11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

いわゆる「ブレない」は方法論じゃない。

お久しぶりでございます(*'-'*)ノ


ぽんたの不調もさることながら、長い期間使用していたインターネット契約の変更をしたので、アドレス変更のお知らせや、PC等の調整にも追われる毎日で、すっかりこのブログも、ごぶさたになっておりました。

季節はすっかり晩秋に入ってきましたね~。近所の桜の木の葉も、茶赤く色づき、どんどん散りはじめています。




さて。


このブログに訪問される方々は、現在どんな背景を抱えながら生活されてる方なのでしょうか?


発達障害の可能性を見つけてしまって、不安になってる方もおられるかもしれませんね。

いえ、もう既に診断を受けていて、お子さんとの関わりのヒントを探しに来られた方でしょうか?

それとも、支援・サポートを生業としてる方だったりしてるのかしら・・・・??


発達障害児と、関わるということ。


そう言葉で読むと、奇妙なほどに簡潔に感じてしまうのですが、、

実際は、色んな子どもとの関わりが、増えれば増えるほど・・・そのお子さんお子さんによって、本当にかなり多岐にわたる特性を抱えてるのだと実感させられます。


もちろん年齢的な環境によっても違いはあり。。。

保育園・幼稚園・小学校、中学校、、支援学級or支援学校、、等。
そのお子さんと関わる人(この場合は先生としておきます)との相性によっても、やはり大きく集団生活のなかでの安定度を左右することも多いのかもしれません。

お互い、今日はどんな一日になりましたか?




ところで、今回、、

題名に書いた【ブレない】・・・・ですが。


この言葉って、案外、保護者が、職員や先生と話すときに出てくる単語だと思いませんか?


例えばですが、だいたいよく【ブレない】という言葉が使われる事由として、【わが子との関わりに対して持っている姿勢や価値観】のようなものを、指すことが多いように思っていました。

私自身、、、今まで何度か、「お母さんは、けっこうブレないですよね(*'-'*)」みたいな言葉をかけられたことがあります。


っが!!!


・・・自分のなかでは、(ブレまくりだよぉぉ~っε=ε=ε= ┌( ;´゚ェ゚)┘) ・・・・な、ことも多く。

パッと見では、その時その時で、、七変化する娘の様子に、内心、心は揺れ、感情は逆撫でされる、そんなに強くない母親だったりするわけです。

突拍子もなくパニックを起こす娘の様子に、理性と驚愕が入り混じったまま、”さらにパニックを煽らない”ことを念頭に動いてるのですが、、、、

(本当に、この対応で合ってるのだろうか?・・・私、間違ってないかしら?)

そう、少しの不安を胸のうちに隠しながら、対応をしてるわけです。



家庭内での療育や関わりでも、【ブレ】ということで考えると、【ブレない】という・・その本体はどこにあるか?は、とても大切なことだと思うのです。


たとえば療育的な実質でいえば・・・。

写真カードが絵でも大丈夫になったり、必要だった”手順”が簡略化されても”理解”できるようになったり。

かと思えば、新しい課題が出てきたり、、もしくは、その子のなかでのしんどさが、通常通りでの療育では納得できなくなったりするような様子を見せるようになり、、、


そんな様子を見るにつけ、(何があったのだろう?)、(退行してしまってるのかしら?)と不安になる。



じゃあ。。。。



じゃあ、【ブレない】って、何?


そう、、冴えない頭でうつらうつら考えてると。。。

やはり、わが子を大切に思う気持ち、愛おしいと感じる情、(どうしたら理解できる部分が増えるんだろう?)と、あきらめずに考えようとする姿勢じゃないか、、、と。

そう、ふと思いました。



最近、ぽんたの通う小学校でも、支援学級に在籍していないお子さんのなかに、課題を抱える子がちらほら現れているような話を聞くようになり(もちろんアフレコで)、様々なかたちでの支援が実際に行われるようになってきました。

わが子が小1の時の環境を考えると、当時では想像がつかないほど、教師側に、今までと少し違うようなたぐいの、”寄り添う気持ち”が育っていることを感じでいます。本当にありがたいことです。




