05
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

妖怪ウォッチを見ていて気づいてたこと。

こんにちは。
こちらは雨の土曜日になりました。

実は木曜に大腸カメラの検査をしてきたママ。
前日からの下剤処置に加えて、当日の腸管洗浄液での前処置・・・。

あ、細かいことはアメブロのほうに書いていますが、、

とりあえず、腫瘍もポリープも見つからなかったと分かったので、
本当にホッとしたところでの、記事更新になります。

いやいや・・。
壮絶な一日でしたので、
胃腸はまだ平常通りにはってわけにはいかない感じなのですが、


書きたいなぁ~な気持ちも出てきたくらい、
ちょっと回復してきていますので

また、つらつらと書き連ねてみようかと思います。
良かったら、お付き合いくださいね(*'-'*)ノ


↓↓ 「見に来たよ~」って押してくれると励みになります♪
↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++


いやぁ~ そろそろクリスマス。。

まだサンタさんが来るって信じてる子供のために
こそこそっとプレゼントを用意して

見つからないように、クローゼットや押入れの奥深く
隠して突っ込んでるお宅は多いのではないでしょうか?



昨夜は、金曜日なので
いつものごとく「妖怪ウォッチ」を観ていたぽんた。

もう、すごいですよね。


どこに出かけても

♪♪よーでる よーでる よーでる よーでる♪♪

流れてますよね~。



アナ雪か、妖怪ウォッチか、言うくらい、、
なんかすごいことになっておりましたが。。。

いや、

でも、私が書くのは、世相ではなくて。笑



妖怪ウォッチを見ていて・・

いくつか気づいたことがあって、
でも、しかもそれを、わざわざ調べるのが面倒なので

ここで、それを書いてみようかな?と、
今日はそんな記事なんです。

まあ、お付き合いくださいな。笑



さて・・・初めて妖怪ウォッチの放送を見たのが
ママが不安神経症を発症してしまって、
実家に里帰りしていた時でした。

まず、気づいたのが、

「ジバニャンの耳のカットの部分」でした。


動く生物がほとんど恐怖だったぽんたが、
幼稚園の卒園式で

「猫のおせわをかんばりますっ」

と、ありえない?発言をしてから、

本気で猫を飼いたいこだわりに発展してしまい、
我が家で飼うための猫探しが始まりました。

このブログの一番右下にリンクが貼ってありますが、

「猫を飼いたい」というぽんたに、

「生き物は買うものじゃないのよ」

そう話して、
里親募集のHPを二人で見続け、、、


そうしてやってきたのが、
きじとらの猫ちゃんでした。


この子は
捨て猫を保護する活動をされてるボランティアさんから
引き受けた猫ちゃんだったのですが、

我が家に来る前に、すでに避妊手術をしており、
耳には、ジバニャンと同じように耳に三角カットがされてました。


ボランティアさんに話を聞くと、

野良ちゃんが多くいるところには、
やはり捨てに来る方も多く、、

地域に住んでる方たちの衛生面や、
猫たちの病気の蔓延なども問題になるそうです。


そうすると、保健所に連絡が入り、
猫たちを捕獲に来るのですが、、

つかまった猫たち(犬もいます)は、
生きたまま、焼却炉に投げ入れられることも多く、

そうして殺処分される小動物の数は
年間、十数万匹になるのだそうです。



で・・・野良ちゃんたちにエサをあげに行くボラさん。

放っておくと、どんどん産まれて野良ちゃんが増えてしまうため、
捕獲しては、避妊手術をしているとのこと。

かなり年齢がいった猫ちゃんは、手術後、また元の場所に
放たれるそうなのですが、

里親さんが見つかりそうな子猫ちゃんは、そのまま保護し、
なるべく飼い主を捜して、譲渡をしてってるそうなのです。


ボランティアさんたちが、放たれた猫ちゃんの耳に
三角にカットされてる部分を見つけたら、

「この子は手術済み」

そう認識するためにしているそう。。。



で、


妖怪ウォッチで、ジバニャンの耳を見たぽんた。

「あおいちゃんと同じだね」

すぐ、そう気づきました。

「うん。保護された猫ちゃんだったのかもしれないね」


そこを分かってて、ジバニャンのキャラクター設定をしたのなら・・・
すごいなぁ~ レベルファイブ。。

ママも心から感心しながら、見てたんです。



で、、次に気づいたのが、ケータくんのお友達。

「イヤーマフ」(ノイズキャンセラー)してません?


