07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

解離とスイッチングは時にセットで現れる。

訪問ありがとうございます。

ブログ村に参加しています。
「見に来たよ~」って、ぽちっとしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

<おしらせ>

今回の記事は、

ぽんたが不登校へと突入していく間際で
幾度となく見られた様子が詳細に書かれていきます。

もし、現在もPTSDやトラウマの治療中であったり、
この記事の題名と似たような症状と
いまだ向き合ってる方には
かえって苦痛を煽ってしまう内容かもしれませんので、、

先を読み進めることは、自己責任でお願いいたします。




++++++++++++++




これは、ぽんたが不登校になる前のお話です。


広汎性発達障害と診断され、
当時行われた発達検査からも
遅れが出ていたぽんた。


でも、支援級での対応は
今思えば健常児と何ら変わりなく。。

教師とたった二人きりの部屋(支援教室)で、
40分授業の約半分を使って
延々お説教されるという事態が何度かありました。

ある先生は
「こんなことを説明しました。」
と、いつも渡される連絡ファイルの
1ページ全部を使って、

ぽんたに説明した内容の
全容が書かれており

しかも、その理由は
「ぽんたが”やりたくない”と言ったから」
だと書いてありました。

当時、いくら少し話せることができるからって
ここまで我が子が理解できるとは到底思えない
その説教した内容に、
私自身が絶句したことを覚えています。

そして、そこまで詳細に書きたい衝動を
その先生に起こさせるほどの何かを
本当に娘がしたのだろうか、

第一・・・相手はまだ小学校に入ったばかりの1年生なのに
しかも、知的にも理解できるとは思えなかったのに

いったい、この人(先生)は
ぽんたに対して どんな感情を抱いているのだろうと。。。

今、思い出しても
ざわざわと、胸の奥がきしむような気持ちがします。



そんなことが

ひとつ、ふたつ・・・と続くうちに
ぽんたに変化が訪れた。

ぽんたの中に、彼女とは別の人格がいるという。

最初は何が何だか分からなかった。
でも、似たようなことを、また別の場面で
何度も、何度も、聞くことになる。


「解離性障害」という言葉を知ったのは、
ぽんたが完全不登校に入ってから。

ぽんたの様子から不安になって
知り合いの心理の先生に相談したところ
「解離のある子はね・・・・」って聞いたの。


もちろん、最初からそうと知っていても
多分ママの反応は変わらなかったと思う。

とにかく
ぽんたの話すことを肯定してあげることしか出来なくて。


それから数か月後、

その人数はどんどん どんどん増えていって・・・

気づいた時には、彼女の中で
別の人格たちと家族として形成されてしまっていた。


これって、、、
もしかして彼女の記憶が解離してて

本当は自身の記憶なのに、
自分の経験として認識されなくなっちゃってるの?


ネットで調べてみると、こう書いてあったのね。


[ 解離性障害 ]

おもな症状

ショックな出来事や強烈な心理的葛藤に圧倒されて、
それを認めることが困難な場合に、自己統一性が失われ、
知覚や記憶が不明瞭になり、自分が誰か分からなくなったり、
複数の自己を持ってしまう。

