05
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

発達ちゃんを集団生活に出すってママも勉強なんだよ。

こんにちは(*^ω^*)

昨日の記事の続きを

また、つらつらと・・

ぽんたのママとしての経験からになりますが・・
だからどうしても個人的主観が出ちゃうと思うんですが
(暴走しちゃうかもだけど)

まあ、かるーく書いてみますので
良かったらお付き合い下さいね( *´艸`)


「見たよ~、見た見た」って
ぽちっとしてみてね(*^ω^*)

色んなブログに出会えるかもですよ♪

PCからの方はこちら↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

携帯・スマホからの方はこちら↓
にほんブログ村 広汎性発達障害




+++++++++++++++


我が子が診断を受けて
そして特性として受け止めるようになると・・

それも就園就学前だったとすると・・

親として
すごーく不安なのは

ある意味、当たり前だと思いません?



私・・すっごい不安で不安で、、

入学前、、

同じ発達ちゃんママ友と一緒に
色んな心配や不安に思う気持ちを
打ち明け合ったりしたものでした。


そして、そんな気持ちを

療育園の先生や、センターのスタッフさんにも
打ち明けていたんです。


ああ、たしか入学前だったよな~。。


そうすると、どの先生も
口を揃えてこう言ったの。

「お母さん、最初が肝心やねんで。」
「ぽんたちゃんの事、しっかり伝えてこうな。」

・・・その言葉に励まされ、
私もすっかりその気になってました。

で、実際学校側にも機会があるごとに
伝えていったんですよね。。


『こんなところが難しいみたいなんです。』
『こうゆー時はこうなっちゃうんです。』
エトセトラ エトセトラ・・・


まだ入学前の・・年長の二~三学期からも
何度も何度も支援学級に出向き、

パパと二人で話したこともあれば
(最初、支援学校を選択していたので)

ぽんたを連れて
学校内の見学をしたり、、

ぽんたも、ママたちが喋ってる間中
養護の先生と遊んで待っててもらったりして、


うん


一生懸命だったママは
学校の先生たちとも、

療育園の保育士の先生と話すような感じ?
っていうのかしら

つまり、、打ち解けた気に、
少しだけど、なっていたんだ~。


でも・・四月になって、入学式。

ふたを開けてみたらやっぱり違ってた。


ぽんた自身も、小学校っていう
大きな集団で固まっていたんだと思うし

だから、

まさか校門を抜けてからの爆発的パニックや
家庭での色んな不適応症状も

今になって思えば
そこは通るべき道だったんだろうけどね。


先生とぽんたのことでの解釈?って言ったらいいのかしら・・
すれ違った一番の原因に

校内の様子と、家庭での様子
との違いにあったんだと思うの。


でも、先生方にしてみたら、

---見てないものを、どう理解したらいいの?---

だったんだよね。


うん、分かる。
そうだよね~~。


見てないものを理解しろって

今になって思えば
難しいに決まってるじゃん。


だから、今はこう思うの。


学校側には伝えるよ、これからも。

でも、そこで理解できなかったら、
「あ、理解できないんだ~」って
それ以上無理強いする必要もないんだなって。

ん?

無理強いって言い方も変かな?

こう・・なんていうのかな、、

「何で理解しようとしてくれないの!?」って気持ちを持っても、
「しゃあない」って諦めたらいいのかしら・・・。


先生って、「勉強を教える」ことに関しては
一応大学で学んできてるんでしょうけど

発達障害に関しては

人によって「寄り添う気持ち」の度合いが
天と地ほどの差がある。

こればっかりは正直否めない。


だからさ、

結局、ぽんたが目の前に居る時は
今まで通りフォローするし、出来るんだけど

学校に行ってる時?
幼稚園に行ってる時?

この時はどうしようもないじゃん。
自分の手から離れてる時のことは・・。

おまかせするしか、ないんだもん。


でも、だからって向こうからの要求を
ママはぽんたに強要出来ないこと、いっぱいあるじゃない?

その時は、先生にばっさり言っていいと思うのね。

「ああ、それはどう頑張っても出来ないみたいなんですよね~。」


で、あとは何気に
「先生におまかせしますよ」みたいなニュアンスは
しっかり匂わす。

だから、うちの子のこと頼みますよ。って・・・


幼稚園に2年、小学校に3年通って
ママが学んだのは、そこでした。


ぽんたは、こんなとこで困ってるみたいなんです。
学級での様子はどうですか?

で・・
先生がそのことに対して話してくれたら


そこからは、
「本人が主」
「ママは外野としての意見」

いわゆる本人と親の境界線を見せるんです。


そして、

「先生も色々忙しいでしょうに、すみません」
って、一言、相手を気遣い、立てる。


今はこんな感じで
学校側ともやりとり出来るようになりました。


最初からこれが出来たら
やっぱり何か違っていたのかもしれないけど

後悔してもしょうがない・・

色々あっての「今」なんだから。


あれ?
また、まとまりがない記事になってしまったかも~


今、目前に就園就学を迎えてる方・・
応援してますよ~ (*'-'*)ノ

みんな通った道

がんばろうね~~~(*^ω^*)


+++++++++++++


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

よかったら、ぽちっとしてね~ (*'-'*)ノ



関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報