09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れられない風景(むーにの思い出話)

訪問ありがとうございます。

ブログ村に登録しています。
「見に来たよ~」って押してくれると
うれしいです(*^ω^*)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


++++++++++++


むかーしむかし

ぽんたが生まれる さらに数十年前のおはなし



引越しをした記憶がないまま

ある山腹にある貸別荘のようなところで
1年数か月 幼少期を過ごしたむーに。


観光ホテルで働く両親が間借りした家は

真っ黒の電話機のようなものがあったけど
数字の書いてある穴がなく(笑)

ずいぶん大人になってから
貸別荘の主との連絡用に設置されてるものと知ったのだが


それ以上に面白かったのは、

屋内に風呂場は確かにあるのだけれど、
越した最初から壊れてしまっていて

両親の務めている観光ホテルの大浴場を
お借りしていていた・・・

と、幼かった当時は知らなかったこと(笑)



母に会いに調理場に行き

ふと窓の外を見ると
木から木へ、リスが飛び移って移動していく。


そのホテルの建つ崖の下には
清流が流れてるのだが

私の一つ下の弟は
その川の向こう岸でツキノワグマと出会ったそうな。


あまりの驚きに固まっていたら

クマさんはのっそのっそと
山の方に戻っていった。

その時には安堵なのか恐怖からの解放なのか
涙がつつーっと流れたことを
ずーっと年月が経ってから聞いたっけ。


そして

ボロだろうが何だろうが、ちょっと変わった間取りの
その家が、私はとても大好きだった。


借りていた家の前には
砂利が敷き詰められ、

秋になると、
そこはどんぐりでいっぱいになった。

赤とんぼで空が埋まるのを
後にも先にも見たのはこの場所。


そして

10月の声が聞こえると
ちらちら雪が降り始め、

分校だった小学校へ行くための
バスに乗るために、玄関を出ると

まっさらな雪景色の中に
キツネの足あとを発見して

弟とふたりで興奮しながら語りあった。

超ビンボーだったので
オモチャとかは無かったけれど

みかんを雪のなかに埋めたり

ヒマになると
ホテルの従業員休憩室に遊びに行ったり

遊ぶ方法には事欠かなかったなぁ。。

短い期間だったけど、
そこで見た景色はたくさん覚えてるよ。



でも

いちばん鮮明に覚えていて
忘れられない光景がある。



お風呂を借りるため、ホテルに行くんだけど

子供の足で5~10分の距離を
往復しなければならない。

冬になると、
帰り道は濡れた髪がキンキンに凍えたりした。


それでも
母と私と弟と妹。

4人で歩く その足取りが重いことは
一度も無かったように覚えてて、

たぶんお風呂に入るなんてことも
週に2~3回も無かったかもしれないけど
それを嫌がった記憶もない。


ただただ 覚えてるのは

満天の星空。

頭上を流れる天の川。


ああ。”あまのがわ”って言葉も
たぶんこの時覚えたんだ。



今でも ときどきあの星空が見たくなる。

ぽんたに見せたら

おちてきそうな たくさんの星に
彼女はどんな反応をするのかしら。。


あれから40年近く年月が経ってしまって
同じ場所で、同じ夜空は見れないかもしれない。

でも、日本中、くまなく探してみたら
まだ残ってるんじゃないのかなぁ。。


それでも やっぱり
そこそこ電気で明るかったりするのかなぁ。


もういちど

もういちど


本当の夜空を、
ぽんたとパパと3人で見たいね。



ふふっ(*^ω^*)

ひとりごとに付き合ってくれて
ありがとうございました(*'-'*)

関連記事
スポンサーサイト

Re: テリさん

こんにちは。返レスありがとう(*'-'*)ノ
テリちゃんの言う通り「自分が楽しい」と感じること、
これに尽きるんだろうな~って思います。

テリちゃんが実践し出した”超スモールステップ”。
すごくいいと思う(〃▽〃)ノ
私も自分の不安神経症が治るためにもそこは真似しようと思います。
思考を繰り返すより、とりあえず行動した方が
少しずつでも健全な状態でいられるような気がするから。

何気に…地元は西側でむーにさんの住んでるとこからそんなに遠くないと思います。
毎年普通に降るけど、家の辺りは山ほどは降らないし、福島の方ほど降らないのかな???
福島がどれぐらい降るか知らないので(^◇^;)
それでも雪かきは必要ですね。

ありがとうございます☆
最近は、楽しむことに罪悪感を感じるより、罪悪感は隅っこに置いていろいろ楽しむことを意識してます(趣味とか、掃除とか、器用に複数のことをこなせないこととかも)。
お金かかるから避けていた編み物してみたり、環境のことを考えてやめていた便利な物をあえて家事に取り入れてみたり…、入浴剤も楽しんでみたり…他。
そしたら気持ちも大分楽になったし、素直に楽しいし、家事もしやすくなった面があります。