原因

子供の頃のトラウマ(心的外傷)や強いストレスやショックが
原因のひとつと考えられている。



この「なきむしで~」を
長く読んでこられた方なら知ってるであろう

ぽんたはすごく繊細で
いろんなことにも敏感に感じるところがあり。。。

小学校という教育機関に通うまさにその出発点で
ぽんたは出ばなをくじかれてしまったのかもしれなくて。



そして、解離と一緒に現れたのが

「スイッチング」でした。


「学校に行きたくない」
そう泣きながら訴えるぽんたに
「1時間だけ。ママと一緒に行こうよ」
手を繋いで校門を抜けると

職員室に連絡が入るのか、
支援担が迎えにやってくる。

その姿が見えた瞬間

ぽんたの表情が一瞬で大人のようになり、
身体に緊張がはいるのか、一気にシャンっとする。

泣き崩れんばかりの調子で喋っていたのが
大人のような言葉遣いに変わる。

まるで、瞬間変化をみているような気分で、

そして

本当に

「スイッチ」が入ったように別人になってしまう。



怖かった。

ぜったい ただごとじゃないと思った。

まだまだ幼い子供が
ふざけて出来るような様子じゃなかった。



以前ね
発達外来の先生に相談したことがあるんだけどね。。。


発達障害のある子のなかには、
空想のなかで遊ぶ子もいるって

だからぽんたちゃんもそうなのかなって言うの。

ただ・・・

その空想のなかのはずの人が
ぽんたに対して悪いことを言うようになったら

あ、例えば犯罪を促すとか、自死を、、とかね

治療が必要になるから注意してねって。



でもね、それはやっぱり
(少しちがうよ、先生)って。

ぽんたが話す言葉のつながりから

どう考えても
「記憶が解離してる」ってほうが正しかった。

ぽんたの言うお父さんは、
ママが話して聞かせたことのある弟のことだったし
お姉さんは、イトコのことだった。。



+++++++++++

ここまで読んで頂きまして
ありがとうございました。

現在も気まぐれ五月雨登校中の彼女。
今も残る当時の先生を恐怖に感じながら
それでも友達と遊びたくて登校しています。

ママも頑張りますが、
何よりも、
それでも頑張るぽんたに応援お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Re: akkoさん

こんばんは(^o^)ノ なんかお久しぶり?なコメント嬉しかったわ~♪

そうね~、くぅちゃんのワールドも、ぽんたがよく言う「自分の世界」と
かなり近いものを感じてるから…やはり受動的な要素が強いのかもってのは
印象として感じてはいたの。
解離のことはね、、、実は児童精神科に行こうとしたんだけど、そこに連れて行くだけで
ぽんたの不安を煽ってるような感じになったから、結局、直接ぽんたを医者には
診せなくて、家庭でひたすら安定するのを待ったの。

これまで色々聞いたり読んだりしたんだけど、解離の定義を子供に当てはめるって
実際のところ発達を診る医者ではなかなかしたがらないみたいなの。
精神病認定?みたいな病名になるからかな?
逆に壮絶な虐待経験があるって分かってる幼児のPTSDとかに関しての解離は、
ちゃんと判定?診断するみたい。

ぽんたの発達の先生は、発達障害のお子さんは空想の世界で遊ぶことが意外と多いって
はっきり言ってたけど…なかには置かれた環境の中で受けた苦痛から解離に近い状況に
なる子もいるっていうようなニュアンスのことも言ってはいたの。
時々別人が出る恐怖、分かるよ~、、うちもあるから。
健康な心の成人になれるんだろうかって、時々不安にもなるもの…。

あ、スイッチングはね…ぽんたの場合、本当に「人格豹変」だったから、、
くぅちゃんのはまた少し違うかもしれないよ?
スィッチングは今は無いけど、
ぽんたは今でも先生たちの前では能面のような表情でいるよ(笑)

akkoさんも日々ご苦労様です。
気になることはちゃんと先生に伝えてて…頑張ってるなぁっていつも思ってます♪
くぅちゃんの凸凹ぶりは、所々ぽんたとかぶるところがあるから
色々参考にさせてもらってるんだ~( *'ω')ノ
お互いまだまだ頑張ろうね♪

解離。。。
くぅの頭の中の住人は動物さんが多くて、心配だけど笑える部分もある。
でも、
くぅが《もう一人のくぅ》の存在を話した時、
そして、自分の辛い出来事を他人事の様に笑って話した時には。。。
心底。。。ゾッとしました。


ぽんたちゃんも、辛い経験してきたよね。。。
記事、読んで改めて
スイッチングと言う言葉を知りました。
くぅの学校モードも、担任を前にした時も
サッと表情がかわるの。
それってスイッチングなのかな?

ぽんたちゃんは、家族の理解があるからぽんたちゃんのペースで頑張ってるね!

Re: テリさん

こんばんは。
なぜか目が覚めてしまったので、深夜の返信です。
テリちゃんの言う離人感と合ってるか分からないんだけど
私も20代前半くらいから、似たような感覚を時々体験
しています。一人で何かをしている時に特にそうなりやすい
みたいで、そんな時は特に事故などに気を付けるように
しています。
娘のこととかも心配し過ぎたら私のほうが発狂しそうな
感覚に陥りそうで。なので今出来ることをやっていこう、
と考えることにしました。

自分だってしんどくなったりするのに、
いつもぽんたの心配してくれて、本当にありがとう。

私は、人格が別にできるとかはないけど、離人感が酷かった時もあるし、精神的に状態に悪くなると今も離人感とかはあります。
今はそうならないよう原因になることは避けたり思い出さないようにしたり楽しく生活するようにしてます。
けれどきっかけがあると、昔の自分に戻ったみたいになります。
驚くほど自分にとってよくない過去は自分の奥深くにしまって蓋してるのだけど、その事も気づかないほど普段は見事に忘れていて、きっかけがあると過去がよみがえるみたいです。

ぽんたちゃんの場合は、自分で自覚して過去に対処して落ち着いてるのじゃないだろうから、きっかけがあれば再発しやすいのかもですね。
私も…乗り越えてるっていうよりは、蓋して忘れてるだけだし。

