07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

当事者の視点と支援者の気づきのすり合わせ。

今年も残りわずかとなりました。

ここに来られる方たちにとって、
この一年はどんな年だったでしょうか?

とはいえ、

特に主婦で母の私たちに、
ほーっと振り返る時間はあまりなく・・・。

年賀状や帰省の準備、、なんていうキレイな用事ならまだしも、、
何日かかけて行う大掃除や、新券の準備、
年末年始の料理の準備。。

ああ~、なんて忙しいんでしょう(=ω=; )


腰にしっかりホッカイロをあてて、
時にほっこりお茶やコーヒーをすすって、

あと数日ですよ~

お互い頑張りましょうね♪ (^o^)ノ


ブログ村に参加しています。
「見に来たよ~」って、ぽちってみてねww

↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


+++++++++++++++


さて。

こんな真夜中ですが、、

なんとかようやく年賀状のレイアウトが完成したので、
ちょっとだけ、思いついた記事を書きたいと思います。



よく、「認知のゆがみ」という言葉が聞かれますが、
あれって、定型発達の人間側から見た言葉だと思いません?

うはー

いきなり、難しいこと書いちゃって
ごめんなさい。゚(*ノωノ)゚。


わりと最近の記事で・・・


相手の手を使って、物をとろうとする現象

クレーン行動

のことを書いたのですが。


実は、このクレーン行動の解釈、、
「相手の手を使う」というのが、実は当事者にとっては
ちょっと違う、、っていうか

相手の手に対する認知、

この場合、「自他の境界」をよく引き合いに出すんだけど

当事者にとっては、「相手の手」を
自分とは違う「他」の手って、認知できない。。。


あ、少しややこしいかな?


相手の手も、自分の手の一部と
混同してしまってるので、クレーン行動が起こる、、

ということを書いたことがありました。



でね。


発達障害に関する本であったり、

療育や支援活動に携わる人たちからの説明であったり、


・・じっさい、
どこまで、当事者の理解に近づいてるんだろうなぁって思ったの。


たとえば・・・ね。


自閉してる時って、

その言葉のごとく、「心を閉じてる」ような印象を
定型の人たちは受けてしまうと思うのね。


でも、

でもね・・


それは、当事者さんの表現方法としての「自閉」であって、

そう表現しながら、、

実は、周囲の人たちの言葉ややり取りを
ものすごーく鋭敏なアンテナで感じ取ってたり、

で、自分のなかで、その言葉の世界や背景を
ますます膨らませて遊んでるとしたら・・・?


あ~

なんで、こんなことをいきなり書いたかっていうと・・


実はぽんたがよく言う「自分の世界」のことなんだけど、
一度だけ、詳細に説明してくれたことがあって。。

それがまた、

とてもカラフルで、とても自由で、

いろんな発想をどんどん膨らませていく
その世界のなかで、

映像とも画像ともいえる、なんとも表現しがたい
彼女の自由な、彼女だけの世界は

さながら

不思議の国のアリス


あ、でも、それも超えてたかも。。

そんな印象を、ママは聞いてて受けたのですが、
それは「ママが聞いて組み立てた世界」であって、、

彼女自身のなかでは、
もっと違うのかもしれないなぁって。。


まあ、、

これは、ひとつの事柄に過ぎないんだけどね、、


発達ちゃんによくある、

「(定型さんから見た)あの行動って不思議だよね~」にも、
実は当事者さんからしたら、定型さんから見た視点とは
まったく違う視点での行動なのかもしれないなぁって思ったの。


これを、ひとつひとつ、

例えば・・ママなんかよりも、
本当にプロフェッショナルな、療育や支援スタッフさんが気づいて

そこを当事者さんから聞いた ささいな一言とかと
すり合わせていったら・・・

もっともっと、

発達障害の人たちの持ってる認知に近づけるんじゃないのかなって
・・ふと、思ったのでした。


そうして、ちょっとずつでも分かってきたら、、

定型から見た理解じゃなくて、
発達ちゃん本人が感じてる認知に近づいたら、

もっともっと

例えば、教育の場面や社会に出てからでも
適切な対応や、周りの寄り添う気持ちに
繋がっていくんじゃないのかなぁって・・


ふと、思ったのでした。


ママも、、
少しずつでも、気づいたら

ここ(ブログ)に書いていくようにしてみるね。


きっと、

もっと、、

心から近づけるようになるんじゃないかしら。。




なんか、とりとめもなくってごめんなさい~

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報