10
1
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさな「SOS」を見逃がすな。

文中『僕だけがいない街』のネタばれが含まれます。
これから読もうと思ってる方は、出来たらご遠慮ください。




















「私だけがいない街」  文:雛月 加代


いまよりもっと大きくなって、一人でどこにでも行けるようになったら
遠い国へ行ってみたい。遠い島に行ってみたい。誰もいない島に行ってみたい。
つらいことも、悲しいこともない島に行ってみたい。

島には、大人も子供も、クラスメートも、先生も、お母さんもいない。

その島で私は、登りたいときに木に登り、泳ぎたいときに海で泳ぎ、眠りたいときに眠る。
その島で私は、私だけがいなくなった街のことを考える。

子どもはいつものように学校に行く。
大人はいつものように会社に行く。
お母さんはいつものようにご飯を食べる。

私は私だけがいない街のことを考えると、気が軽くなる。

遠く遠くへ行きたい。







これは、三部けい氏の漫画『僕だけがいない街』の作品中に描かれている、ひとりの少女が小4の時に書いた文集のための作文です。

もうガチでネタバレなのですが、この作文を読んだ”中身は29歳の主人公”が、(これはSOSだ)と気づくのでした。




小さな少女のSOSだと、読んで分かるひとにはすぐに分かる、、、けれでも、(まさか、そんな)ありえないと思い込んでる人が読んだら、ただの絵空事にしか感じないのかもしれません。

たしかに子どもって、パワー全開状態になると、泣いたり愚図ったり暴れたり、抱っこしようとしても、全力でのけぞり、するりと両手から滑り落ちてさらには寝っころがっての大騒ぎをやらかしたりもするものです。

エネルギーのかたまりなのだから、当たり前といえば当たり前。苦笑
それが「子ども」というものなのだから。



でも、本来、一人では生きていけないのも、「子ども」です。


ご飯を食べるために、心身の清潔を保つために、健やかな成長のために。
そのために存在してるのが、「昔、自分も子どもだった」大人であり、親であり、先生なのでしょう。

守られるべきであり、慈しみ、豊かな慕情のもと、すくすく成長することを、母親の胎内から生まれ出た瞬間から望まれるべきなのだと、私は思うのです。






『僕だけがいない街』(通称:僕街)は、ぽんたと一緒に第1話から観始めたアニメでした。

雛月加代ちゃんのこの作文は、少し後になってから出てくるのですが、観た瞬間にすぐ≪母親からの虐待≫を連想しました。
そして、それは、想像通りでした。






話は変わりますが。

スーパーやショッピングセンターなどで、よくワンワン泣き叫ぶ子どもとその親御さんに出くわすことがあります。
その様子から、すでにパニック状態になってるものや、体調の変化、(あれ?オムツかな?)という泣き声もあれば、自分の意思を通そうとする自我の現れからくるものかな?と感じることもあります。

そこでのお母さんの対応もまちまち。
ああ、大変だろうなぁ・・・がんばれ!って、心のなかで応援したくなる時も、もちろん多くあります。





でも、何よりほっとするのは、、


ひとしきり泣いたあと、『抱っこぉぉぉ』と両手を伸ばし、「んもぉ!しゃあないなぁ」と言いながら、母親に抱っこされてる姿を見ると、(ああ、よかった)・・・と、心から思うのです。








ところが、心的性的虐待、ネグレクトとも呼ばれる育児放棄、露骨なほどの無関心となると、話は変わってきます。


そして、それが長期間にわたって行われるようになると、子どもやその周辺で様々な症状、様子を見せるようになります。





前出の加代ちゃんのようなSOSを出せるのはまれで、もっともっと小さなSOSしか出せない子どものほうが多いのかもしれません。







そしてそれが、その対象が、発達障害児だとしたら?