ぽんたちゃん、まだ小学生…。
むーにさんや友達と一緒に成長して、いつか心の傷も乗り越えていって欲しいです。
私も主人と一緒に成長していきます(=゚ω゚)ノ

応援してます。

Re: コメントありがとう

そうですね。おっしゃる通りです。
お恥ずかしい話なのですが、
当時はただただ必死で気がついてなかったんです。
本当に知らずとはいえ、済まないことをしてしまいました。

先生とはいえ人間ですものね。
相性はあって自然なことだと思いますし、親との確執から
それがふとした瞬間に子供に向かって爆発することも
大人であろうがおかしいことではないでしょう。
さすがに私も、面と向かって「私の子のこと好きじゃないでしょ?」
とは聞いたことはありませんが。笑

とにかく再登校し始めてから、そこにやっと気づくことができたので
ママの学校との関わり方や、ぽんたの登校のことなど
クラス担や支援担とも焦らず調整するようになったんですよ。

ぽんたにも何度か打ち明けて謝ったこともあります。
その時のことは記事にも書こうと思ってますので
良かったらお付き合い頂ければ、と思います。

率直なコメントでさらに気づきを得ました。
ありがとうございました。

Re: テリさん

こんにちは(^o^)ノ コメントありがとうです。

確かに毎日毎日を過ごしていると忘れがちになる時もあります。
でも、それはママ本人のことじゃないから。
悲しいけれどそれは事実で…、だからこそ
本当にぽんた自身が乗り越える時がくるまで、
私は思い出したいんだと思うんです。

幼児の時の解離経験は、成人した時に再発しやすいことも
聞いていますので、(どうしていくのがイイんだろう)
ともよく考えます。
まだまだこれから、ですね。

先生はひどいとおもいますが…、よっぽどかわいくないこなんだな、とおもいます…。それは親であるあなたのせいでもあるとおもいますが…。
先生も人間なのでほんとにかわいくないこはかわいがれないのだろうとおもいます。

こんばんは。

ブログって、しばらくそのことを書いてなくて違う様子の内容が続いていると、読んでる側は(私の場合)もう問題なくなってるのかな??…って忘れ気味になります。
改めてその話を読むと、そんな簡単に傷は癒えないですよね。
当時の、ぽんたちゃんの様子やむーにさんの気持ちを想像すると穏やかでない気分になります。
(あっ、平気なので心配しないで下さいね(・ω・)ノ)

私の知ってる発達障害があって解離した人は、多分その発達外来の先生がおっしゃったタイプの解離です。
もともと長い間想像で自分で何人も頭の中に人をつくっていたらしいです。
それが途中からきっかけもあって人格化したとかで……。

もう1人知ってる人がトラウマから解離した人です。

もし空想で自分でつくってたならぽんたちゃん自身がそうとれる表現で話すように思います。

ぽんたちゃん頑張ってますね〜。
私、おこずかいの話が気に入りました( ̄^ ̄)ゞ
私はお金の感覚がよくないし管理が苦手だから、私も子供の頃にお金の感覚を養う教育?を受けたかったです(^◇^;)

Re: owlさん

こんばんは。コメントありがと~(*'-'*)ノ
owlちゃんにHN変えたのね、了解でーす。
うん、色々あったねぇ。
あり過ぎて、これ以上詳しくは書けないけど
本当に1年生の時が一番辛かったなぁ。

owlちゃんも大変なところを通ってきてるんだね。
解離になる原因が分かってても、
解離じたいは本人に自覚がないことが多いから、
かえってツラいことも多いのよね…。

うん、今はようやく安定してきててホッとしてる。
課題は山積みだけど、ぽんたに笑顔が戻ったし、
キャーキャー言いながら走り回ってる声が聞こえると
やっぱり嬉しいよ。
チビ姫ちゃんもそうだけど、本当に自分らしさを
大事にしてほしいなって思うわ~。

支援担任こそ発達障害に対して勉強してて欲しい!
1年生でとんでもない支援担任に振り回されたんだね・・・。
ぽんたちゃん、辛かったね・・・むーにママも辛かったね・・・。

カミングアウトしちゃうとね、私自身が解離で苦しんでた経験があるの。
もうそれが人格化しちゃって・・・。
だから、ぽんたちゃんのことも人事とは思えないんだ。

ぽんたちゃんらしく、チビ姫らしく、少しずつ成長してくれたら
もうそれだけでOK!
勉強なんか出来なかろうが、学校なんか行けなかろうが、
彼女たちにとって自然に楽に生きられることが一番だよね。
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報