07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

見た目で判断されるとやっぱりツラい。

こんばんは~

今夜も
いつもと変わらず

パパとぽんた、そしてママも、、
それぞれが好きなことを
して過ごしています( *'ω')ノ


この時間があるからこその
我が家なのかもしれません。



ブログ村に登録しています。
「見たよ~」って押してみてね~
↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村


+++++++++++++


「ぽんたちゃん、本当はやればできるんじゃないの?」
「そんなに出来ないようには見えないんだけど」


一年に一度か二度しか会わない
義妹の口から出た言葉でした。


パパよりも結婚や早かった義弟一家は、
今じゃ子供も4人もおり
私たちよりも子育てとしては先輩です。

この1,2年は帰省の度に一緒に集うと
必ず子供たちの通知表や作品、賞状を持ってきて
子供たちの成長を義父母に見せるという・・

子煩悩な義弟夫婦。


去年はママの具合が悪かったので、
お正月には顔を出さなかったのですが、、

その後の弔事や盆休みでは
ぽんたを連れて帰省したので、

すっごい久しぶりでもないはず。

だから、ぽんたの特性を垣間見てるはず。。

この「・・はず」には、
ママ自身、買い被っていたものがあったのかもしれません。


ちょっと・・

まさか、そんな言葉が出るとは思ってなかったので
少しビックリしてしまったママでした。


あ~・・・


そうそう。

去年のお葬式。
本当、大変だったんだー。。。

色んな手を使って説明しても、、

「葬儀」という特殊な場の緊張感?に耐えられないのか、
5分と座っていられなかったぽんた。。

何度も何度も会場から脱走を繰り返し、

その都度
靴音が出ないようにかかとを上げて

そろりそろりと、、
追いかけなければならなかった
あの・・何とも言えない気持ち。

喪主の大叔母からは
冷ややかな視線を浴びまくってしまって

パパ方の親戚?の葬儀だったからなおさら
「なんで私とぽんたも出なくちゃいけないんだろう・・」

そう思いながら、

心の中で泣きたい気持ちが
どんどん、どんどん湧いてしまうのを
ただ抑えて、、場をやり過ごすしかなくって。。


そんな場所で、、
ぽんたの様子を見守るように
その場に彼女もいたのよね。。


その頃は完全不登校だったんだけどね。。

そういえば
そんな話もこそっと打ち明けていたの。


で・・

再登校を始めて・・。


たしかに今のぽんたは
色んな意味で

ぐんぐん伸びてきているようには見えるし、
見えるだけじゃなく、伸びてるんだと思う。


でも

だからといって、、
二次障害が消えたわけじゃない。

教師に対する嫌悪はハンパないし、

だから

学校に行くという生活のすべてを
毎日のリズムとして通っている定型発達の子たちと、

まるっきり一緒のように戻していくのは
簡単な作業じゃないっていうか、、

いつまた 不登校に戻ってしまうかもしれない
そんな綱渡りのような部分も正直あるわけで・・・


それを、ほんの2,3時間一緒に過ごしただけで、
ぽんたの仕草や様子だけで
判断したかのように言われてしまって、、

実は

やっぱりちょっぴり
ママの胸がチクンって痛んだ。。


思わずぽんた擁護になってしまって
算数障害があることなんかを

まるでいいわけのように
ついつい言ってしまったりして、、

後から考えると
ママも大人げなかったのかもしれないけど。。


その時は我慢できなくってさ。。


普段はカワイイ義妹、として付き合ってるんだけど
なんか最近は距離を置きたくなってきて、、

で、

そう自分が感じるってことは、
やっぱりそうしたほうが正解、なのかもしれない。


定型発達の子たちを育ててる彼女に
ぽんたの特性を理解してほしいってのが、、

そもそも

私の方が甘えていたのかもしれない。。



お正月の場でのぽんたは、
相変わらず場は読めないし、、

悪言ざんまい・・というほどではなかったけれど、

義弟一家も集まっている場から
何度逃げても連れ戻される・・を繰り返していたから

すっごく機嫌も悪かった。

しかも、ヘンテコな標準語で怒りを表してたな~


だいたいね~

最近のぽんたの言葉の使いまわしっていうか、
好んで使う言葉が、、

YouTubeとかの動画の見過ぎなのか、
2ちゃん用語ちっくな言葉がジャンジャン出てくるようになって

ますますややこしさを増しているの。

もともと方言を使って会話を覚えるのが苦手だったこともあるから、
緊張したりすると、とたんに大人が使うようなテレビ語を話すし、、

そのあたりからも、

「なんか違うよね?」って受け取ってもらって
全然構わないのにな。。



しかも、、

最近なんだか、さらにさらに、、

出来ることと出来ないこと・・
いわゆるデコボコ(凸凹)?の差っていうか

高低の差がさらに広がってるように感じるの。。


今はまだママが間に入れることもあるから、
クッション的役割もすることも出来るけど・・・

そのうち、

ママの目につかない、、

ママの手から離れる時間が
もっともっと増えるようになる。

それに。

それはもう
そんなに遠い未来の話じゃなくなってきてると思うの。


さて。

今のママに出来ることって
本当は何なんだろう。。


そんなことを考えた正月でした。。



+++++++++++++++

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


今回も読んでいただけて
ありがとうございました(*'-'*)ノ

関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報