例えば、「いやだ!やめて!」と心のなかでは叫んでいるのに、そんな時に限って、それを発することが出来ずに自分でも(そうじゃない!)のに笑顔しか出来ない子も案外多いのではないでしょうか。

ぽんたは、ツラすぎる記憶を解離させることで、自分を守ろうとしましたし、絵や作文でも表現するようになりました。






子どもの心を壊してしまうような何かが起こった時に発するSOS





ほんの小さな ”いつもと何かが違う”。

そこに早く気づくことが、何より大切なのだと思います。


そのための、アンテナを張ることは、やはり大事なことなのだと思います。





私も、健やかな成長を助ける一員でありたいと、心から思います。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

tag : http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4pcgajwgjqmm

教育と支援教育、そして療育とは。


訪問ありがとうございます。
今回は、最近ふと考えたことを書いてみたいと思います。


10月に入りましたね。

就学や編入学を控えているお子さんをお持ちの保護者の方々は、そろそろ本格的に進学の方向性を考えなければならない時期に差しかかってきてるのではないかと思います。

ぽんたも来年度は6年生。
中学校のことも踏まえて、彼女の観察を、そして客観的な視点を忘れずに考えていかなければなりません。




ところで、教育と支援教育・・・と分けて題名にした理由ですが。



基本的に大学で取得する教員免許を取得してる方が、おおかた学校の先生になっていると思うのですが。。。

で、小学校や中学校に配置されている支援学級の担当をされている先生も、現時点ではまだまだこの教員免許を取得している先生がされていると思います。


つまり、公立の小学校中学校の支援学級に配属されるために、特別支援教員免許を取得・・・ってのは、あまり聞かない話なのかな?、、、って考えたのですがどうでしょう。



ってことで、ググってみました。


教育職員免許状 - Wikipedia



うーん、今の世の中って本当に便利になりましたね~。
こんなに難しそうな情報も、ちゃんと検索して出してくれます。



さて、調べてみると、やはり免状はそれぞれに存在しておりました。








実は、このことを考えるきっかけになった”あるお話”がありました。

小学校も高学年になってくると、少しずつ「進学」に向けて、お母さんたちが説明会や相談会に足を運ぶようになります。


私も、ぽんた5年生のこの年から、地域の公立中学校と特別支援学校の見学説明会を準備していました。
残念ながら、今年は両方とも同日開催だったため、学校を欠席していた娘を連れて両方の学校に出かけるのはしんどそうだと判断。今年は、まず公立中学校に出かけてきたのですが・・・・。


後日、特別支援学校の見学説明会に行ってきた友人から色々と話を聞くことができました。


初等部・中等部・高等部が、同じ敷地内にデーンと設置されているこの支援学校の説明会では、毎回中等部への編入を考えているお子さんをお持ちのお母さんが一番多く参加しています。

そして、それぞれが、それぞれの課題を抱えており、そのための選択として支援学校か、地域の学校か、、、で来ておられるのでしょう。



今回行ってきた友人から、ぽんたの上級生で支援学校を選択した子のクラスを見学してきたよ、、とか、中学校はやっぱり違うわ、、などと話を色々聞いていたのですが、そのなかで、こんなことも話にでました。




そうそう。
見学がひととおり終わって、それから質問タイムになるやんか。

そしたら、あるお母さんがこんな質問をしてん。

「公立の中学校でやっぱりアカンかったっての編入ってアリなんですか?」
「それと、支援学校を選択して行きはじめたけど、やっぱり合わんわって言って、公立に戻るのってのもアリなんですか?」


まぁ、ほんまな、そこは皆がやっぱり思うところやん。
私もぽんたちゃんが小学校就学のときも、不登校になったときも、ほんま色々あったから、そこはちゃんと聞かなって思って聞いててん。

ほんならな、先生、こう言うてん。


「先に公立の中学校を選んでの途中編入学は、これまでにもありました。しかし基本的に年度途中は難しいと思います。やはり、可能な限り年度が変わる時期での編入学になると思ってください。」

「次に、支援学校を選んでくださった場合ですが。今まで一人として公立に戻った子どもはおりません。なぜなら、どこにアカン理由があったのか、然るべき支援の見直しと対策を色々錯誤しながら、そのお子さんと向き合い支援していきますので。」



ほんまな、そうキッパリ言い切ってんで。すごいやろ?

ああ、そっか。
支援って、そうなのか、、って、ほんまに思ったわ。







そう。

そうなんや。



教育と支援って、繋がってはいるけれど、一緒じゃないんだ。



うーん・・・うまく説明できないんだけど・・・・。






我が子が「発達障害」だと診断されてからの就学の場合、お母さん、あなたは、どこに就学のポイントを置きますか?


