07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

ママと同じ苦労は娘にさせたくない。

ここで書いたことがあったかしら・・・。


すみません、過去記事をあまり振り返っていないので
ちょっと記憶が定かではないのですが、、

たぶんですけどね。。

未診断ではあるのですが、、

自分は、娘同様・・発達障害者だと確信しております。

ただ、もう一定以上の経験を通してきてて、
悲しいかな、自分を「周り(定型)と同じことが出来るように」
ずいぶん遠回りしながら行動や思考を調整してきたので
定型の人たちのなかに汎化してるところは、あるかもしれません。

それでもやっぱり、
コミュニケーション力の凸凹というか、、
人と関わることへの思考の歪みからか・・・

40才を過ぎるまで、ずいぶん色々苦労をしました。


とくに。


ぼよよ~~ん、、としていた小学校時代は、
何も苦労なく・・・でも、ないか。
あ、でも、大きな事件もなく過ぎたので
それはそれで、よかったのですが( ;^ω^)


かなり遅すぎる「自我の目覚め」と「思春期」と「反抗期」が
いっぺんにやってきた中学あたりから、、

爆発的な自己発散による混乱と、
それを発することで生じる友達との衝突

いわゆる友人関係でのトラブル全開な日々が始まりました。


で、、結局は小学生のときと
本来の資質は何も変わらない。。

人間関係でトラブルが起こるたびに
その原因をとにかく「自分のせい」「自分が悪いからこうなったのだ」と

・・・・やたらそう思ってしまうのは、
やはり低い低い自尊感情ゆえなのか、、

結局は「本音としての自己を出すこと」を怖がるようになり、、

「何考えてるのか分からない」

一応、ちゃんと会話は成立しているはずなのに、、

付き合う人、知り合う人に、そう言われるようになったママでした。


・・・・きっと、、EQ(こころの知能指数)は低かったに違いない。



そんな感じで、何10年も、
人と関わること、関わり続けることに

何気に難儀してきたんですよね。。


あ、でも、パッと見はそうは見えないらしいです。
人当たりはすごくいいって言われるんです(笑)

接客業をやってた時期が、長かったせいもあるのか
「笑顔を絶やさない」「言葉を取り繕う」ことには
長けていました。

ママの自己肯定感は、そこで養われたといっても
過言じゃないくらいです。



でもね・・・
そういえば、昔はよく母親から、こう言われました。

「なんであんたは、自分から苦労するほうにばかり、いってしまうの?」って。


いや、そんなつもりは毛頭ないんですけど。。( ;´д`)ゞ

でも、、、この”苦労”というのも、
人によっては、本当にその尺度が違うので

よその人から見たら
「ふ~~ん、それだけ?」なのかもしれませんよ?苦笑


それでも自分では
やはり「苦労した人生だったなぁ」って

これまでを振り返ると正直にそう思うので

今・・・ぽんたを見てるとね、
同じ女性だからなのかな、、思っちゃうんですよね。


ママと似た道は通らないでほしいなって



とはいえ、今のぽんたを見ながら、、
自分の幼児期を振り返ると、さらに逆の発想が出てくるんです。

それは、、

ぽんたは”私とは違う性質をもった子”ということ。



だから、ママの時とはきっとまた違う悩みや
苦労が発生するのかもしれない。 


・・・・まあ、そんな風に思っちゃうのも
これも母心ってもんじゃない?

出来ることなら、しなくいい苦労は、
やっぱりぽんたには、してほしくないんだもの。


今の登校拒否は、彼女が自ら選択したものだけど、、
その状態を彼女はツラいと感じるのだとしたら、

やはり、どうしたら脱せるかのサポートはしたいと思うし、、


逆に今の登校拒否状態で、
まだまだ心と思考をクールダウンできるのが

彼女の要望だとしたら、
まだゆっくり休んでいていいと思う。


そういう意味では、色んなサインは見逃せないんだよね~

第一、、「言葉だけがサインじゃない」から。


そしてね。。。。
今の彼女と、以前の彼女を見ていて
ふと思うことがあるの。


今たぶんすっごくキツくて、しんどいんだろうなぁって
そうは思うんだけど・・・

それが、、この経験が

きっと彼女を成長させてくれるんじゃないかって感じてて。

そのための客観的な視点で見れる第三者はきっと必要で、、



それは・・
今彼女に一番近いママの役目なのかもしれない。





今日もお付き合いくださって、ありがとうございました(*^─^*)
花粉もだいぶ飛んでるようで、、ママの鼻もさすがにグズグズです。笑

どうぞ、笑顔な週末をお過ごしください♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


↑ 

良かったらお願いします。
どれか押して下さると次への励みになりますので(*'-'*)ノ
関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報