11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悶々としてるんなら調べたらいいじゃん(計算障害の話)

私が書いているもう一つのブログ 

Amebaの「なきむしでいいじゃん♪」
にも書いていることがある。


それは、ぽんたの算数の理解度のこと。


いや、理解度って表現しちゃっていいの?
それ以前の問題じゃないの?

小1になって、ようやく数字が読めるようになったぽんちゃん。

ほら、よく幼い我が子にお母さんがやるじゃない?

時計を指して
「長い針が〇のとこにきたらおしまいね」

この・・・数字を言うってのが出来なかった幼稚園時代。
例えば・・・音で「ご」は分かっても
それが「5」だとは認識出来なかったんだよね。。

だから、小学校に入って”おべんきょう”が始まって
ようやく「音」と「すうじ」が一致したのだけど・・

そこからの計算は、今でも難しい彼女。


なんせ、次のハードルは高いらしい。
そう・・・それが

「すうじ」と「量」

なんだけど。


まぁでもそれは、不登校突入前でも難関だったみたいだし、

支援学級の担任の先生から受けた不適切な強要から
「べんきょうはぜったいイヤ!」てなってしまってたのもあって、

ママのなかでも
(登校するだけでもすごいじゃん!)みたいな楽観視があったの。


ところが。


時々遅刻しようが、時々欠席しようが、
なんとか完全登校拒否状態にならずに
登校を続けるぽんたに対して

先生たちがハードルを上げだした。

いまだに一桁の引き算が出来ないぽんたに
「あんた、こんなのも分からへんの?」
と本音をぶつける支援級担。

登校するだけでいっぱいいっぱいの毎日だって
忘れてしまったのか・・
「毎日しゅくだいはさせてね、お母さん」
そう声をかけてくるようになった普通級担。


いやいや、どうしたものか・・・と思いつつ、
そこに視点を集中させない日々を過ごしていたら
(単純にそこまで考えてる余裕が無かったww)

毎日宿題として出されるプリントが、
一番苦手な引き算。

しかもB5サイズの紙に、びっしり。
25問。


視覚情報が多いと混乱するってことも、
とうにお忘れになったっぽいようで。。


どうしよう。

もう三学期も終わりなのに、
これを今更担任に言ってもいいのかしら・・・?

そう悩むママに追い打ちをかけるように、
ぽんたに対するいじめの現場を目撃してしまいまして。

ああ

やっぱり担任と話さなければいけないんだろうな・・


と、重い腰をあげる決意をしまして。



え?

重いって、ちょっと構え過ぎじゃない?って?


いや、でも重くなるんです。

これまでも・・どんなに話しても
「お母さん心配しすぎでしょう」
「もしかしてノイローゼちゃいますの?」

みたいな(笑)

いや、本当に洒落にならないくらい、
支援学級を含め、普通級担任とも、、

話し合いは平行線をたどりましたから(苦笑)


何故いい大人がそこまで
たかだか話し合いで、もつれてしまったかって言うのが

そこが・・彼女の特性の把握と理解に
学校側と家庭での極端なズレがあったからなんですよね。。


でね、この間WISC検査をしたこともあって、

ママの中でも
まだ、、ぽんたには理解できる方法を模索したら

この子も伸びるんじゃないかっていう・・

「ぽんたの伸びしろ」を考えるようになったんです。


でも、彼女の様子を見る限りでは・・

計算能力が、これ以上どう伸びるかは
皆目見当がつかなくて。


で、最近も発達フレンドのママ友と話していたら

『そんな悶々としてるくらいなら、調べたらいいんちゃうん?』
そう言われまして( ;´д`)ゞ

あ、調べるっていうのは、、

LD(計算障害)かどうかって意味です。
検査してみたらどう?ってことで・・・。



ママにとって
これは、ある意味、、学校対応なんですよね。

計算障害(ディスカリキュア)がある、、と
公的施設での検査結果が出たら

もっと具体的な「理解できる方法を模索」することを
学校側、先生側に提案できるんじゃないかって思ってるママ。


今でも一生懸命、答えをだそうと、
先生の指まで借りるぽんたに

「あんた、何でこんなんもでけへんの?」

そう言ってのける支援担に、
それが支援だと納得してほしくない!


