07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

二次障害が二次障害と分かる時。

いや!!! こっちに来ないで!!
あっちに行ってて!

なんで笑うの???
笑わないで!

わーん わーん わーん わーん

ママ、この人きらい!
いやっ、ここはきらい!もう帰りたい!

わぁぁぁぁん!!!



ぽんたの登校渋りが激しさを増していた頃に
初めて利用した福祉施設での出来事。

外は小雨も降っていたのだけれど、

突然パニックを起こしてしまった彼女が、
靴下のまま外に飛び出そうとしたので職員が抑制。

そこでさらに発狂したような状態になってしまったのでした。

++++++++++++++

「見たよ~、見た見た」って
ぽちっとしてみてね(*^ω^*)

色んなブログに出会えるかもですよ♪

PCからの方はこちら↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

携帯・スマホからの方はこちら↓
にほんブログ村 広汎性発達障害


++++++++++++++


初めて利用した施設だったのもあるのかもしれないし、
「ママが今からお迎えに行くからね」って、
いつもの予告を忘れてしまっていたのでビックリしてしまって
気持ちの切り替えが出来なかったからかもしれない。

とにかく、猛烈な態度で怒りまくるぽんたを見て・・


私もう10年以上障害児と接して来てるけど、
こんな子は見たことが無い。


そう、、ママにささやいた その言葉に
ママ自身も傷ついたのを覚えています。

パニックを起こして

ぎゃんぎゃん泣き叫ぶ彼女を見ながら、

「これを、、学校で出来ていたら、」
「そうしたら、ぽんたのしんどさを分かってもらえたのに。」

つくづく・・そんなことを、ふと思ったのでした。


でも、彼女は・・後からちゃんと教えてくれまして。

「ぽんたが怒る(パニックのこと)と、先生はすごく怖くなるの」
「だから絶対怒っちゃ駄目って、我慢したの」
「でももう無理なの」


ぽろぽろ ぽろぽろ 大粒の涙をこぼしながら
そう話してくれたぽんた。

それで、

あらためて
1年の時から、心理的な虐待を受けてきたことが分かって、
緊急避難(不登校)を決意したわけなのですが。。

不登校中もそうなのですが

二次障害は多岐にわたりました。


福祉施設の利用も、
ちょうど彼女がしんどさMAXの時に行ってしまったので、

スタッフさんたちは、

ぽんたのむき出しの激しい感情と暴言に、
(いったい何でこの子は利用出来てるんだろう?)
ぐらいに感じていたようでした。

暴言も凄まじかったですしね・・

「あなたは先生失格です!」
とか言ったこともあるみたいですし、

不登校で利用できる施設は
当時唯一ここだけだったのですが

あまりに嫌がるので
じっさい、利用できませんでした。


ところが、
不登校から再登校できるまでになったある日のこと

お友だちから、この施設の利用日を
一緒にしようという提案を頂いて

そこから、ウソのように
スムーズに行けるようになりまして。


で、先日契約更新のために出かけてきたのですが、、


そこで、書類上のやり取りのあと
「何か伝えておきたいことはありますか?」って
聞かれたんです。

で改めて、施設利用当時のことを振り返りまして、
こんな話をしました。



実は・・ここを利用し始めた当時、
ぽんたにはヒドイ対人恐怖がありました。

視線恐怖って言ったらいいのかしら・・

人の目がこわくて、
黒いサングラスや、だてメガネをかけないと
外に出られなくなっていたんです。

そして、・・変な話なんですが
笑顔恐怖みたいなのがありまして。

「笑った顔がこわい」って言っていたんです。

でも、それは学校の先生に、何度もひどく怒られて
なのにその先生が次には笑顔を見せる・・

ぽんたにとっては
「怖い先生が笑ってる」イコール「笑った顔が怖い」
になってしまったんだと思うんです。

あ、今はそんなことはないと思います。
本当に再登校から、だいぶ自信をつけたのか
落ち着いていますから。

ただ・・スタッフさんを含め、先生という方たちに対して
いきなり暴言を吐いたり、攻撃的な感情をむき出しにすることは
今でもあります。

でも、これはある意味愛着障害なのかもしれません。

ぽんたは甘えさせてもらうのが大好きで、
ママと二人の時は、今でも赤ちゃん扱いしてもらいたがって
そうしてもらうと安心するようなんですね。

だから、本当は
先生たちに受け入れてもらいたかった反動が
