09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り添う気持ちがあるから観察できるんだと思う(加筆訂正あり)

ぽんたの完全不登校をきっかけに
ブログを書くようになってから、、


色んな方からこんな言葉を頂くようになった。


一生懸命やってきたんですね。
本当にぽんたちゃんの特性を受け止めてるんですね。

むーにさんはブレずにいけそうな気がします。


ありがたいです~。

どちらかと言えば、思い込んだら融通がきかないので
突進していくイノシシのようなママ。。。笑

記事を読んだだけでの印象よりも
きっと実際のぽんたママは
「ほんまに何してるねん!」な部分が多いのかもしれないのですが。苦笑

それでもやっぱり、そんな風に肯定的にとってもらえると
素直に嬉しくなっちゃいます( *´艸`)


ああ。
学校の先生ともこんなやりとりが出来ないものなのかしら?
どうしてここまで(特に支援学級と)うまくいかなくなっちゃったんだろう・・。

なんて。


本当にそこだけを捉えて考えると本当に凹む。
まったくもって凹みまくったりして。



本来・・・我が子が毎日学校(支援学級も含む)に通う以上は、
学校側とはお互いの相互理解をもちつつ、適切な支援に繋げていかなければなりません。

だいじなだいじな我が子の”成人後の自立”という大きな目標を目指して、
勉強だけじゃない・・色んなスキルを積むことは、

今後の子どもの生活を、豊かなものにしてくれるのですから。



で・・ふと思ったんです。

ぽんたの凸凹っぷりは、WISC検査でも顕著に現れたように、
一概では分かりにくい高低差と、周囲に理解されにくい生きづらさにあります。

この部分を、

どうにか理解してほしい・・・と、
これまでも訴え続けてきたママなのですが、、、

そのママの声すら認められなかった原因に、
「そう訴えてるけど、先生からぽんたを見てそう見えない」
ということがあったんじゃないのかなって。。。

そう思うのね。


ぽんたが生まれて、そのちょっと「フツー違うよね、これ?」を
ずーっと観察し続けてきて、

で、診断とともに、あらためて
「なんでこういう行動をするんだろう」って振り返ってみたり、、

「分かるように説明してみても、こんな時にこうなっちゃうのはどうしてなんだろう」
っていう、ささいな事柄での疑問を

ママのなかにインプットし続けてきた・・・・

その蓄積があっての、「ぽんたの母親の訴え」。


いや、ママだからこその分かる部分っていうのかしら・・・。


例えば急に愚図りだして止まらなくなった。
しかも、ちょっとキツイこだわりへと変化してしまってる。

(んん???)って最初は思うけど、
いきなり一刀両断にはせずに、しばらくなだめながら様子見・・・

で、、見ていると、その様子から
(なにか色々しんどいことが重なってしまってるからの愚図り)
と判断できる材料が揃ってきて、、

とりあえず、本人の安定を最優先。てことになったりする・・・


んだけど、

こういった前後の様子を観察して、、とかは

まあ学校ではまずありえないし、そういう時間も無いのが現状です。


ところが、支援学級の先生が出来ないのに、
30人近くをみていて、すっごく忙しいクラス担任が出来ちゃったりします。

「おお!!」
「そうなんですよ~先生」

と、同意出来たり、お互いの認識として、そのクラス担任とはよく喋るんですが

それは何で出来るか??


もうそれは、「寄り添う気持ち」があるからだろうと思うママ。


たとえば、、ふと「あれ?いつもと表情が少し違う?」に気づく
で・・想像を広げるんでしょうね。。

もしかしたら、聴覚過敏があるからこうなってるのかな?
やっぱり授業が分からないから苦痛なのかな?

その想像を広げる・・・の根本にあるのが
「寄り添う気持ち」なんじゃないのかな~~って思うんです。


そういった性質を持っておられる方とは
「理解してほしい!」なぁんて思わなくたって話が進みます。


で・・・またこう思う。

親と先生の信頼関係というものは、子供の教育・養育にも反映されると。


ああ・・・

ただただ我が子の幸せを願ってるだけなのに、
どうしてこうも泥沼の中に潜っていくような気分になるんだろう。

この子の笑顔が見たいだけなのに、
どうして今でも支援担の表情を伺う自分がいるのだろう。


療育というものを知ってから、初めて知った

「寄り添う」という言葉。


それは、障がいを診断された我が子をかわいそうに思うことなんかじゃない。

いつか親の手を離れなければいかない・・我が子の発達を成長を望むからこそ、、
しっかり観察して我が子の不安を少しでも減らして
これ以上二次障害が増幅しないよう、健やかな気もちでの発達を望むからこそ

の、気持ちであって、さまざまな対応やサポートなんですよね。


我が子の人生のなかで、先生という職業のかたが関わるのは一瞬の・・
本当に短く切り取られた時間なのに、

その影響はすさまじかったりするのだから、、、



+++++++++++++++++++++++++++++

読んで頂けてありがとうございました。
どれか一つでも押してくれると嬉しいです(*^ω^*)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


+++++++++++++++++++++++++++++

関連記事
スポンサーサイト

とめちゃんへ
私もそう思います。
「寄り添う」ってことを教えてくれた娘の特性に感謝ですね。
じゃなければ、一生分からなかったかもしれないなぁ・・・。

寄り添う。

って、本当に良い言葉だと思います。
別に凸凹発達ちゃん達限定ではなく、生きとし生けるもの全てに共通する言葉。
皆がお互い寄り添う気持ちがあれば、きっと毎日頑張りすぎず、肩の力も少し抜いた生活を送ることができるのに。

ぽんちゃんの学校の普通級の先生もきっと普段から寄り添う事を心がけて、いや自然と身についてるのかもしれませんね。
そんな気がします。
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。