11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

障害受容まっただ中での就園就学って。

おはようございます(*^─^*)

今朝はゆっくり出来る日なので、
ちょっと思い立って書き始めています。。。

「見たよ~、見た見た」って
ぽちっとしてみてね(*^ω^*)

色んなブログに出会えるかもですよ♪

PCからの方はこちら↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

携帯・スマホからの方はこちら↓
にほんブログ村 広汎性発達障害




+++++++++++++++++


ぽんたが広汎性発達障害(PDD)と診断されたのは

まだ幼稚園に入園する前・・・の、
療育園在園中のことでした。


障害受容

ひとことで言ってしまえば、
なんか簡単に聞こえるかもしれないのですが

やはり
それまで、周りの子たちと同じような感覚でもって
それまでを育ててきて、、の・・

まさかの障害という診断の告知は、

「かわいい、かわいい」で育ててきた親にとっては
ある意味衝撃なのは言うまでもなく・・・


でも、年月は、そんな親の気持ちが
落ち着くのなんて待ってはくれなくて、

幼稚園入園、小学校入学っていう
一大イベントがやってきちゃうわけなんです。



今、自分の時はどうだったか・・
と、当時のことを思い返すと

けっこう

傍から見たら
「イタイ」親(ママ)

だったのかもしれない・・・。


ある意味「障害受容」真っ最中だったんだと思う。

当時はそれこそ必死すぎて
客観的になんて考えられないし、
そこにすら気づいてなかったんだけど

多分そうだったんだろうな、、って

今になって思うんです。



だから、


今、我が子の就園就学を
目前に控えている親御さんの気持ちを

思うと、やっぱり

大変だよね~、分かるよ~~

ってなる自分がここにいまして。



私ね、、、きっと

私だけの経験談として書かせてもらうなら・・
---失敗談だらけの数年---
だったと思うんだ。


はは( ;^ω^)

その頃ブログ書いてたら、どうだったんだろうね。。



ま、過去は過去で
今は正直、現在を、前を向いて進むのみなのですが。


でね。

やっぱり、当時も
先輩ママさんに話を聞こうと思って
ランチに行ったり、色々してたんだけど

みんな、決まってこう言うのね。

「大丈夫、なんとかなるから」
「私もすっごく心配したけど、子供も子供なりに成長するから大丈夫」


えええ~~~

そっかなぁ~


そんな気持ちを持ちつつ
先輩の話を聞いたんだったな~。。

しかもね、どんなに心配してようが、
就園・就学の時は来るのね。

どんなに震える思いでいても、
(ぽんただって、そんなママといて不安だったろうな・・)
一歩、足を踏み出すしかないじゃない?



そんなこんなで、集団に入って

実際はパニックが増えたりしてね、
こっちも泣きたいくらいの日があったり、

どうしても健常(定型発達)の子と
我が子との違いを見ては比べてしまって

(やっぱり違うんだ~)
って凹んでしまったり・・


まあ、そんなことにも
数か月、数年すると
やはり慣れてくるものもあるんだけど、、


対:先生


これだけは、やはり
私のなかで難関だったから、

今それで悩んでるママがいるなら

大したことは書けないかもしれないけど
少しでも気持ちの整理が出来たらいいなって、、
そう思って書いてみます。



まず・・

いきなりの暴言でしたらごめんなさい。



先生ってね、

案外ママが思う以上に
「発達障害」の勉強をしてない人、
多いと思います。

療育の専門家と比べちゃいけません。



だから、

「うちの子こうなんです」
「こうしてくれると分かりやすいんです」

っていう、ママの切実な話を
かるーく流してしまわれる方も

けっこういらっしゃいます。

分かってないから。

発達障害という我が子の現実を
理解しようという気持ちは、

ママだからの真剣さがあるのに、

そこには
実は温度差があるってことなのかもしれません。。



ええー
じゃあ、色々言っても無駄なのー?


いえいえ、そんなことはないです。
伝えないことには始まらないこともありますもの。

ただ・・
あたまの片隅に置いておくと違うかもしれません。


この人(先生)って、
我が子の障害をどこまで理解しようって
思ってるのかしら。。 って。


そうすると、


(あ、これ以上言うのはやめておこう)とか
(分かりやすいように、こう言ってみよう)とか


こっちも少し
気持ちの準備が出来る余裕が
うまれるかもしれないです。



おっと、ちょっとゆっくり
書いてられなくなりました。



また、次回に続きますね~
すみません。。。


関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報