09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害があろうと年齢相応の大人の介入が必要な時。


この件に関しては・・・実はまだ日が浅いんです。

どっち(FC2かamebaか)のブログで書こうかなぁって、、
ぽんたの匿名性にも関わることなので、しばし悩んでおりました。


なので・・・すごーく曖昧な表現の記事になりそうなので、、
すみません、先に謝らせてください。


「なんや、それ。いっこも分からへんやん」
という方は、ここでポチッとクローズして頂ければ・・と思います。笑





事の始まりは。


ぽんたが不登校してる間に

他県から転校してきたAちゃんが、
ぽんたの再登校と同時に遊ぶようになって。

それは、ママから見ても微笑ましい姿だったのですが、、


いつのまにやらギャングエイジ世代に突入したと同時に
二人の間で”力関係”が生まれてしまったらしく

仲が良かったはずのAちゃんから
過剰過ぎる、いじめとも受け止めるからかいを受けたことから


ぽんたが学校に行かなくなってしまったことから始まります。




でも、ぽんたにしろAちゃんにしろ、、
ママから見た印象としての二人は

「お互いがお互いを利用し合う存在」


だから・・・ある意味「お互いさまな部分もあるよね?」
そんな考えも正直ありました。



小3ともなれば、そろばんや公文など、、
おけいこごとに力を入れ始める家庭も増えてきます。

下校後の友人関係からのトラブル回避という
考えのお母さまもおられるかもしれません。



でも、家庭の事情などで、
それが許されないというところもあるでしょうし、、


そのAちゃんのうちも共働きと聞いてはいるのですが
そういった類の何もしていないところを見ると、

やはり、何らかの事情があるのかもしれないのかな?
とは思っていたんです。




そのAちゃんから、”ある手紙”をもらったことで
さらに「学校へ行く気持ち」を削がれてしまったぽんた。


でも、、、Aちゃんの書いた文章の意図するところが、
実は「良くも悪くも受け取れる」内容、だったということで


(もしかしたら、お互いに誤解している部分はあったんじゃないか?)
という可能性を否定できない・・と思い始めていたママ。


確かにその内容は「上から目線な書き方」で差し向けてきてるので
彼女たちのなかでの「ちから関係」は、彼女が上なのだろうとは十分取れるのだけど

文章の端端から受け取れる「ぽんたちゃんだって悪いじゃん!」には
誤解があるようにも感じたんです。




で、ソッコー担任に連絡を取って事情を話し
放課後・・・直接彼女からの手紙を見せて話すことにしました。




ママから渡されて手紙を読んだ担任は、
まず、文面の最初に書いてある「ごめんね」を見て

多分、Aが本当に言いたかったのはコレやと思う
そう言いました。


でもね、先生。Aちゃんから何度も手紙をもらってきてて、
こんなに長い文章ってはじめてなんですよ。

きっとAちゃんは、何かよっぽど・・・ぽんたに
「伝えなきゃ!」「伝えたい!」気持ちがあったんやと思ったんです




学校ではけっして見せることのないAちゃんの下校後の様子。
お家の事情から抱えてしまっている彼女なりの苦悩があるんじゃないか、、
というところまで話を掘り下げていきました。



もちろん、Aちゃんだけじゃない。

お家の事情を親にも気づかれず抱えてる子は、クラスにも何人かいる。
けれど、Aちゃんはその発散をどこかでしないと自分が潰れてしまう・・・



そんなときにぽんたがおったんちゃいます?

