07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

発達障害児の「伸びしろ」は予測不可能。

訪問ありがとうございます。

明日、実はママにとって
ドッキドキのイベントが待ち構えてるのですが、
そこは、とりあえず横において

あいかわらず今夜も思うまま、、
自分のことばで書いていきたいと思います。

どうぞ、お付き合いくださいね(^o^)ノ


ブログ村に参加しています。
ぽちっとすると、同じカテゴリの様々な記事に出会えますよ♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

++++++++++++++


さてさて。。
少し話が過去に戻って、ぽんたの入学前のこと。



ぽんたの住んでる当市では、

1才半健診や、3才健診など、、
市で実施される健診などで、「経過をみましょう」となったお子さんは、
定期的に発達のチェックを受け、生活相談などもする仕組みになっています。

そして、それは小学校への就学とともに終了し、
市のこども課、もしくはそれぞれの就学先に引き継がれるのですが・・


その引き継ぎの前に、
市で行う、最後の発達検査をぽんたも受けることになりました。


私もそんなに詳しいほうじゃないのですが、、


お子さんを対象とする発達検査。

東日本は、田中ビネーが多く、
西日本は新版K式2000が多いと聞いています。

で、ここは、関西なので
新版K式2000で、
幼児期、ぽんたも何度も検査を受けました。


で、まあ、検査の詳しい方法は、ここでは割愛w

ぽんたは、当時6才になったばかりだったのですが、
おおよそ2才の遅れ・・

つまり軽度の遅れ(軽度知的障害ともいう)があると
結果として出ました。


当時、そう聞いて、、
ママはものすごくショック、、というより
納得の結果だと思いました。

それだけ、
幼稚園での様子や、療育施設での様子、
家庭での様子は・・

けっこう大変だったんです。


「やっぱ、そうやんな」
そんな感じでした。



そして、

みるみる日にちは経ち、
小学校入学。


ぽんたの分かりづらさを知ってほしいと、
検査の結果を踏まえた、心理士からの申し送りも添えて
支援学級の先生に渡しました。


過去記事で、さんざん書いているので・・・
そこから先のお話も、ここでは割愛。
ごめんなさい。。



でね、正直、ママは
知的な部分の遅れに対して

ほかの誰かと比べたりとか、、
勉強が出来なくて、、とかは思ったことがなかったの。


そんなことよりも、

ぽんたの持つ、ほがらかな性格を失わないでほしい。

困ったことがあったら、「分かんない」って素直に聞ける・・
そういうスキルをきちんと積めることのほうを

重要に思っていたのね。



ところが、小学校では
ぽんたの素直さが生かされることは少なかった。


もう、今となっては
しょうがないのかもしれないけどね、、


たとえ、

入学前の発達検査で、
軽度の遅れと診断されても、

・・・・

なんでかなぁ~??


支援の先生、自分の見た目だけを信じたの?
検査の結果なんて、まったく無視な対応だったよなぁ~。。。

・・・・ つい本音が出てしまった


ママも混乱に陥った、ぽんたの低学年期だったけど、

それ以上に、
ぽんたの受けた傷は大きかったから、

やっぱり不登校中、
いったんは落ちた感じに見えた。

赤ちゃん返りしてるかのような仕草も、
そういえば、何度となく見られたっけ。。



でもね、

自分の意思で再登校してからのぽんたは、
---とても力強い---

あ、今でも五月雨登校中だけどね。笑

まぁそれも、彼女自身の意思でだから。


そして、なにより

自分の知的好奇心を満たそうという行動を
自らするように変わった。

それがまた、ぽんたの自信に繋がっているようにも
感じるときもあるの。


とはいえ、相変わらず凸凹な発達をしてってるし、

彼女の興味の幅は、かなり狭い。笑
てか、完全オタク。笑


それでも、その中から、
自然と漢字が読めるようになったり、

自分に自身がもてるようになったからか、
お風呂や歯磨きとか、

今まで後ろ向きだったことにも
チャレンジしたい気持ちも芽生えてきてる。


なんかさ~。。

もったいなさすぎて、
学校の先生には、まだ全部を話してないねん。笑


ママが知ってる、ぽんたの「伸びしろ」は、

本当に驚愕なくらい、
やっぱりあった。

しかも、マジで予測できなかったくらい
ママにとってはサプライズ!

まさに嬉しい驚き!



小学校での、

その学年ごとの勉強?は、時系列的には全然覚えてないし、
指導要綱からは、かけ離れてる記憶の仕方だけど、、


いつもママが思ってた。

「この子の生きる力」

は・・・がっちり育ってるって信じたい。


そして、そこだけは、
ブレずに、大きくなってほしいと、、、


今も横でYouTube を楽しむ
ぽんたを見ていて思うのでした。



今日も読んで頂けて、ありがとうございました(〃▽〃)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報