07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

味方は多いほうがいいじゃん。

『発達支援センター』

当市では、以前は療育園がその立ち位置にありました。

が、発達支援法の改正に伴い、
当市でも支援センターが設立。

療育園だけだった時は、
”就学”と同時に
学校や支援学校に移行してしまうので

福祉としての
子供たちのサポートは終了だったのですが、

支援センター発足のおかげで、
幼児期~学童期、、

成人して福祉課に移行されるまで
一貫して、
子供の発達に支援スタッフが関われるように
なったんです。
++++++++++++

「見たよ~、見た見た」って
ぽちっとしてみてね(*^ω^*)

色んなブログに出会えるかもですよ♪

PCからの方はこちら↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

携帯・スマホからの方はこちら↓
にほんブログ村 広汎性発達障害



++++++++++++

ぽんた、小学1年の時。

そのころ・・ママの相談先は、
なんと他市の療育園の先生でした。

当市の療育園から
公立の幼稚園に入園するため転園したのは
ぽんた年中さんの時です。


「いつでも連絡しておいでね」
「なんかあったら聞くからね」

そう、話していた先生は、
休職やら移動やらで、

本当に

「誰かに相談したいくらい」
ひっ迫して困っていたとき・・

その療育園は、
残念ながら、当時、
相談できる場所では無くなっていました。


強い不安や混乱からか・・
たびたびパニックを起こすぽんたを
抱きかかえて、

途方にくれて

泣き出したい思いを抱えてたあの頃。


いつでも電話をかけたら

「どないしてん?」と
話を聞いてくれたのは、

ぽんたが年長のときに
”外来療育”を利用した他市の療育園の先生でした。


ぽんたも毎日困っていたんだろうと思う。

でも、、ママもいっぱいいっぱいで

話を聞いてくれるだけで、

電話の向こうの声を聴きながら
自分も声を出して喋りながら

とめどなく流れる涙を
ティッシュでどんどん拭きながら


そんな時間があったからこその
今があるのかもしれません。


当時は
「他市になるから、校長にひとこと言うとかもできないねん」
「ここに住んでたら、すぐ電話できるんやけど・・ごめんなぁ」
そう言いながら

話を聞いてくれた、療育園の先生・・ありがとう。


でも。

今は発達支援センターに変わったから、
学校側とのサポートの連携が取れるようになって。。

本当にありがたいなぁって思ってます。

まあ、まだまだこれからなんだけどね(o^─^o)



で・・以前は

支援学級の先生とは
なかなかお互いを理解するところまで
至らなかったんだけど、、


でもそのおかげで、
いろんな人とのつながりがうまれたのは事実なんだから

ある意味、それはそれで結果オーライじゃない?笑



だいたいぽんたの凸凹っぷりは多岐にわたるから・・
ママですら全てを把握するなんて無理なのかもしれないしね。

だから、いろんな視点も必要だと思うから、、
サポートも多岐に渡っていいんだと考えてます。。


ママはママで、

そんなぽんたに寄り添っていこうってここまできたし、
これからもぽんたの特性と向き合っていきたいって
そう思ってる。

それだけは変わらない。


まあね~特性から生じる問題は、
次から次へとやってくるけど負けずにいこ~

どんな時でも、味方はきっといるよ( *'w')b


あ、そうそう。

ママが自分から
「孤独でいい」って思った時期が

ずーっと昔にあったのだけど、

本当の「孤独」になんてなれなかった。

毎日苦しくて、笑うしかなくって笑顔でいたら
「その笑顔に癒されてる」なんて
職場の人から言われたり、

「私、ひとりじゃないんだな」って
思うことばっかだったんだよね。。


今だって

ぽんたをこうして育ててきて、
色んなつながりに助けられています。


療育も支援も福祉も
利用できるなら、どんどん利用してみよう。

発達ちゃんの育児の大変さは、
そうそう分かるものじゃないもの。。


週明け、またお互い頑張りましょうね(*'-'*)ノ



関連記事
スポンサーサイト

yuminoさんへ

お返事遅くなってごめんなさい。。
うん、当市の発達支援センターが出来たことは
娘にとってもプラスだったんじゃないかと思ってるの。
三学期もあと少しで、、担任にとってはそれで一区切りかも
しれないけど、発達ちゃんを抱える親にとっては
一区切りなんて言葉は無いんだものね。

うん、新年度もまた色々あるかもしれないけど、
お互いに希望をもちつつ頑張ろうね(*^ω^*)

お疲れ様です♪
お身体いかがですか??
センターが出来たのですね! よかったですね。
うちの弱小な市はまだ、そういうものがありません。
以前は頼りになる先生がいらした子育て支援センターも担当が変わり、全く頼りにならず。
とっても信頼してたYMCAの先生も移転しちゃいました。
ほんと、理解者は多ければ多いほど、母子ともに助かりますよね!
発達ちゃん、一筋縄ではいかない、いろんな特性がすこしずつ合わさったお子さんが多いですもの!! うちもホントに複雑な怪獣ちゃんです。いまだに理解できないし、うまく対応できないことの多いダメ母です。
いろいろあるけど、来年度は今よりもっとよい環境で登校できるとイイですね☆お互い!
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報