07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

”ことばのクレーン”を教えてくれたのはブログでした。

発達障害関連の本を読むと、
「自分の手を使わずに相手の手を使う」
クレーン行動(現象)のことがだいたい書いてありますよね。

まさか、そこに『言葉』も当てはまるなんて、
当時は考えもつかなかったんです。


+++++++++++++++++++++++++++++



「見たよ~、見た見た」って、ぽちっとしてみてね(*^ω^*)
あ、そういえば一日1回有効なようです。。

広汎性発達障害カテゴリーにジャンプします。

PCからの方はこちら↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

携帯・スマホからの方はこちら↓
にほんブログ村 広汎性発達障害



+++++++++++++++++++++++++++++

ぽんたが広汎性発達障害と診断されるのが先だったか、、

それとも、その以前から何か予感のようなものが
私のなかにあったのか・・

さすがに5年以上も前のことなので
あまり覚えていないのですが・・・。


当時、もう療育園に通園し始めていたころのことを
ふと・・思い出したので書いてみたいと思います。


ってことは・・
ぽんたが3歳ぐらいだったのかしら?


もうそのころはすでに睡眠障害(いわゆる昼夜逆転)とも

日々の生活のなかで
ある意味当たり前のような感じの
毎日だったので・・

ママは日々疲弊してしまっていました。

精神的自覚は無かったのね。

目の前のぽんたとの毎日に追われていて、
あ、
もちろんパパからはさんざん文句を言われていましたが。苦笑


頭痛が止まらなくなったり、
ひどいめまいに襲われることが多くなったり、、

突然過労で動けない。。なんてことも
けっこうあったかも。。



で、当時・・。

療育園では、「お昼寝の時間」というものがあったので、
もちろん”眠るということに不安が強い”ぽんたちゃんなので、
療育園ではほとんど眠らなかった彼女ですが

午後・・3時前だったかしら?
通園バスを降りて、家に帰ってきてから

夕方ママと遊ぶのですが・・・


ママ、〇〇〇〇ってゆって。

ママ、つぎは〇〇ってして。


指示だし連発。
ママの言葉は何も望んでいない。

毎回、そういう遊びを要求されまして・・・。


ただでさえ疲れてるママ。

夜中もたびたび泣いて起きるので
毎日不眠状態のうえ、その指示だしって何?

まあ、最初は付き合うのですが・・

そのうち
身体も気持ちもついていけなくなり・・

そうすると自然に身体が前かがみになり・・・


・・・・・・・・・・・ パタッ

ぐぅ~すぅ~~~ぐぅ~~~すぅ~~~~



!!!

ママ!ママ!
わーんわーんわーんわーん


と、ぽんたのギャン泣きが始まるという
お決まりのパターンが待っていました。


ごめんごめんって感じなんだけど、、
相手の気持ちを無視したやり取りっていうの?

すっごく実はしんどかったママなんです。


しかもほぼ毎日・・・

今思い出しても、「無理!」ってなりそうなくらい(苦笑)

お人形遊びを一緒にしているのに、
ママがぽんたにとっては
お人形のような・・そんな感じでした。


私、そういえば、一度このことを
病院の発達外来で話してるんですよね。。

「ああ、ぽんたちゃんが指示だししたがるのね?」
って、あっさりスルーされちゃって、、笑


当時、あれが

まさか、「言葉のクレーン」だったなんて
誰も教えてくれませんでした。

それを教えてくれたのは・・

実はブログ!でした。
びっくりでしょ?

専門書にも書いてない、実際の活きた体験だから
すごく納得できたし、

ぽんたの「これは、どうしてなの?」な行動に
こたえを導き出してくれたのも、
どこぞのどなたが書いてくださった言葉をヒントにして。。でした。

本当にありがたいことです。
ありがたいのに・・

いやぁ、、申し訳ないことに、誰のブログだったか
もう全然覚えてなくって、

覚えていたらリンクできるんだけど・・
本当にごめんなさい。


で。

ことばでも「クレーン現象」があるってことは、、

たとえ、当時・・ことばが少しは出ていたとしても
(半分以上ジャーゴンだったけど)
自他の境界がかなり薄かったことをしめしており、

自分以外の「他」への関心が薄くて
自閉的傾向があったことを表しているんですよね~。。。


まあ、ママも「リカちゃん人形」と同類だったんだな、きっと。苦笑
そこまで可愛らしくないけど。笑

いや、そこはつっこまんでもよろしーかと。謎。 笑


関連記事
スポンサーサイト

とめちゃんへ

こんにちは(*^─^*)
そうそう、そうなのよ~。
何気に自閉圏の子供にはよくみられるのにねぇ。
あ、ぽんたもいまだにありますよ~。
しかも連発になることも多くて・・・。
相変わらず、避難行動が出てくるのか
その時だけはごっつい眠気に襲われます。笑
今も。笑

そういえば、、本に書いてある「クレーン」の原因、
「自他の境界」が希薄なことも書いてほしいよね~。

あるねぇ。

言葉のクレーン。
今でも、時々あります。
実際のクレーン現象ほどではありませんが、ついこの間も、息子にとって本当に残念な事があった時に、私に『かわいそうね、って言って。』と言われました。
その時はそう感じませんでしたが、そうかぁ、言葉のクレーンね、と思うと納得しました。
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報