出ているのかもしれないんです。

すみません、、ややこしい子なんですが、
またよろしくお願いします。



・・・と、そんな内容の話を、最後したのですが、

はじめてスタッフさんが、こう言ったんです。


おかあさん、本当にぽんたちゃんのことを
受け入れて頑張ってきたんですね。

今の話で、私、はじめてよく分かりました。


ママ、なんだか泣き出したくなっちゃいました。
けっこう色んなところで誤解されてきてるのは
勘づいていたのでね。。

甘えさせてるだけなんちゃうん?とか
わがまま放題させている・・とか

きっと言われてるんだろうなって
感じてはいたので。。


でも、そう言われてるだろう その矛先を
ぽんたに向けるなんて
ママには出来なかったから・・


あ、でね

そんな風に言ってもらえて、
あらためてママもこう返したの。


いえいえ~
ただ、あの頃はもう夢中で。。

しかもぽんたの様子がただ事じゃないってことだけは
分かってはいたんだけど、

それがいったい なんでこうなってるんだろう?って
言葉に表現出来ないくらい、
私も当時はパニックになっていたんだと
思うんです。

今だから、こう言えるんだと思います。



そう

そうなんだ。


本当はぽんたは受け入れて欲しかったの。
ママだけじゃなく、
先生や福祉のスタッフさんに。

療育園にいた時のように。
かわいがってもらいたいかった・・

ただそれだけなんだけど、

あまりに、突き放されてしまったから、
どう表現していいか分からなくなってしまったんだよね。



これを、愛着障害とは言わないのかもしれない。

でもさまざまな二次障害のひとつだと
言っていいと思う。

当時は、自らの記憶すら
解離させてしまったほどだったのだから。


これからだよ。

また理解してくれる人が増えたよ。


一緒に楽しいこと、
どんどん増やしていこうね。

関連記事
スポンサーサイト

テリちゃんへ

こんにちは(*^ω^*)
ネットから離れて落ち着いてきてるみたいで良かった~
うん、自分と相性のいいドクターが見つかるといいね(*p゚∀゚q)
毎日穏やかに過ごせますように♪

私は、、まぁどこかの記事で書くと思いますが
まさかの体調悪化で仕事どころじゃなくなっちゃいました。
どうやらペースアップし過ぎたようです。。
なかなか思い通りにはいかないもんですねぇ~( ;´-ω-)

こんばんは( ^ω^ )。
最近はネットを見る回数が激減してますが、たまに覗いております。

SNSとかブログに登録してると、気をつけていてもどおしてもネットに気持ちが行くので、アメブロを止めた後は自然とネットを見なくなってその分本を読めるようになりました。
今日は、病院のホームページを見ていて久々にネットを開きっぱなしでしたが(=゚ω゚)ノ

やっぱり、自分だけでは限界を感じることも多々あるし、現実的に家事や家計管理ができないと老後困るし…相談できる人が欲しいし診断してもらえる可能性がありそうな病院へ予約を取りました。
発達障害専門ではないけど、診断してもらえそうだし相談できそうな感じがします。
前々から目をつけてはいたんですけど、病院不信もあったし、てっきり住所的に遠いのかなと思ってそこには行ってませんでした。
県をまたぐのですけど、地図を確認したら歩いていける範囲で、たまに歩いていく(1時間半弱)お店の近くでした(≧∇≦)☆

今日、たまたまテレビでネット依存の話題を見たのですけど、ネットはリアルの世界を充実させるための道具…であるのが理想的って話がありました。
私も、もっとリアルの方の生活がしっかり築けて、リアルでの対人関係の能力も伸ばして、その上でネットを利用できたらいいなと思います。

むーにさんもお仕事やスマフォとか新しい変化があるな〜と拝見してます。
このまま引きこもってる事が自分にとってよいとも思えないし、何よりストレスを避けての生活が長引くほど外に出て人と接するのが恐くなってるのを実感するので、私も新しい変化をつくりたいです。
部分的には、一時的かもしれないけど、恐怖症が増してるかもです…。

ぽんたちゃんも頑張って学校に行ってますよね。
家でお母さんたちに守られて休めたから、また自分で学校に行く選択ができるようになったのだと思います。
私も、家で主人にしっかり甘えて充電してきたので、外に出る不安を乗り越えたいです( ̄^ ̄)ゞ

また覗きに来ますm(_ _)m
まだまだ寒さが続きますので暖かくして体調にお気をつけ下さい。
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報