ぐずるぽんたと一緒に校門を抜け、はるか遠くに支援担を見つけた彼女が、即座にスイッチングをしていた頃の、母娘の苦痛が蘇ることもまだあるのですが・・・。

そして。
校内で無理をし続けているぽんたの姿だけで判断しないで欲しい。

そう、当時の支援学級の、、担任を含めた学校側に、訴えを重ねてきた日々は無駄ではなかったようです。


いや、そう思いたい。




・・・・つまるところ。
ブレる、ブレない、、、というよりも。。。


どこにしんどさを抱えてしまってるか

配慮としての支援を必要としてる子どもの課題を見つけようと努力する姿勢、気持ち。
これに勝る支援はないのかもしれません。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タブー視が本人を苦しめることもある。


ご訪問ありがとうございます。


今回は、発達障害児にとっての、『性』の話をしたいと思います。



実は、この数か月・・・。

娘のほうから「ママに隠してることがあるの」と、何度も打ち明けようとしては止める・・・という、何とも親としては”じれったい”行為を見てきました。


・・・が。
やはり、なかなか言えないようで。

それだけじゃ、、何の話かさっぱり分からないので、「いつでもいいよ」と、そのままにしておりましたが。


最近、ようやく、その話を聞くことができました。


それは。。。

『ある動画を見てる』
『今まで何度も見ていた』
『でも、それをママに知られたら、ママはきっと怒るか、ぽんたを嫌になるんじゃないか』


そう。ここまで書けば、だいたい察しがつくと思います。


ぽんたの言っていた『ある動画』とは。。。。

アダルティな内容のことです。



内心ちょっぴり笑っちゃいたいママでしたが、本人は「大真面目」です。ものすごく後ろめたい行為だと自分を責めつつも、「見てしまう行為」をやめられない。

・・・それこそ、一念発揮の告白だったのでしょう。



発達障害児とはいえ、一人の人間です。
知能の発達とは別に、身体も成長し、様々な場面で『ドキドキ』することもあるでしょう。

我が家の場合は、娘でしたので、”同じおんな”として話すことができましたが・・・

男の子だったら、そこはやはり、父親・・・?いや、これは、かなり難しいかもしれません。

よく、特別支援学校などでは、男性教諭が自分で処理する方法や、場所を選ぶことなどを教えるとも聞きますが、凸凹のある高機能レベルのお子さんともなると、そうもいきません。

学校の保健体育では、第二次性徴期の内容を習うこともできますが、もっと具体的な性衝動の話は、やはり『個人の自由』として《秘め事》な分野としてしまってることが大半です。



ところで、話は変わって。。。

実は、ぽんたが不登校に入ろうとしていた、、まだ小2のはじめの頃。
当時、夢中になっていたブログサイトの動画を通して、エ○い画面にいきついてしまったことがありました。


そりゃあ、「初体験の世界!」笑

夢中になって観てるところをママに発見されてしまい、「まだ少し早いから」と、当時はフィルタリングをかけられてしまったのですが。


当時の本人にしたら、(なんかショック!)な印象があったようなのですが、、、まだ危険認知が低くて、”ちょっと知ってるから”と、近所のおじさんと手をつないで歩いていってしまうような危うさが残っていたので、パパとも話し合って、「もう少し年齢があがるまで」という結末になったんですよね。。。


でも、周りの子たちも、性の目覚めは少しずつ始まってるのも知っていたし、色んな動画をぽんたが見てることも分かっていたので、それは(当然のなりゆきだ)と、今回は感じました。



全然おかしなことじゃないよ~
ママやパパにばれないように、こっそり見てたんでしょ?それで正解です( *´艸`)

もう、そうゆう目覚めがあってもおかしくない年齢だもの。
ぽんたも健康な発達をしてる証拠なのよ。



そう話しかけると、少し驚きつつも、ホッとした表情になりました。


ただね、周りのお友達と、そういった話をする年齢ではないから
まだまだ一人でコッソリ見ようね。

こういった発達には、本当に個人差があるから
とくに、男の子とこうゆう内容の話をするのは、まだまだ先にしようね。




ぽんたは、とても安心したようでした。

「ママも、ぽんたぐらいの年齢のときに、お父さんが見てた漫画で知った」話を聞くと、「へぇ~」みたいな反応をしていましたが。



性の話は、内容によっては、まだ早いものもありますが、頭ごなしにタブー視するのも考え物だとも感じています。


赤ちゃんじゃないのですから。。。



発達障害児で、知能が低ければ低いほど、(まだまだ)と思う親御さんも多いでしょう。

しかし実際には、、思春期以降は、第二次性徴に伴い、理解し難い性衝動が起こっても何ら可笑しいことではなく、それは正常な、、健康な発達を遂げているのに、どこか(無いもの)としてタブー視する大人も少なくありません。