お勉強がついていけるか、、でしょうか?
周りのお友達に迷惑をかけないか、、でしょうか?

いやいや、もっともっと。いろいろあるだろうと思います。



そして、現在。
私もぽんたの中学進学が目の前にあって。進学のポイントというものは、やはり幾つか出てきます。


我が子のほうを向いて、(こうだったらいいな、こういけたらいいな)と思いながら。

学校側を向いて、(教育を専門としている先生に委ねるか、支援を専門としている先生に任せるか)、、、。




そして、その先に支援があるか、療育的配慮が出来るか、、などの取捨が生まれてくるのかもしれません。




なんか答えになってませんね(汗)

でも、立ち止まるより進むほうがいいと思うし、後ろ向きでも前を向いてでも歩みは止まらないほうが、澱みなく、生活は流れるのだと感じている自分がいます。


オブラートに包んでるような書き方になってごめんなさい。




明日も笑顔な一日でありますように。





たまに押して頂けたら嬉しいです。
先週はありがたく結果を受け取りました。ありがとう

↓↓  ↓↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

tag : http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4pcgajwgjqmm

母親は専門家ではないのだけれど。

訪問ありがとうございます。

秋雨の朝です。
年のせいかしら・・・まだ日も上ってないであろう早朝に、目が覚めてしまいました。




さて。

このブログのなかで、計算障害(ディスカリキュア)と、解離性障害、、この二点において、我が子ぽんたはその範疇であろうという確信に近い推測でもって記事を書いてきました。


うーん、、、どの記事を探せば、、、というと。

あ。


PCからアクセスされている方ならば、【睡眠障害と二次障害】、【学習障害】のカテゴリから入っていけば、多分関連記事が出てくると思います。もしかしたら、携帯やスマートフォンでもイケるかな?
FC2の使いずらいところが、そのカテゴリ(Amebaでいうところの”テーマ”なのですが)の記事が一覧で掲示されないところで、本当に読みにくくて申し訳ないのですが、もし追って読んでみたいという方がおられましたら、ぜひ探してみてくださいね(*^─^*)



と、、話がズレましたが。



やっぱりママの観察と推測が正しかった・・・というか。


はい。




ここにきて、ようやく専門医から診断されることになりました。
・・・・ふたつとも。

ママの推測通りでした。






本当に残念です。





もっと。


もっと早く診断されていたら、、、。








パッと見では、さほど困難を抱えているようには見えないぽんたちゃん。

支援級の先生でさえ、お勉強じたいは彼女のレベルに合わせるようにはなってはいても、学校生活のなかでの指導は健常児のそれとはあまり変わらない事実がありました。


もちろん、『キツくあたる』とか『怒鳴り声をあげる』とかは、決してないのですが、、、。



その二次的に生まれてしまった彼女自身の持つ内面を捉えつつ、支援の方向性を一緒に見据えていけたのならば、今よりもっと違った学校生活となっていたかもしれない・・・。



いや、今となっては、それは、”たられば論”に過ぎず。

何しろぽんたの存在を、”課題の抱える支援の必要な児童”と捉えるならば、支援級の先生として、それは十分頑張っていただけたのだから、そこは言ってはいけないのですが。






たとえば、ディスカリキュアの可能性として。


宿題をやっているぽんたの、問題と向かった時の一言や、解いていくときのプロセスを注意深く、一切手を出さずに観察をしていくと、どうしても【計算障害】の可能性を否定できなかったことを。


支援級では、答えを導いてるようで答えを教えている節が否めず、家庭での学習になると、視点の注意と数・量の自動化が脳内で行われていないのは一目瞭然だったのに。。。




これまでにも何度か、そのことを支援級の先生に話してきてはいたのですが、『いや、ぽんたちゃん賢いですよ。よく分かってます。』と言われてしまうことが多くて。



(あ~あ)

バカ正直なママは内心いつもそう思っていました。



(本当に「あ~あ」しかないってーの!)
(どこ見てんのよっ)

・・・暴言炸裂?


