09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特性そのものを自分軸に出来たらいいのに。

今回の記事は前記事同様・・・発達特性と9歳の壁≠自己肯定感と告知・・・
と・・内容が連続体としたものになっていますので

なきむしでいいじゃん♪

と、同時進行でアップしております。


前回と前々回はこちら ↓

9歳の壁と10歳の壁は別物だった。

9歳を越えた発達障害児にとっての自己肯定感とは?



今回この記事を書くきっかけを作ってくださった猫ママさんの記事は
こちら です。

良かったら、ご一読くださいね(〃▽〃)



そして、今回の内容は特に、、、

広汎性発達障害と診断されたぽんたを見てきて

今、登校拒否にある彼女に
母親として出来ることって何だろう。。。

そう思ったからこその、

考察であり、これからの方向性の模索をするための記事になります。


すべての発達障害児に当てはめることが出来るものとも
思っておりませんので、、

そのあたりは、ご承知置き頂ければ、、、と思います。




さて。


以前どこかの記事に書いたのですが(ごめんなさい。また忘れちゃった)

幼稚園の年長の終わり頃だったか・・・
はたまた小学校に入学したあたりからだったか、、


よくこんなことを言っていたぽんたちゃん。


『ぽんたね、今日○○の時、人気者だったの~(嬉)』

『今日はちっとも人気者じゃなかった!(怒)』



小さい頃から彼女は・・・”自分の評価”を、
”お友達から、どう接してもらえたか”に基軸を置いていました。


以前通った療育センターの先生とも、似たような話が出て


「ひとりでも過ごせるスキルを持ってる子は強いんだということを知ってください」

「必ず誰かしらの友達がいないとぐらつく子は、不安定になり易いんです」



・・・ああ、それってウチの子のことだわ。

そう思った時がありました。




自己肯定感という言葉を本気で考えるようになったのは、
ぽんたが小1の時に通ったペアレント・トレーニングがキッカケだったと思います。


最近は、その言葉に関してのアンテナが、ビンビン立っちゃってるからか、、

色んな番組で発達障害のことが取り上げられてる時にも
「出てくる単語」として、よく聞くようになったな~・・とも思うし、

実際、”よく使われる言葉になった”印象が強いです。



ひと昔前は「自尊心」のほうが、よく聞いたなぁって思うのですが。


自尊心=プライド ですよね。



以前・・・はじめて、心理検査としてバウムテストを受けた時、

検査が終わってからの聞き取りの際、担当心理士さんから
「ぽんたちゃんの印象を一言で言ったら、お母さんは何だと思いますか?」

そう聞かれ・・・

「プライドの強い子だと思います。」


そう答えたことがありました。



いやぁ~~ ( ;^ω^)
何でそう答えたか・・・は、全然覚えてないというか、、

あまり記憶にないのですが(苦笑)



ただ、今になって改めて振り返ると、、
自尊心の強い子が、自ら自己肯定感を低くするってことが・・

特に、それが発達に特性のある子の場合


やっぱり、色んな二次障害を発しやすい危うさがあると思うんです。



・・・すみません、すっごい他人事のように書いていますが、、
今は客観的にわが子を観る必然を感じて、、の記事なので、

(まあ、それも有りだよね)って苦笑して頂けるとありがたいです。




で・・・
前記事にも書きましたが


発達障害児の「あげていきましょう」と言われる自己肯定感ですが、

上げれば上げるほど・・・、で、下を見たときの子供の衝撃、、

想像できるでしょうか?


何故なら、出来ること以上に多く有るのが「出来ないこと」だから。
そして、そこに気づくから低いんですよね>肯定感


もちろん、特性以上に、お子さんの本質によっても
また、その子の自閉度によっても、ここは様々だと思うのですが、、


いわゆる「軽度発達障害」と診断されるお子さんは、

周りを見る力、自分と他者の違いに気づく力を持ってる子は
やっぱり多いと
思うんです。


「みんなは何か簡単そうにこなしちゃうのに、何で自分は出来ないの?」


そう気づく時が、やってきた時・・・


「でも、キミの出来ることを増やしたらいいやん」

私も、まるで「決まった解答」の如く、そう言っていたけど
それって何気に酷なことだって・・思いませんか?