その「タブー視」している価値観が、発達障害児にとっての「守らなければならない」こだわりとなってしまった場合、、その「あるべき価値観としてのタブー」に、苦悩してしまうお子さんもいると聞きます。



確かに、異性の親にとっては、踏み込みにくい領域。


ならば、、、なおさら。


どう接するか、もしくは、我が子が「心許せる第三者」を思春期以降、どう確立していくか。
やはり、そこはしっかり「わが子の課題」という認識でいるのも、悪くないかもしれません。


ぽんたも、これからも、堂々と、、、でもこっそり、そういった類の動画を見るんでしょうね~笑

うん。

健康です( *´艸`)





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

子どもたちの元気さに助けられるママなのでした。

ご訪問ありがとうございます。


今年は暖冬という話を、今日さっちゃんから聞いて初めて知ったのですが。。。
『暖冬も何も・・・冬は寒いんじゃーっ(笑)』

こたつに潜ったまま、そう受話器に向かって雄叫びをあげるママ。笑
彼女と二人で笑っておりました。

11月も中旬を抜けて、街はクリスマス一色。
年末に向かって、一段とアクセルを踏んだような様相になってきましたね。


みなさま、いかがお過ごしですか?



さて、、、ところで。

毎日毎日、毎晩毎晩、不安神経症な様子のぽんたちゃん。


呪文のように「ママ、しんじゃうの?」「ママがしんだら、ぽんた一人になっちゃう」「お願いだからママ、しなないで」・・・。



ぉぃぉぃ ( ;-_-)

頼むからママをころさんといてくれ。その気になりそうやないか(´;ω;`)



二人きりの時間が長い故なのか、彼女にとっての思考のキーワードには『ママ』というものが、果てしなく”大きな存在”として、位置してるのかもしれません。

でも、それは、今に始まった話ではなく、、、、

まだ僅か3~4歳の頃から、”全てを知ろうとしてくれる大切な存在”という認識が、どこか・・・この子の中にあるのだろうという感覚が、ママの中にもありました。



親と子供の関係性というものは、いわゆる人間関係のなかでも、他人と築き上げる関係性とは少し異質な特異性というものがあるかもしれません。

”血のつながり”といった言葉では簡単に片づけられない、他人にはなかなか越えられないハードルを、この世に生を受けてから築くのか、、、果たして、そういった言葉(表現)で合っているのか、私にも断言できないのですが。


なんにしろ、ぽんたとママの関係で、あえて言うのなら、、、そうなのです。

私(ママ)という存在は、重要なワードとして、ぽんたの中で存在している。


それは、ぽんたが記憶の解離を起こしてしまってるときにも顕著に現れました。

そのことが、はっきりママにも分かったとき、、、(これは、一人で抱えちゃいけない)そう・・・確信したのです。



そうして動きはじめて、早や1か月半。

その間も絶え間なく、「ママしなないで」を繰り返すぽんたちゃんでしたが、とにかく登校できたことが、今回は功を奏したんです。


ねえねえ、ママ、あの子の髪の毛いじって遊びたいねんな~
ぽんた~今度誘っておいでよ~

ねえねえ、ママ、とび森、ほかの子と通信したいわ~
ぽんた、遊べそうな子教えてよ~一緒にしよーよー



二人っきりでこもる時間を減らしたい。
ママも一緒になって遊びたい。

そんな思いが自然と湧いてきて、ぽんたもすっかりその気になって、お友達を誘って帰ってきました。


色んな事情を抱える女子が増えてきてることは知っていたので、みんな快く遊びに来ます。


なあ、こんな感じでくくってみてもええ?


いつもは、バリバリ『っざけんなよ』みたいな言葉を発する子ですら、ぽんちゃんママに髪の毛を触らせながら、チョコンと座る姿は本当にかわいらしい。

ちょっとオシャレな髪形に変身した女子たちは、その後、ぽんたの部屋でキャッキャと遊んでましたが、ママが洗濯物を取り込んでると、『うち、たためるよ~。手伝うよ!』と、ママの断る言葉に耳も貸さずに、タオルをたたみ始めました。