(ごめんね、先生)








さて、また話を戻します。

計算に特化してスクリーニングして下さった先生と、家庭でしてきた工夫を話しながら、ぽんたのこれまでの症状と状況を振り返っていくと、色んな脳内処理の特徴と、二次障害的に出来上がってしまっている思考(算数に関わらず)や物事の捉え方は、これからもっともっと、、、たくさんの時間をかけて整理しつつ支援していく必要があることを実感しました。



今、こうやって先生と話してると、合点がいく・・・というか、すごくよく分かるんです。
でもだからって、これをまた別の相手に伝える、、となると、正直難しいなって思います。

まず、私(ママ)は専門家ではありませんし、順を追って、相手に理解できるように伝えることが出来るほどには、まだ理解が至ってないとも思うので。





検査を実施された先生に、そう話すと、、、。




いや、お母さんには難しいと思いますよ。
それじゃなくても、計算障害に関しては、現在まだまだ未知の領域でね。

LDのなかでも読み書き障害と比べると、断然情報量が不足してるんです。




あ、やっぱり?( ;^ω^)




それゆえ、支援級では、「こうするのが今までの経験則から正しい」と、ぽんたちゃんにもやらせてきたんだと思います。
現にその法則にのっとってのスペックで十分伸びてきてるお子さんも多かったと思いますしね。。。

でもぽんたちゃんの持つディスカリキュアの特徴で、同じことをさせるってのは・・・・。



ぽんたちゃん、相当しんどかったと思いますよ。











そう。


ママは専門家ではない。





でも、学校側と話すときには、我が子かわいさを抜きにして、なるべく事実を伝えるようにしてきたつもりなのだ。

まぁノイローゼになってるだの、親はみんな我が子可愛さのあまり過剰な心配をするものだ、とよく言われてきたが。笑




そんなことは一切関係なく。


いや、嘘。

う~そ~。




いまだに残る・・・ぽんた1年から関わってきてる先生たちとのしこりは、本音というか、感情の底辺では、実際無くはないのだから。

お互い大人だから、そのしこりとなって残ってる感情が、ふとした瞬間にちょびっと表情にでちゃっていても、勘弁してね、、、というか、いわゆる「そこはお互いさま」なのだから。



ぽんたにとって、あまりにツラすぎた小学校時代を、彼女はどう捉えながら、これからの人生を歩むのだろう。



やっと色んな材料がそろってきて、支援の方向付けがやっと・・・やっと見出した感触を感じています。
詳細は、彼女の特定を避けるため、まだ書くことはためらわれるのですが。

同じような特性と生きづらさを抱える子どもたちのためにも、必ず綴りたいと思っています。




あ。

今回の診断名は、ある事情からまだ学校側は知らないんです。

だからこの記事を書くことができました。






いつも、「これからがスタートライン」だという感じですが、ぽんたが生まれてこの10年、特性の発見とそれに対応するための支援の模索だったような気がするので、やっぱり都度、スタートラインになるのかもしれません。


ママも老いてられませんね~苦笑







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村



tag : http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4pcgajwgjqmm

こどもたちよ、不登校やいじめなんかで死ぬな。

こどもたちへ


私は君たちと同じように不登校になり、いじめで苦しんだ娘を持つひとりのママです。

そして、私自身も登校拒否を経験し、同級生たちからの数度にわたるリンチで苦しんだあげく、左腕に数針縫うほどの傷を持ちます。



今はちょうど秋の運動会シーズンが終わり、次は、発表会や文化祭、秋の遠足や修学旅行など、クラス全体がまとまろうとしている時期に入ってきている頃だと思います。

この、いわゆる「クラスがまとまろうとしてる時期」に、一学期から「なんとなく」はみ出されてきた子どもに、実はいじめというものが隠れて存在していることを危惧して書こうと思いました。


大人目線ではなく、


子ども目線で。









いじめって、暴力なら分かりやすくSOSを出しやすいってこともあるんだけど、それが相手達にとっては『からかいの範疇』だと、いじめとは気づいてもらえないんだよね。


教科書やノートを隠されることも正直キツイ。
なのに、「え?自分でどっかに置いてきちゃったんじゃないの?」って、誰かの一言でそういうことになっちゃったりもするんだよね。


すごく分かるよ。

おばちゃんも経験してきてるんだから、よく分かるんだよ。



「はい、グループ討論して~」も、正直激痛。
誰も自分に話を振らない。話をしても、嫌味を言われるか、「誰あんた、存在ないよね~」なことをされる。

先生、頼むから、私に話を振らないで。
もうちょっと空気読んでくれない?周りの雰囲気に感づかないの?