「そうは言うても、私の出来ることって、みんなはとっくに出来てることやん」
と。


そうなんです。

それが特性であり、発達障害を持ってるキミ自身の本質なんだよ。



とは!簡単に言えません。

これは告知です。笑




でも、発達障害を持つわが子が

「人と違う特性のある自分」を自然な形で受容したうえでの
自己肯定感を持つようになったら・・・


それがどれだけ本人を励ます糧になるか、、は想像もつかないのですが。。。


その自己肯定感こそが、「自分軸」であり
発達障害児を助けるんじゃないか
って思うんです。





ただ、、、


ただ、ですね。



やはり、そこに行き着くまでに何よりも必要なのが・・・。

一番わが子に近い人。

一番わが子の特性を把握してる人。

・・・の、安定した精神状態だと思うママ。






まだあと少し、、続きます。



いつも長い文章ですみません( ;´-`)。oO
今日もここまで読んでいただけてありがとうございました。






「なるほど、なるほど~」と感じた方がいたら
ぜひ押して頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Re: とても分かります

ナカリママさんへ

いやぁ・・本当に一緒ですね。
うちも「お友達軸」からの挫折経験を積んでるといっても
過言じゃないですから・・・。
でも、だから、そこを崩したいんですよね。母親としては。
もしくは「案外何とかなった」経験を積ませたい、、かな。

でも思考の持って生き方も、、結局は本人がそう選択して
「親の思い子知らず」で行ってしまうので・・。
切ないけどどうしようもない部分もあります。

次の記事はズバリ「告知」です。
もうナカリさんは受容してるんですよね?
ナカリさん視点で読んだ感想を頂けると、私も勉強になるので・・
あ、本人の負担になるようならいいんです。無理はしないでください。
でも良かったら感想教えてくださいね(。・ω・。)ノ

とめちゃんへ

そうですね~。感情や思考にも複雑さが出始めると、
内面のサポートに対して本当に障害理解を要されるように
なると思うので、、なかなか一筋縄ではいかなくなりますよね。

新年度・・・お互い頑張れるためにも、春休みゆっくりしましょう(^ω^)

ひよこ母さんへ

うーん、壊すって言い方がまずかった?
崩す・・でもいいんだけど、だいたい低いのに
「肯定」って単語がつく「肯定感」ってのも変って思って。笑

次は告知の話です。
もうこれは人それぞれだし、賛否両論な話だと思うから
無理してコメントしなくてもええよーん♪

とても分かります

いつも考えさせられる記事をありがとうございます。

うちは、この「壁」で、しっかりつまづいてしまいました(全く参考にならないパターンで申し訳ないですが)。
幼少期から横で見ていて切ないほどに友達を求め続けたのに・・・挫折経験が今度は逆に恨みつらみになり・・・すべて「私がみんなと『違う』から外されるんだ!自閉症のせいだ!」と怒りのエネルギー爆発(涙)

昨年の入院時の検査では「自己肯定感は決して低くない=大切に育てられてきた証拠」と、励まし?のような評価をいただいたものの、
高すぎる目標や他者と比べてしまう傾向(自尊心?)に対して、うっかり「モノ」言おうものなら、それがまた爆発を招いて、こちらが深く傷つきます。

すみません。
・・・続きの記事、楽しみに待っています。

勉強になります^ ^

ようやく自分と他者を気にかかるようになった息子にとって、おそらく今年度は自分と他者の違いに気がつくのではなかろうか?
そんな気がします。
気がついた時にどう手を差し伸べるのが良いのか、サポートの仕方もより内面へと向かい難しくなっていきますね。
それに加えてこれからお友達と一緒に活動する機会を増やそうと考えていることもあるので、慎重に進めないといけないかなと思いました。

分かってきましたよ(*´ω`*)

前記事で
:低い自己肯定感を壊す:
の意味するところがピン!とこなくて
(頭が錆びてるわ( ´△`))

チビ助の習い事も見学せずに
むーにさん・猫ママさんのブログを
読み返して頭をギシギシフル回転させて
みました( 〃▽〃)

やっと分かってきたよ
分かってきたよ~!!
まだ文章には、表せないけど(多汗)

続き楽しみです。
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。