07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

眠れない苦痛からの改善に奏したのは。

一日1回有効のボタンらしいです。。
よかったら、どうぞ~♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


+++++++++++++


訪問ありがとうございます。


さて、前記事の続きです。




ゲームとの付き合い?とでも言うのかしら。

発達障害を持つお子さんを育ててらっしゃる
様々なママさんのブログを見に行くことも、
以前と比べると格段に多くなったママ。。

で、そこでやっぱり

発達ちゃんの特性として
過集中しやすい・・・というか、

どこまでも のめりこむので
ゲームとの付き合いに対しての
線引きが難しい、ということで
悩んでらっしゃる方を

幾度となく見かけてきました。




実はぽんたちゃん、一応DSを持ってはいましたが
ほとんど遊ばなかったんです。
いや、遊べない、、と言ったらいいのかしら。


たしか、スティッチか何かのソフトを持っていたのですが
ゲーム展開を理解できないようでして、、

時たま思い出したように電源を入れても
「いいや」って感じで
すぐやめちゃっていたんです。

だから、幼稚園の時も、小学校に上がってからも

「え?ぽんたちゃんゲームやらないの?」
そう言われることも多く

「うちの子、ゲームばっかりで~」
って聞くと、ちょっぴり羨ましくも感じていたんですよね。


だって だって。


リカちゃん人形で遊ぶ時も、
きせかえ人形で遊ぶ時も、

お絵かきも
工作も

てか、ぽんたが家で遊ぶって時は、
「ママがいないとダメ」な状態で。


とはいえ、

会話のキャッチボールとして
遊びが成り立っていたわけではなく。

「ママ、○○って言って」
「ママ、○○してほしいの」

しょっちゅうクレーン状態だったんですよね。


やっぱり、疲れてる時はしんどかったなぁ。。

で、あまりに疲れてしまって
ついウトウトし始めると

「うーええええ~~~んっ、ママ寝ないで~!」
と泣かれてしまうので、

ひたすらコーヒーを胃に流し込んで
頑張った時もありました。



そして、小2の二学期から完全不登校に入った時。

どんどん時間の概念が失われていき
ぽんたの生活は、本能と欲求が
そのほとんどを占めていきまして。

少しずつ

少しずつ、昼夜逆転に向かって
生活リズムがずれていきました。


私たち(パパとママ)も、

これ以上、学校には行かせられない。

今、ぽんたの登校を止めてあげないと
彼女の心が壊れてしまう。。

そう感じたほどだったので、
学校という環境から離れても
彼女の不安定さは、ますます
過酷なくらい増していっていました。


不登校に入らざるを得ない一番の理由に
支援級の先生からの行き過ぎた指導があったのですが

それは、彼女にとっては強要の範疇を超えてまして
とうとう解離を起こすところまできていたんです。


ぽんたは
寝ても覚めても

当時のフラッシュバックに悩まされるようになり

「夢を見るの」
「こわい夢を見るから、眠りたくない」

そう言って、


パパとママの眠ったあとも

身じろぐことなく 天井を見つめ

いつものように
パパとママの間に横たわったまま

眠れない夜を幾夜となく過ごしたのでした。


私は眠ったと思っていた。

ふと目を覚ますと、
胸元で両手を組んだまま

天井を見つめて、
じっとしていたぽんたがいて。

今でもまだ
つぶさに思い出すことができるその姿を。


毎日毎日が、
過剰な反応をしたがる学校との折衝と

不安定さから逃れることが出来ない
ぽんたの苦痛に寄り添って

理性と、爆発させたい感情との闘いだったんですよね。。


だからね。


ふとしたことから、ゲームができるようになって

しかも、
相当知能は低いのかもしれないと思われたぽんたが、

どうぶつの森や妖怪ウォッチ、
YouTubeなど、、、ね。

自分から好奇心を膨らませて
たくさんの漢字を
書けないけど読むことができて、

たとえ眠ることが、そのとき出来なくても
眠れる瞬間まで

笑い転げたり、知的好奇心を満たしながら、

その時間を楽しく過ごすぽんたを見ていて・・・
私は「今は○○の時間でしょ!?」なんて
止めようと思わないの。


ただでさえ、不安に対して過剰に弱い発達ちゃんでしょ。

夜中だろうが構わずゲラゲラ笑い転げてて、

正直うるさいな~って、
「しーっ」ってすることもあるけど

それでも、こんな明るさを取り戻せるなんて
1年前は想像もできなかったから


だから、

ゲームが分かるようになって良かったね(*'-'*)
漢字が読めるようになって、さらに面白いでしょ?って

ぽんたを見ていて・・・

そう、思うのです。



今日も、読んでいただけて
ありがとうございました(*^ω^*)

関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報