるって・・・
そういうことなのか?

・・・・

なんかママ淋しい。。




ごめんな~

こんな急に、いろいろ体の具合が悪くなるなんて
ママも思ってなかったもんな~


でも、ママも長生き?できるように
ひとつひとつ頑張ってるんだぞー

ぽんたも、だから、
ひとりで出来ることを増やしてこーね~





あ、そういえば。


ぽんたが言ってた「こわい夢?」ってのは・・・

なんか”進撃の巨人”的な?
少しアニメちっくな内容だったそうで。笑

てか、キミ、進撃の巨人見たことないじゃん。笑


小学生のわが身を守る術は変化する。

小学校入学後から始まった
お友だちとの関わりのなかで、

蹴られたり叩かれることが増えたぽんたに
言っていたことがありました。

ところが、それは
--絶対正解じゃない--

そう・・最近とくに思うようになったんです。

+++++++++++++++++++++++++++++

「見たよ~、見た見た」って
ぽちっとしてみてね(*^ω^*)

色んなブログに出会えるかもですよ♪

PCからの方はこちら↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

携帯・スマホからの方はこちら↓
にほんブログ村 広汎性発達障害



+++++++++++++++++++++++++++++


あのね、ママ、〇○ちゃんがね
ぽんたのここ(洋服の首元)をぎゅう~って
するねん。

で、ぽんたね、
「んんん~・・・」ってなるねん。


そう話しながら、、

自分の襟元をぐぐっと掴んで
自分と反対方向にひっぱり、

首がしまって声が出ない仕草をしたのですが・・。



それって、一歩間違ったら
失神するか、死んじゃうやん!!

「アカンやん!それはイケナイことだなんだよ」

えっ?そうなん?

「そうなの!子供はとくに力の加減が分からないから危ないの!」


ちょっと、かなりびっくりしました。

そこから話を掘り下げて聞いていくと、、
他に似たようなことをされてる子もいたり、

逆に、相手にしている子もいました。

しかも、日常的に。

「ぶっとばすぞ」なんていう
少年漫画的なレベルの話じゃない、、っていうか。

君たち、女子でしょ!?
・・・みたいな。


でね・・。

幼稚園のときからパニックのあったぽんたです。

パニックのまっさいちゅうに
ぽんたを追いかけてきたお友達を突き飛ばすこともあって、

もちろん
ぽんたに故意や悪意はないのですけどね。

それでも、学年のなかでも
体格のいい彼女が、相手を突き飛ばしたら最後
言い訳の仕様が無いわけで・・

だから、

小学校に上がってからは

「どんな理由があっても、手を出してはダメ。」
「その場での言い訳ができないぽんたが不利になるから。」

あ、もちろん、もっと噛み砕いた内容で、
ぽんたに言い聞かせてきていました。

でも、

1年なんて、保育園に毛が生えたような子たちばっかりで
ぽんたはよく叩かれたり蹴られたり・・

あまりにもヒドイ時には
(ちょうど叩いてる場面が目に入った)

「うちはぽんたに『叩くな』って教えてるの。」
「だからそちらも叩かないでほしい。」

そう相手に伝えたこともありましたが・・・


さすがに、3年生。。

ぜーんぜん親の目の届かないところで、
まさかのそんなこともあるのかと・・・


あ、で、友達に首根っこ掴まれるって
どのくらいの頻度か聞いたところ、、

もうすでに3回はあったらしく、

「どうしたら、やめてくれるんだろう??」
って思ってたようで。
(遅いわ!)


ぽんたに聞いたところ、
「やめて!」って言っても
止めてくれないらしく。。

しかも、かえって面白がられるようで、、
(それって、いじめじゃないの?)

で、今回に限り、お許しを出しまして。

また、首根っこを掴まれたら、
同じことをして、やり返していいことにしました。

で、「やめて」って伝えてみようと。


だって、くやしいじゃん。
ママはくやしいよ。

第一、女の子のくせに、
なんでそうゆーことするかなぁ~

次またやったら、
担任に相談さしてもらいたいくらいなんだけど!怒


首だなんて、
一歩間違ったら、死んじゃうのよ!?