ああ、そういえば、教科書の裏表紙に「死ね」って書かれたことがあった。
「ちくり日本一」とか書かれたこともある。


正直笑った。
私の行動を逐一チェックしていて、先生にちくっていた連中が書くんだから、矛盾してるって思った。



子どもなんだもの。どうしていいかなんて分からないに決まってるじゃん。
子どもなんだもの。死ぬほどツラいって、簡単に思っちゃうのだって、実際アリじゃん。


親は「本当の話をしてほしい」というし、先生は「ちゃんと学校で守るから、誰からされているか言ってほしい」っていう。


先生、本当に守る気あるの?
職員室に行ってしまうでしょ?その間、何があるかなんて、全然知らないでしょ?


お父さんもお母さんも、本当の話を聞いてどうするの?

親同士がケンカしたって意味ないんだよ。
陰口はさらにひどくなるし、廊下歩いてるだけで、わざと肩をぶつけてきたりするんだよ。

もっとひどくなったら、トイレに入ってる時に頭から水をかぶったりもするし、「あいつ、本当に性格悪いよね」ってグループ化していってもっともっとエスカレートしていくんだよ。

学校って本当に地獄。
だいいち本当に助けるなんて誰にもできない。




それにいまさら話せって言われても、たくさんのことがありすぎて、話しきれない。

ひとつひとつずつ話してみては、「じゃあ、こうすれば?」って。
それ、何度も必死の思いで頑張ってやってきてるし。でもダメだったし。


本当に、「イヤな奴」で浸透しちゃってると、何をやっても全然ダメで、勘違いが勘違いを生み、さらに最悪な結果を招くハメに陥ることもある。




私ってそこまでダメなやつ?
性格悪いって、あんたに何をしたの?



今の私は一生懸命考えてるよ、優しさって何かって。思いやりってどうすることかって。
たくさんの言葉を探して、どうしたら理解しあえるか一生懸命そればっかり考えてるよ。


でも実際は足が震える。身体が硬直する。
学校という場所のなかでは、頭んなかが真っ白になって、あんなに一生懸命考えたのに、一瞬で動けない自分になってる。




先生は、いじめられたことってある?

追いつめられて死んでしまいたくなるくらい、ツラかったことある?



お母さん、お父さん、私と同じ経験をしたことがある?







子どもたちよ。


私もいじめを経験し、自殺未遂を経験し、自分を悪い奴だと責め、何度も何度も自己否定に陥った経験をしています。


社会にも適応できにくくて、何度も転職を繰り返し、人間関係を築くことに困難さを抱えてきました。



もうすぐ50歳。
それでも、こうして生きています。


生きることって本当は楽しい。

分かり合える友人と、いつか絶対出会える。
これまでのたくさんの経験を持つからこそ、優しくなれるし、ちょっとやそっとの問題で誰かを責めたりなんかしない。


人はみんな、弱くて、みっともなくて、格好悪いところをそっと隠して生きてるんだって知ってるから。




だから、死ぬな。


はっきり、言う。



死ぬな。




いじめも、不登校も、どんだけツラいかって、大人にはなかなか分からない。

理解できない人に理解されようとするのに使うパワーなんか、残ってないよね、実際。



自分と向き合うだけで、死にそうなくらいなんだもの。

悪いけどひとりにして。



それで、いいんだよ。




死ぬくらいなら、必死に逃げろ。

逃げて、逃げて、追い付かないくらいに、逃げまくれ。




その行為だけで、十分、君はSOSを発している。


家にいられなくて、警官や私服警察に補導されたら、はっきり言ったらいい。



「死にたいくらい、いじめがツラい」
「学校にも家にも居場所がない」



いいか?死ぬな。本当に死ぬな。


そして、君は、悪くない。


何かちっぽけな原因が先にあったとしても、君は十分に罰を受けた。もういいんだよ。十分苦しんだじゃないか。






子どもは皆、幸せになるために生まれてきたんだよ。
それは、大人も一緒だよ。



だから、君は幸せになっていいんだ。



幸せになっていいんだよ。


tag : http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4pcgajwgjqmm

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。