いろいろ自分以外の事も考えることは大切だけど、能力的に追いつかないし、ほどほどに無理なく楽しめるのは大切だなと最近思います(;^_^A
理想が高すぎて疲れることが多いのもストレスの原因だったし、もうちょっと意識して楽しんで、調子良くなったら少しずつ出来ることを増やしたり理想に近づけるように持っていく…その方が結果的に前に進める気がします。

Re: ひさぼんさん

こんばんは~。コメントありがとうです。

今思えばステキなところだったなぁ~と
思い出して書いてみました。

でも当時は生活するだけ、って感じだったかも。笑
年齢が低いからそんなものなのかな?
それで、、気がついたら又引っ越していて、
少し淋しかったのを覚えています。

本当にね、満天の星空、見せてあげたいなぁ~

むーにさん、こんばんは!

今日は時間に余裕があるので、ゆっくりむーにさんのブログ見てます!
先程、コメントしたのですが・・・。

むーにさん、素敵なところで育ったんですね!

ぽんちゃんにも綺麗な夜空、見せてあげたいですね!

Re: テリさん

こんばんは(^o^)ノ
コメントありがとうです。
テリちゃん最近ほんとに調子良さそうで私も嬉しい(*'-'*)
お風呂が気持ちいいって、だいじなことですよね~♪

テリちゃんのご実家は雪が降る地域なんですか、
雪かきってけっこう重労働なのよね。。
今年の冬はどうなるのかしら。
毎年気象庁が予測を立ててるけど、あまりあてにならないし
去年みたいに豪雪にならないといいですね。

てか、童話か児童文学とは…お恥ずかしい(〃▽〃)
そんな文才ないですよ~。苦笑

Re: 珠ちゃん

こんばんは(^o^)ノ
渋谷に住んでたっていいじゃん~。
自分にとっての温かい思い出があることが一番よねw
コメントありがとうw

Re: ウサママさん

あはっw 
ドキドキしちゃうほどの初コメありがとうね♪

ウサママさん実はサバイバル派な部分があったとは。笑
ちょっとビックリしたけど、ステキですね~。

そうなんや、まだ日本海側あたりなら
いい感じの星空に出会えそうなんですね(^o^)ノ
覚えておかなくちゃ。笑

Re: mamaowlさん

こんばんは。コメントありがとうねw
そうそう、確かに私たちが小さい頃は
空き地も雑木林も至る所にあったもんね。
そう考えると、今の子供たちは整地された場所に
住んでる子が実は多いのかもしれないね~。

何か、童話か児童文学を読んだかのように感動しました〜(((o(*゚▽゚*)o)))
お金は最低限はいるかもしれないけど、お金やオモチャに変えられない素敵な家族の時間に思い出だと思います。

私の実家は、古くて、トイレもお風呂も今でも外にあります。
さすがに1分もかからないけど、冬は雪が積もるし寒いです。
その地域でいつもより多く雪が降る時には、雪がお風呂とトイレの前を塞ぐのでお風呂に入るために父が雪かきします。
冬は、寒さ的には外の寒さで隙間風が凄いので、浴槽のお湯の中以外は寒いです(≧∇≦)笑

最近、真夜中ですけど、連日お風呂に(浴槽にお湯を溜めて)入れていてさっきお風呂に入ってました。
調子が良くてお風呂が気持ちよすぎるので、もしかして温泉とかもいつか好きになるのかな…ってちょうどお風呂の中で考えてたところです。

お風呂(温泉?)にまつわる素敵な話がちょうど聞けて嬉しかったです☆

そういう暮らしって心が豊かなんだよね。
私は、3歳まで住んでた渋谷のアパートが一番楽しかった気がする。
麻雀する音と酔っ払ってるオッサンの声が居心地よくてさ(笑)

今は、山か海の近くで静かに暮らしたいって思ってるよ!

こちらで初コメ(^^;;ドキドキよ。

むーにーさん、すっごくいい話しだわ。私も実家は自然いっぱいな所だったから、自然とサバイバル派な女になりましたよ!
数年前日本海側の海岸のキャンプ場で天の川を見て感動した記憶があります(^^)
ぽんたちゃんにも見せてあげられたらいいですね!

素敵な思い出だね♪

星が降ってきそうな夜空は大人になってからは見られなくなったなぁ・・・。
チビ姫もぽんたちゃんもどんな反応するのかな?
赤とんぼの群れなんて、チビ姫は大喜びしそうだなぁ。

私が幼稚園の頃に住んでたところも
100m登れば小川の源泉が見られるようなところだったから、
むーにさんの思い出話をなんとなく懐かしい気持ちで読みました♪
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。