ぽんたは不登校をしたという経験を持っていて、
やはりAちゃんと似たようなしんどさを抱えてる子っていう面で

Aちゃんにとっては、

同じ匂い、、というか
類は友を呼ぶ・・というか、

そんなものをぽんたに感じていたんだと思うんです。



ただ、ぽんたはAちゃんとは違う特性を持つ子だったので、
その特性でのこだわりが発揮されてしまった。。

Aちゃんのストレスの発散対象になるというのは
ぽんたにとってはしんどいことでしかしかなく

そこを拒否をするという行為が
今の状況を引き起こしたんじゃないかとも思えるんです。



でね、ぽんたには一応Aちゃんと距離を置こうって話してるんです。

大人だって、四六時中一緒に居たら、
お互いを気遣う一線を越えやすくなってしまって、
ささいな一言でトラブルになったりするじゃないですか。。

「そんなことは大人でもあるんだよ」って、
ぽんたには説明していたんです。



ああ、たしかにそうですよね。
本当にそうやと思いますわ。




自分の立ち位置が相手より上位でありたい。
そう思うようになる年齢になってきたんだと思うし、

子供たちは「先生の前」と「子供たちだけの時」を
使い分けることが出来るほど、成長している。

そして

相手がそう動き始めたことを「しんどい」と
気づけるようになったのも、ぽんたの成長した部分なんだと思うんです。




女性の担任ということでの細やかな気づきもあるのでしょうか

「たしかに、、、なるほど!」という感じで、
様々な部分でママと意見が一致しました。



学校では、決して見せることのないAちゃんの一面。


Aはそんな子じゃないと思って見てきたけど。。
もしかしたら私、、、少しA寄りに見てきた部分が
あったかもしれないですねぇ・・


担任はそんなことをポツリ、、と言いました。



それでね、先生。
このまま・・・この状態でうやむやになったまま、

あのふたりを放っておくのはどうか、と思うんです。

このまま次の学年にあがってしまって、
あまり知らない方が担任になってしまったら・・

それこそ、こじれたままになるんじゃないかと思うんです。




Aちゃん、パッと見は穏やかですけど、
内面に何かしんどいものを抱えてる子じゃないかと
それは、彼女が我が家で遊ぶようになって分かってきたんです。

その手紙の文面からも分かるように
「私は悪い子じゃない!」って発してるってことは、、

裏を返せば、
ぽんたママにも指摘され、

自分のことを「癒し系だ」と思ってくれていた担任にも
ぽんたとのトラブルを言われてしまった。


「私を悪く思わないで!」って
そう必死にサインを送ってるんじゃないのかなって。

だからこそ、その誤解を解いてあげたいし、
そこには大人の介入が必要だと思うんです。






そうなのだ。

Aちゃんがこの手紙を書いてくれたから
「ああ、そう思ってるのか」って分かったようなもので、

多分、、ふたりの間に誤解は生じていて、
でもってそれは、子供だけでは解決が難しくなってしまった。
(ぽんたが学校に来なくなってしまったのも、大きいと思う)

そう・・・二人にそれを解き明かす必要があるとすれば、
そこに大人の介入はあっていい。

いや、必要だと思ったママ。


いやぁ、お母さん。
そう思ってくれて本当に助かります。




と・・・いうわけで、
普通級担任との綿密な打ち合わせのもと、、

下校後、Aちゃんがウチにちょっと寄るという
おつかいを担任に作ってもらって

で、ぽんたとAちゃんの誤解があった部分を解き明かせるよう
ママがその場で二人の介入をする、、、

ということで、話はまとまり。。



でもね、どこまでぽんたがしんどくなってるかは
あの子も今は全然その件に関しては言わないから分からないのよ。

だから、もし失敗しちゃったら、ごめんね先生。


と、一応・・・そんな大人の介入が成功するかどうか
分からないってことだけは念をおして( ;^ω^)


ほかにも、他の子供たちのことや、
思春期になったら、もっとこれがすごいのよ~・・

なんて話をしつつ、、帰ってきたのでした。


あ、もちろんぽんたにも
「Aちゃんとの事で話してくるからね」
「実はウソじゃなかったのに、そう思われ続けるの悔しいでしょ?」
などと、面談する理由を話し。

「帰りにチョコ買って帰るからね♪」
そう約束して行ってきたのでした。



正直ね、
ぽんた本人はどっちでもいいって思ってるかもしれない。

でも我が子が「うそつきだ」って勘違いされたままで
この年度を終わらせたくないじゃない。

だって、本当に違うんだもん。くやしいじゃん。

そう思ってるのはママだけなのかもしれないけど!笑



ところが、

そこからさらに数日後・・・
ぽんちゃん、自分でAちゃんちに遊びに行くという、

ええー!!ママ超ビックリなんですけど~
な快挙に出るわけです。笑


とはいえ

まだ登校には繋がってないので、
「不思議だね~なんでだろうね~」な感じなのですが、


どっちにしても、下校後の調整?ってゆーの?
”お友達遊びが出来る曜日”の調整を計画中なママなのでした。



ああ、疲れた~


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村



良かったら押してくれると嬉しいです。
ポチッとの応援が今は本当に励みになってます(*'-'*)ノ




相変わらず長いお話で、本当にすみません。
今日も読んで頂けてありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。