こんなことが続くもんだから、、

いったい支援って何なのだろう・・・
と、ママにブログを書かせてしまうほど
考えさせてしまうんです。。。


ぽんたの「私出来た!」を増やしたいのに・・・
なんだか「どうせ分からないもん」を増やしてる気がする。

あ、勉強に対して、、ですけどね。

今のぽんたは果敢です~笑


ようやく硬貨も理解が進んで

今じゃ自分のお財布でお菓子を買ってきます(*^ω^*)

すごいぞ、ぽんちゃん!笑

関連記事
スポンサーサイト

タマさんへ

おお、久しぶりですね~(*^ω^*) とか言いつつ、いつも読んでますよ~w

うん、おかしいでしょ?
今まで寡黙を通してきた私でさえ「これ言ったほうがいいよね?」って思ったくらいだから、
支援が必要だから在籍してるのに(そりゃないんじゃない?)って感じなのですが。。

でもタマさん、鼻血は出さんでください。血がもったいない。笑
あ、私大阪ですよ?教育委員会って、、もしかして府庁直轄のって意味ですか?
ええーすごいー。タマさん、そこまで繋がりあるって尊敬しちゃいます~。

どうしよう、ムカついて鼻血がでそうだわ・・・・

その人は本当に支援の先生???

なんの支援もしてくれてないじゃないか。

ウチの子も、小さく切られたプリントですよ?

出来る量の問題じゃないと、難しいから・・・

しかも達成感を得るためにも、出来る量の問題数ですよ。
おかしいよ~~、そんな先生・・・

学校に言っても聞き入れてくれない場合は、教育委員会に相談した方が良いですよ。
特別支援法だとかで、相談に乗るし学校への指導もしてくれます。

むーにさん大阪ですよね?

教育委員会の人を紹介しますよ~~~~~。

お珠母さんへ

うん、それって支援じゃないよね。
なんかそばにいるだけで支援してるって勘違いしてる方多いような気がする。。

次男ちゃんも色々あったのね。。
今日も笑顔で過ごせますように(*^ω^*)

Re: すごいっ!

とめちゃんへ
おつかいをするようになると、やっぱり「かず」への興味は出てきますね(*^─^*)
ぽんたはお手伝いをしたら、そのポイントでおこづかいをもらうのですが、
「今いくら持ってるか」を電卓で計算するようになりました。笑

はじめてのおつかい、親も子もドキドキですよね~!
うちは、背中にガムテープ(布テープのほう)を貼って、
そこに「おつかいの練習中です。何かあったら助けてください。」って
マジックで書いて送り出しました。笑
かいとくんにも「はじめの一歩」の春になるのかしら?(*^─^*)

学校のほうは・・、支援センターの方も動いているし、
また打ち合わせないといけないかも。。がんばります( *・ω・)ノ

ありえない~!
いや、うちも次男坊がそういうのあってさ。

一時期、なぜか次男坊のクラスの支援担任が他のクラスを受け持つことになって、代わりに算数のみを教える先生が来たんだけど、障害児だってことなんか頭に無いって感じで出来ないと怒りのスイッチが入る感じで、しかも毎日家に迎えに来てたという先生でね。

指計算すると怒るし。

足し算と引き算間違えたら怒るし。

次男坊が学校に行くの嫌がった原因の一つ。

数計算認知の伝達脳の結び付きが 弱い子に叱ったってねぇ。

やり方ってのあるんじゃないの?

うちは学校行かなくなってから、ゲームに没頭してるうちに数に興味でて、最近やっと足し算できるんじゃね?!な兆しが見えてきたとこだよ。

先生のやり方がおかしいね。

すごいっ!

ぽんちゃんすごいっ!
お金持ってお買い物できるの、尊敬します。
だって、生活する上での必須スキルだもんね^_^
ウチはまだ。
この前はじめてのおつかいを見ながら、近いうちにやってみようか?とかいとと話したばかりです。

さて…
学校の先生話を聞く度に、ホント腹が立つ(♯`∧´)
何の為の支援級か?
個々に対応して欲しいが為の支援級なのに、その言い方はおかしいよ。
むーにさんの、書類を出してみたらと言う話もわかります。
学校の先生の対応について、細かい部分も含めてセンターのワーカーさん?担当の方に相談してみたんだっけ?
そちらサイドからのアクションも、訪問とか、一度行ってもらえたりするといいですね。
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。