うちに遊びに来る子供たちに、

「ねえ、あれ、ぽんたと同じイヤーマフじゃない?」

そう、聞いてみたことがあるのですが、、

「違うよ~。音楽を聴くヘッドフォンだよ」

そう言って否定されてしまいました。。


でも、ケータくんの通ってる小学校って、私立じゃないでしょ?
しかも、授業中や学校集会でも構わず、つけているって、、


どう考えても、「イヤーマフ」じゃない?



集団の中でのパニックや、多動・脱走が、
もしかしたら、聴覚過敏からきてるんじゃないかと、、
そう気づいて

ぽんたが、はじめてイヤーマフを使いだしたのが
幼稚園の年長だった約4年前。


当時は、まだまだ、イヤーマフの認知度も
ここではとっても少なくて、

先生や、療育のスタッフさんでさえ、

「どんな風に使ったらいいんですか?」

と聞かれることも多かったのが、、


妖怪ウォッチでもそうだし、
あ、あと、ヒーローバンクでも見かけるんだけど

イヤーマフ装着が描かれている小学生を
全国放送のアニメで見かけるようになったってのが、

「すごいことだな~」って、
本当に嬉しく思ってるの(〃▽〃)


あ、いや、ママの勘違いかもしれないんだけどね。笑


でも、

どんどん、こんな風に堂々と世間の認識に
擦りこんでいってもらえると、

発達障害っ子への差別意識が低くなるんじゃないのかなって、
やっぱり期待したくなります。


次は何だろう・・・。

あ、スケジュールや手順、予告なんかも
アニメで見てみたいなぁ~。

幼年齢の定型発達ちゃんでも使えるアイデア満載だもんね。



今日から、妖怪ウォッチの映画も封切りですが、
ぽんたもご多分に漏れず、

行く気まんまんです。

冬休みのお楽しみにしておきたいママは、
昨夜から、ぽんたの「行きたいパンチ」を
シュッシュッと交わしてるのですが・・・。

あと4日。

なんとか、交わしきれるか、、

ぽんたの思い込み(こだわり)攻撃は
けっこうきっついんですよね~( ;´д`)ゞ


がんばるぞー
関連記事
スポンサーサイト

Dear.猫ママさん

あ、同じこと思ってた?嬉しいなぁ♪

ウチはあおいちゃんを引き取りに行ったのが、動物病院でさ、
そこではオス猫ちゃんも去勢手術されて、耳カットされてたの。
だから、ジバニャンを見ても「!?」て、すぐ思った。

イヤマフ、3才前から使ってたん?すごいなぁ、そうなんだ。
猫ママさんとこは早くからイヤマフの存在を知ってたんだね。
そうそう。ぽんたも知ってる音の種類が増えてきたからか、
普段大丈夫そうに思えるようにはなったけど、、
やっぱり不安定要素が強くなってしまった時は、今でも必要。
でも「これがある」安心感って本当に大きいのよね~

うん、こどもが見るようなアニメや映画で、イヤマフも筆談も、
あ、ペグとか絵カードも出てきたらいいなぁ(^o^)
猫ママさんの言うとおり、製作関係者の近い人に発達ちゃんがいる
可能性って、これからもっと増えるんじゃないかなぁ…。
深夜アニメとか見てると、そのあたりのリアルさはどんどん出てきてると思うし。

でも、やっぱり大ブームの妖怪ウォッチで、ってのが良かったww

こんちー。

それ、私も思った。
ジバニャンのお耳。

でも、ジバニャンて男だよね?(´・ω・`;)
…て、長男と話してたんだよね。笑
実際のところどうなんだろ?

イヤマフはうちの三男は3歳前から使ってて、
だけど、保育園では使用不可だったのね。
今も、大会とかには持って行くときもあるんだ。
普段はだいぶ大丈夫になったんだけど、不安定な時は特に過敏が強くなったりするからね。

そうだよねー。
そういう描写が当たり前にされるようになったらすごいなぁとおもうね。
筆談の場面なんかも見られると嬉しいよね?笑

「特別」ではないって認識が広がると、そうなっていくのかな?
どこかの漫画家さんとか、監督さんの周りに発達障害児の子がいたりしたら、もしかしたらつかってくれるかも?
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報