07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

身辺自立のなかでも、トイレとお風呂はハードルが高い。

こんばんは(*^ω^*)

今日は大阪もちらちらと粉雪が舞っておりました。
・・・さっぶいですね~~~

てぶくろをしてない指が、
外に出て2分ともたずに、かじかんでしまいました。。


+++++++++++++++++++++++++++++



「見たよ~、見た見た」って
ぽちっとしてみてね(*^ω^*)

広汎性発達障害カテゴリーにジャンプします。

PCからの方はこちら↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

携帯・スマホからの方はこちら↓
にほんブログ村 広汎性発達障害



+++++++++++++++++++++++++++++


いや、実は本当に嬉しい出来事だったのです。

でも、これは
ぽんたにとっては大事な一歩。


「ふふん、私だって出来るんだから♪」
みたいなニュアンスで彼女はおりましたので、、

実はすぐに反応しなかったママです。笑


え?
なんのことかって?


ふふふ((o´ェ゚)).;'.、


え?
溜めるほどのことじゃないやろ?


まあ、、そうなんだけどね。。


はい。

実はぽんたちゃん。
今年になって、自分でウン〇の後始末が
出来るようになったんです。

どんだけ嬉しいかって、そりゃあ相当なものです!笑


小さな一戸建ての我が家。
しかもトイレは1階・・・・。

ママがどんなに体調が悪くても、

「ママーー!!!!!」

「マーマー!!!」

と、トイレから叫び続け・・


まるっと座ったまま、ママの到着を
今か今かと待っているぽんたさん。

トイレに貼ってある手順も、
なんか意味のないものに思えるくらい・・・

ママがたびたび
「自分で拭こうよ」って声をかけても

その気すら無かったようで・・。


もちろん外出先では、
どんなに狭い個室だろうと一緒に入ることを要求され、、

拭いてきたので。。


あ、学校ではどうだったかって?


・・・・

滅多に出なかったようです。苦笑

だから、、、なのか、
何気にいつも”お〇秘気味”だったかも。


で、時たま、、
我慢しきれずに大きいのが出ちゃった時には

何とか拭いて
(拭ききれているかは未確認)
知らん顔して下着をあげていたようなのですが。。


よく汚れておりました。。苦笑


実は小さい頃から感覚過敏があって
濡れるのが苦手な彼女。

とくに”手”はしょっちゅう ねちゃねちゃしてるくらいなのですが、、

”洋服”が汚れることには、
逆に強迫的なところがあって、、

どんどん着替えてしまうんです。


あ、、だからなのかな?

「ママに拭いてもらえれば、下着は汚れない」
って・・・もしかしたら彼女なりに勉強したのかしら?笑


と、、それは想像にすぎないのですが
とにもかくにも、本当に大の始末はママの係り・・が

本当に長く続きました。


「これじゃ、介護じゃん!」

そう何度も思っていましたが・・。



どして?



ママは不思議でなりません。

今年に入って、、、
しかも、冬休みの終わり頃くらいだったかしら・・・。


ふと気づくと、

---トイレから呼ばれなくなっていた---


あれ?マジで?

そう思いつつ、
ちょっとわざとぽんたに聞かないでいたママ。

ここで聞いちゃうと、
せっかくの自律の芽を摘んじゃうかもしれないしね。。。


で、ある程度日にちが経ってから聞きました。

ママ:
「ねえ、もしかして、うん〇の後、自分で拭いてるの?」

ぽんた:
にやり(*゚ー゚*)


ママ:
「マジで???すごいじゃん!ぽんた!!」
「ちゃんとティッシュに何もついてないとこまで確認して拭いてる??」

ぽんた:
にやり(*゚ー゚*)


・・・・おい。
(そこは怪しいのね)笑


ま、いっか。

”自分でやる”ことが、まずは第一歩だ~~♪

と、とにかくその瞬間だけは褒めちぎり。。笑


で、本当にそれからピタリと、
トイレからぽんたに呼ばれなくなりました。

嬉しいよな・・淋しいような・・ 苦笑


でも、きっと、
もしかしたら・・・

見えない「おしり」に対する
感覚がついてきたのかもしれないし、

「清潔」を自分で確認する行為を
クラスの子たちが意識し出す様子に
気がついたのかもしれないしね・・・

なんせ、とっても嬉しい出来事でした。嬉



あとは、お風呂ですね~~。

相変わらず「入りたくない」「洗いたくない」で、、
シャンプーは、左腕で頭部を支えて・・の
”美容室洗い”をいまだにしていますので・・・。

そのおかげで、
ママの肩や背中はガタガタですから。


今は

〇シャンプーの間は目を開けない練習
〇お湯のシャワーだけを自分の頭にかける練習

のふたつを、ちょっとずつ実行しています。


3才の時に、ぽんたの言ったひとことで、
「泡が怖い」ことを知ったママ。。

でもいつか、、泡の克服もするだろうと信じて
スモールステップで頑張り続けたいと思います。

シャンプーだって、きっと出来るよ。

だいじょうぶ(*^ω^*)


関連記事
スポンサーサイト

とめちゃんへ

こんにちは(o^─^o)
大の後始末って身辺自立のなかでも本当に難しいんですよね~。

それに”清潔を保つ”って対人においてもすっごく大事なことだと思うんです。
息子ちゃんと一緒にトイレに入れるのは同じ男性じゃないと無理だし、、
支援担に男性教諭がおられなかったら、それこそ大問題でしょ(笑)

だいじょうぶ、だいじょうぶ(*'-'*)ノ

息子も小学校入学以来、大とは切っても切れない関係です。
当時お尻もちゃんとふけずに担任の先生がお手伝いしていました。
しかも、彼の場合、学校だろうがどこでもなので、校外学習の時は万が一のためにすぐに最寄りのお手洗いがあるところまでよってもらうという段取りもあらかじめ立ててもらうというくらいで(苦笑)
しかも前回のコメントでも話した支援級の担任、男性で(>_<)
ホント申し訳なさMAXでした。

鍵付きYさんへ

連絡ありがとうございます(*^ω^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報