・・・でも、

よくよく聞いたら、本当にクラス全体が
そんな感じらしい。

まじで??

って、思ってしまったママでしたが。。


どうにも、どこかギャグ的な部分も否めなくて、
まだもう少し様子をみようと思っています。


やり返せるかしら・・

がんばれ!ぽんちゃん!




「いじめ」と「いちびり」の境界ほど不明瞭なものはない。

ねぇママ教えて。
どうやったら遊ばないで済むの?

ママが仕事を始めてから、
少しだけ「ママが家にいない時間」が出来たぽんた。

ところが

それから色々なことが
ぽんたの身に起こるようになりまして・・

今、ママはとても悩んでいます。


+++++++++++++++++++++++++++++



「見たよ~、見た見た」って
ぽちっとしてみてね(*^ω^*)

広汎性発達障害カテゴリーにジャンプします。

PCからの方はこちら↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

携帯・スマホからの方はこちら↓
にほんブログ村 広汎性発達障害



+++++++++++++++++++++++++++++

小2の間のほとんどが不登校で
引きこもりだったぽんたです。

小3になってから

まさかの再登校をはじめた時

それから、毎日のように
遊びにくるようになった女の子がいました。
それが彼女です。

ぽんたよりずっと体格も小さくて

今のクラス担任は
彼女の事を「天然」「癒し系」だと
当初そう言っていました。



ところが、

いくつか前の記事で書いた
「ぽんたの胸ぐらを、息が出来ないほど掴んだ」のは彼女でして、

だいぶ前の記事で書いた
「私死ぬから」と言ったり、あらゆる場面ですぐ拗ねて
ぽんたがストレスフルになる相手も、実は同じ彼女でした。


実は、、

私とパパは、彼女がかなり苦手でして。


当初、しょっちゅう家にあがって
遊びに来ていたのですが・・

ぽんたと遊ぶ、というよりも

--ぽんたのパパとママに構ってもらいたくてしょうがない--

その雰囲気を、どうしても感じてしまう
彼女のしぐさや行動にストレスを感じてしまって
少しずつ距離をおくようにしてきました。

パパとはその子のことで話をすることも多く、

ぽんたから聞かされる彼女の言動からは
もしかしたら、ネグレクトに近い虐待のような感触を
感じてきました。

でも、、だからといって

それで我が子同然のように接してしまうことが
果たしていいことなのかどうか

相手の親御さんのことも考えると迷う部分も多く

今までずっと、「様子見」の状態を保ってきたんです。



今日、お友だちと遊び終えたぽんたが家に入ってくると、
ふとした瞬間に泣き出しまして。。。

ママが聞くまで、どうやら我慢していたみたいなのですが・・


いきなりひっぱたかれた。と
相手はその彼女だと。

何が何だか分からないでいたら
「言うこと聞かないとぶっ殺すぞ」
そう言われたという。。

わんわん泣き始めまして。


でも、ぽんたの話じゃ、やっぱり的を得ない部分も多いんですよね。
残念ながら、子供のやりとりは直接見てない限り
不明瞭な部分が多いと思うんです。

ただ、

これだけは言えることがあって。

ぽんたはウソは言わないんです。
自分に不利なことでも喋ってしまうんですよね。


そして、ぽんたからの話を総合してみると

どうにも、彼女自身が抱えるストレスを
ぽんたにぶつけてるように思えてならず・・・


最近では、ぽんたも
「もうしんどい」
となってしまったようなんです。

ここのところ、色んな影響をうけてか
「〇ね、こらぁ~」とか
「ぶっとばされたいんか~」とか

児童デイでも喋ったとか何とかで
スタッフに注意されたことを
ぽんた自身から聞いたとこなのですが。


本当は荒々しい言葉が
自分に向かって言われることに

非常な嫌悪感を持つぽんたなので、

このところのお友だちの変わりように
ついていけなくなってきたようです。


で・・・

「どうやったら、〇○ちゃんと遊ばないで済むかな?」
と聞いてきたので

「ピンポンしてきても出なかったらええねん。」
「それを続けてたら相手も諦めると思うよ。」
そう答えたママ。


ところが、今日は
ママの出かけたタイミングで、

「もう、イヤ!」ってなって家に入ったのに

ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン

・・・嫌がらせかよ(怒)
なほどのチャイムの嵐の後、

「おまえ何で出えへんねん。やられたいんか?」
ってすごまれたようで。


・・・そんな風に言われてまで遊ぶ必要はないのかもって
さすがに思ったママでした。

チャイムもスイッチを切ることにして
(パパが切りました)

あまりにも度が過ぎるように感じるので
担任にも様子を伝えることにしました。

いざとなったら
いくらでも出るとこ出るんで!

