07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

ぽんたをとりまく子供たちの成長を応援したい。

最近・・・というより、この数か月
パソコンをたちあげて、ブログの記事を書こうとすると
文字入力が「かなキー」になってることが多い。

これね・・
ぽんたが「かな」モードに変えてしまってるの。。。苦笑

ママは基本ローマ字入力なので、
例えば・・ 上記のように 
「さいきん」と入力しようとすると
「とちにのにみみ」になる。笑

仕方がないので、かなモードから
いちいち変更しております。

やれやれ。笑

ぽんたちゃん、このパソコンは誰のでしたっけ?笑

+++++++++++++++++++++++++++++



「見たよ~、見た見た」って
ぽちっとしてみてね(*^ω^*)

広汎性発達障害カテゴリーにジャンプします。

PCからの方はこちら↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

携帯・スマホからの方はこちら↓
にほんブログ村 広汎性発達障害



+++++++++++++++++++++++++++++

全然違う話で始まってしまいましたが、、
前回の話の続きを書きたいと思います。

前回の話で

ぽんたのクラスの中で
一部の子供たちが荒れていることを
書きました。

でも、まぁ・・・

校内暴力全盛時に、
同じようなヤンキーちゃんだったママにしてみれば

そんな風に、素直に表現できるというのは、
ある意味「生きる力」に満ちていることを
示しているとも思えるんですよね。

この話・・・ココから先は、大人目線での、
しかもママの独断と偏見で書きますので、、

例えば、小学校での壮絶ないじめ経験などをされてしまった等
いまだにトラウマと闘っている方は
ここから先を読み進めることは自己判断でお願いします。









とはいえ・・

ママも、いじめ経験をしています。
あ、逆の経験も、実はしています。

ギャグみたいですが・・

「体育館の裏に呼び出し」なんかも、
日常で行われていた学校に通っていたのでね。

そうそう。

3年B組金八先生とか
積み木崩しとか

ちょうど多感で反抗期まっさかりの
中学生の時に放送されていましたので、

・・・まぁ、そんな年齢なわけなのですが( ;^ω^)

あら、話が逸れましたが。。

でね、まぁ荒れていると言われるギャングエイジの彼ら。


大事なのは、「表現してしまった」
その後なんじゃないか、、と思うんですよね。


授業の最中も

「なぁなぁ、先生。聞いて聞いて~。」
と、中断が入る。

担任にしてみれば、授業妨害。
一人がそんな風に言いだすと、他の子も乗り出してくる。

『学級崩壊の一歩手前の状態なんです』

ある機会のときに
そう言っていた担任の言葉は、
担任の苦労をそのまま物語っていました。


休み時間になると
担任の見ていないところで
「あいつを無視しよう」と、ジャイアンが言いだす。

ジャイアンの言うとおりにしないと、
次の標的になる・・・それがイヤだから
その通りにしなければ、とわが身を守る子もいて。

で、やられた子は、訳が分からなくて、
しまいには
取っ組み合いのけんかになるのですが。

 
教室内では緘黙気味のぽんたですが、
その光景をすごくよく見ていて
さっそくママに話していました。

「〇〇は悪くないねんで」
「××がこんなことをしたから、〇○が怒ってん」


子供の目線は正直です。
色眼鏡もなく、まっすぐ物事を見ているので。

それを担任にぽんたが伝えられたらいいのだけど、
「先生」という存在じたいに二次障害がある彼女が
それを出来るとは期待できなく・・。


でも、相手をいちびって遊ぶという
何ていうか・・心の歪み?を起こす子にも、
何らかの事情があるのでしょう。

されている側は、
発達障害の要素が満載で・・

実はママだけじゃなく、
担任もかなり気にかけてるようでした。


で、取っ組み合いのけんかなり、
誰かが泣き出すトラブルなり・・・

もちろん、授業妨害になりそうなほどに、
自己表現を止められないという状態のとき・・

これが、そのまま「悪」のように捉えられたら、
表面上は解決したように見えても
何も解決はしていないのかも?

実は結局のところ・・・

色んなことを素直に表現してくれる子供に対する
--大人の受け止め方--
これが、とても大事になってくるんですよね。

実はほかにも、さまざまな背景があって。。

今の学年になってから

ぽんたのクラスの子では
数名、名字が変わりました。

不登校になってしまった子も
ぽんた以外にもいます。

学校が終わって家に帰っても、
夜になるまで親の帰ってこない家もあります。

ぽんたの友達のひとりは、
2年生ですでに

お米をといで、炊飯器のスイッチを入れ、
おかずを待つ子がいました。


・・・なんだか、ママの子供の時のようだ。


荒れてるように見える子供たちの様子を
詳しく聞いていったり、
ぽんたの送り迎えのついでに、
よくよく観察していくと・・・

単なる”構ってちゃん”に見えることもあるし、
もうすっかり自律に向かってる最中の
”プチ思春期”に入ってるようにも見える。

子供たち一人一人が、
自分の家庭の事情を抱えながら

--必死に生きている--

そんな風にも思えました。


1年生の時から
「ぽんたちゃんのママって優しいよね」
そう思われてきてましたが、、

何度か子供たちの前で
ぽんたを叱りつける場面があったり

逆に子供たちに注意する場面も増えたようにも
思います。

子供に対しては、基本甘々なママなのですが、

「大事な子たち」なので

ここはおさえないと、、な時は、
ビシッと言わせてもらってます。苦笑

さすがに表情を変えますが、

--今言わなきゃ、いつ言うの?--


最近は・・不安神経症の発症もあって、
子供たちをそばに寄せ付けない時もあるのですが、、

やっぱり一生懸命成長しようとする彼らをみると
いとおしいなぁって思うんです。

励ましたくなるし、応援したくなる。

けんかだって、
「今しないで、いつするの?」

じゃんじゃん相手とぶつかり合って、
自分なりの仲直りの方法と
相手にも相手なりの考えがあることを
今、学んでほしいなって思うんです。

がんばれ!こどもたち

関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報