『ねえ、ぽんたちゃんちは、どのたたみ方なの?』


働く親に代わって、手伝う子が多いのです。

『みんな、ようやってるねんな~』『ぽんたも練習してこーな~』


がちゃがちゃしながらの、夕方のひと時を終えましたが、なぜか癒されたママでした。



そう。

ぽんた>ママ、ぽんた<ママ、、の関係性から、少し視点を外す時間は、とても大切なのです。




色んな家庭環境を抱えて、それでも受け入れるしか方法を知らずに生活を送ってる子は、たくさんいるのだということを、、、

そして、お互いに、相手を思いやれることができるってことを、そろそろ学べる年齢に入ってきてるので、これからも、どんどん遊びに来てほしいし、ママもウエルカムでいきたいなって思えるところまで元気になってきました。

子どもの相手って、時には苦悩のもとにもなるけど、その「生きる力」に助けられることもすごく多い。

〈持ちつ持たれつ〉と言えばいいのかしら。。。。



毎日が、そうそう簡単には、うまくいくわけじゃないのですが、それでも楽しいことも本当に多い。

ぽんたが、どう気づいていくかは未知の部分でもあるわけなのですが、こんなママの姿でも見て、気づけたら嬉しいなって、、そう思っています(*'-'*)ノ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

解離は・・どうやら精神科領域のようだ。


今回も、ご訪問ありがとうございます。


じき年末ですね(*^─^*)
12月を目前にして、少しずつ『やらねば』な案が思考を埋めています。

ああ~~、、大掃除?年賀状?
いや、その前に、、仮説サンタさんからのクリスマスプレゼントの用意?

冬支度も、ようやく少しずつ進み始めておりますが、みなさま、いかがお過ごしですか(*'-'*)ノ




さて。

ぽんた個人の特定を避けるために、彼女にかかわることは、なるべく時系列をずらして記事にしております。


ママ自身のなかでは、「あーでもない」「こーでもない」と思考を止めることは出来ないのに、こうして、ようやく記事として書こうとの思考を巡らせ始めると、実はすでに、過去記事に書きあげているものかどうかの判断ができません。

なぜなら。
いつも”勢い”で書かないと、思考が止まるから。


もし、過去にも同じような内容を書いていたとしても、どうかご了承くださいませ。



今回は、解離に関して少し考察を広げてみたいと思います。


あ、そうそう。

以前・・・この記事で、少し『解離性障害』について触れているように、解離という言葉は、実は、狭義でも広義でも捉えることが出来る言葉です。

記憶を含む思いや気持ちに関わることから、五感に至る感覚や、実際の行動・運動機能まで、その・・・ある特殊な状態を示す言葉として、【解離】が使われてるようです。



と、、、ぽんたに関して、、、でいえば。


やはり、彼女にとって、何より強烈な印象として記憶に刻まれてしまった、解離の一因に、支援担からの不適切な対応がありました。

幸か不幸か、彼女は、当時のその一切を覚えていません。
いや、それどころか、別の登場人物を使って、別の記憶を作り出していました。


(それなら、それで、、ええやん)


その、、作り出した記憶というものが、彼女にとって暖かい優しいものなら、何も言うことはありません。



が。

やはり、その時期のものは、苦痛に満ちたものとして感情の記憶は残り、(ただただツラかった)記憶としての創作をしていることが分かったんです。


そして、そこに、自分の母親を登場させた。苦しかった記憶として。




もともと、発達障害を持つ方は、記憶を刻み込む方法として、『引出し』のような入れ物に入れてる方も少なからず・・・という話を聞いたことがあります。

幼児期から、ぽんたを見ていて、その記憶の方法は、(まるでキャプチャーごとに記録されてるようだ)と感じたことが、何度も何度もありました。




いつか、あの完全不登校前後のことを、フラッシュバックさせて、ぽんたを苦しめることになるかもしれない。


そんな不安は、いつも頭の片隅にあったのですが、、、まさか、記憶ごと、ごっそり創作するとは考えてもいなかったのです。




さあ、どうする?どうしたらいい?



分かったことは、解離性障害ということになると、、、【精神科領域でないと診断できない】らしく、児童精神科の受診が必要ということ。

そして、絡まった記憶の解離を、少しずつ、、慎重にほどきながら、自己肯定感をはぐくむ作業をしたほうがいいということ。



彼女にとって、過去の出来事が、非常に大きなトラウマになってることは間違いなく、母親ひとりで抱え込んでしまうよりも、ぽんたにとっての拠りどころとしてのチャンネルを増やすことが、何より、ぽんた自身にとってのプラスになるだろうとのことでした。




詳細は割愛しなければなりませんが。

今、、少しずつ・・・動いています。


ぽんた自身が・・・これからの人生を歩むためにも。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村



プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報