↑ 結局ママも腹をたてている。苦笑


子供のけんかには基本出ない方針なのですが、
ちょっと度が過ぎるのは見過ごせません。

アカンことはアカン。


障害特性が自慢の特性に変わる時。

もうじき小4になる我が娘ぽんたは、
良くも悪くもとても繊細です。

コミュニケーションにおける理解力は
健常児のそれよりも低いのだけれど

彼女なりの言語理解=認知は、
彼女のもつマイ解釈として、

知ってる言葉の広がりを見せてるんだろうと
思ってみてるママなのです。


昨晩、ぽんたから
「ママ、ブログ書きたい」

そう言われたのですが、、、

連日続いた3DS三昧から
ママが体調を崩しまして(苦笑)

目の奥の痛み、肩背中腰の痛み、
めまい、吐き気 etc

いやいや、初めてケータイを持った時のことを
懐かしく?思い出しましたよー。

まだツーカーなんてものがあった当時、
友人たちのアドレスを早速入力して
るんるんと管理画面を色々いじりまわしてたりしてました。

が、それも数時間も経つと・・・

『おえ・・』
激しい頭痛と吐き気におそわれ
ぐるぐる目がまわって、ぶっ倒れてしまい(苦笑)


そう。
まさかの3DSで、それと同じ状態になっちゃって。


「ごめん、ぽんた。それ明日でいい?」
そう答えて、

昼間もさんざん横になってたのに、
またもや早々に寝室に引き上げてしまったママ。


あ、、、っと。
本題からまた逸れるとこでした。


実は以前、不登校だった小2の終わりに
試しで彼女にブログを書かせたことがあります。

当時は、まだキーボードの「ひらがな」を追うだけで
すごーく疲れるらしく

『ママ、〇〇って書いて』
・・・と、指示だししながらの2行作文状態だったのですが。


ママをよく見てるんでしょうね。

ぽんたは、文字や絵を書くのがすごく好きな子でして。
その私では思いもつかない文章を生み出すさまを見ていると

どこかでそれを活かしてあげたい

なーんて、基本親バカなんでそう思っちゃったりしています。


そういえば、
先日WISC検査をしに支援センターに行ってるのですが、、

その検査結果を聞きに
後日ママだけがまた出向いた時に

担当の先生にこう言われたんです。

「ぽんたちゃん、イベントの司会とか良いんじゃない?」
あ・・・これは、成人後の話として喋ってた時の話なのですが、、

意外に度胸がある?っていうのかしら・・。

繊細さとは別の部分で、
”まわりの様子を意に介さない”
ある意味”自閉”という障害特性を

彼女なら案外活かせるかもよ

そういった内容での話だったのですが・・・。


ああ!なるほど!

なんか目からウロコの発想だったんですよね。


いわゆる「フツー」だったら、そうはいかないでしょ?な部分で
実は発達ちゃんの認知特性が活かせれる場所はあるんだ、と
はじめて知ったんです。

今はまだまだ「言葉を溜める時期」

そして、ブログだって、お手紙だっていい、、

発信する方法はいくらでもあるんだよね。


言語の理解はあまりしてないって
定型の人たちや検査結果では言われちゃうけど、

おそれず彼女の世界をひろげていってほしい。

喋るか書くか、、とかは今は気にせず、
今出来そうなことを「やってみたい」気持ちは

のびのびと伸ばしてあげたい。


そんな気持ちにさせてもらったのでした。



+++++++++++++++++++

「応援ぽち」ありがたく確認させて頂いています(*^─^*)
本当にありがとうございます。

今日もあなたにとって、笑顔のある一日でありますように。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報