07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

ママにとっての我が子の「9歳の壁」と「自己肯定感」

彼女の「そのまま」を受け止めることが
よその人から見たら「悪」と受け取られても、、

やはり「なぜそうなるか」を探りたい。



必死だったんです。



きっと色んな人に迷惑をかけたと思うし、
泣かせたお友達もいっぱいいました。


「ごめんね、ごめんね」


その場で既にパニックになっている
ぽんたの代わりに謝りながら、

「なんで、そんなことをするの!?」

とは、到底言えなかった。


ママがどうしても彼女に激を飛ばすことが出来なかったのは

なんで(パニックや癇癪などの)行動を起こすのか
どうしてそうなってしまうのか


・・・その理由を見つけたかったから。



ぐるぐる回転する思考をめぐらせながら

彼女の行動に本当に注視し続けて


もしかしたら、こうなんじゃない?
あ、先にこんなことがあったから、こうなったんじゃない?




そう・・自分の中で仮説をたてて、

予告を事前にしたり、お友達との会話に聞き耳をたてたり、


・・・で、また不適応が起こると、
「なぜそうなったのか」を検証して仮説を立てる・・・。

で・・・また実践を繰り返す。



私の療育は、ここが原点でした。



怒るより教えたい。


ぽんたが理解して、納得してはじめて
療育も「うん、分かったよ~」って的を得るようになる。


本当にその繰り返しで。


多分、こんな風に振り返って言葉にすることはなかったんだけど
・・・本当にそんな感じな毎日で、、

ずーーっと、そうやって幼児期を過ごしてきました。



ここのところ続いた【発達特性と9歳の壁】カテゴリの記事で、

最後は告知にも触れたわけなのですが・・・。



どうにも、最後は端折った感が強くて、、

いや、端折ったんです、多分。すみません。。。



なぜかと言うと、

発達障害児を育てる大変さは、本当に多岐にわたりますよね。。



その困難は、


身内や親戚を含めた家庭や、

幼稚園や学校などの集団生活・・・

もちろん社会に入っても


当事者である本人や親兄弟にとっても

すっかりきれいにラクになることはないんです。


だから、「障害」と銘されるわけで。。。



ぽんたの診断から、今までにも様々な困難がありました。

理解出来ない・理解されないことも
次から次へとやってくる。。。


しかも「パッと見」には、そうとは見えない。


「ええ~全然フツーじゃん」

必ずそう言われるわけで、本当にフツーなら嬉しいとこですが

実際は、混乱してギャン泣きしてる我が子を抱えて
ひとり途方にくれてるわけで。



でも、ある程度の年月が経つと、、何か慣れてくるんですよね。


「うん、そうだよね~。」
「そうなっちゃうよね~。」

「ああ、またそうなっちゃったかー」って。苦笑


家庭で取り組むようになった様々な療育も、

パターンにハマってくるようになるので

ああ、ずいぶんラクになったな~って部分と、
新たな課題が出てきて、、「問題はそこかー」みたいな

まぁ・・・それで凹むこともあるんですけど。


それは、正直、「親の視点」であって、


じゃあ、子供自身はどうなんだろう?
今、どんな精神状態なんだろう?



今までの混乱した幼児期を通り過ぎた自分が

そう・・・我が子の状態を客観的に見つめようと
単純に寄り添う、ということではなくて

自分と「子供」の問題の”境界”が出来るようになってきたっていうのかな。。



現実は今、ぽんたは9歳の壁にぶつかって、つまづいてしまってる。

で、、「ほんま、しんどいわ~」は親の視点で

「今、何がしんどくてそうなってるんだろう」は、
子供自身の問題として見てみて、
客観的に「出来ること」を模索しはじめた

そんな感じなんです。今。


ちょっと上手にいえないんですけど。。。



最近、仲良しのブロ友さんとか、ママ友さっちゃんとよく話すのが

中学校は?高校は?・・・でその先は?

もうソコをしっかり考えていきたいよね、、、って。


で・・・ぽんたには、きっとまだ伸びしろがある。。



でも、不安定な状態に陥ると、一気に落ちてしまう特性があって、、
しかも、落ちてしまうと伸びるどころか、後退してしまうという。。。

本当にね、軽度(知的)まで一気に落ちちゃうんです。



それじゃあ・・

落ちないように出来ることって何?
安定していけるために出来るとこって何?


冴えない頭で、、そんなことを必死に考えてると

どうしても浮かんでくるのが「自己肯定感」。。。


でも、現実問題、低いんだ。
肯定なんて、定型の考えでいったら「ありえない」くらいで。

二次障害も基本のものとして背負ってしまってるし、
そこから目を逸らしてみても

特性からいきなりフラッシュバックすることもある。


マイナス面から逃げ続けられる?
そうゆう環境においたら、ぽんたは喜ぶ?


「おおきくなったら、ぽんたもパジャマパーティがしたいの」
「中学生になったら、ぽんたはスマホを持ちたい」



たいしたことじゃないかもしれないけど、

そんなぽんたの夢を

今より年齢を重ねていった時に
安定して出来るようになるぽんたでいて欲しい。



だから・・・笑って

「そう、そこ変だよね~」って、
一緒に笑い飛ばせるくらい「ちょっと変な自分」を

受け止めて愛せるようになって欲しい。


そう、これが、ママの出した

発達障害をもつぽんたにとっての本来の自己肯定感でした。


まだまだ長い道のりだろうなって思うし

辛くてどうしようもなくて、ぽんたを抱きしめて泣くこともあると思う。


でも・・・ちょっと変わってるぽんたが、
繊細で面白いぽんたが

ママは大好きなんだ。


だから、9歳の壁なんかで潰れるものか!


次の思春期もドンとこい!


とか、言いながら陰で泣いてそうだけど、笑


まだまだ模索と実践と検証を重ねながら、
ぽんたの観察と育児を続けたいと思います。

自己肯定感はママには上げられないんだ。

あげるのは「ぽんた自身」だから。






いつも長い記事ですみません。
今回も読んでいただけてありがとうございました。



「なるほど、なるほど~」と感じた方がいたら
ぜひ押して頂けると嬉しいです。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

ナカリママさんへ

今日はお出かけなんですね。
気をつけて行ってらっしゃい♪(。・ω・。)ノ

確かに、壁を必ずしも乗り越えられなくても、穴をあけて抜けられるのなら、
それはそれで、全然オッケーなんじゃないのかなって思います。
ナカリさん、カミングアウトしようとしたことがあったんですか?!
それはそれは・・・なんか想像を絶してしまうのですが・・・。
はい、またナカリママさんのところにもお邪魔しますね。

実は今回のこの記事を書いたのは、本当に猫ママさんの影響が大きくて。
おけいこごとの関係なんですけど、色んなタイプのたくさんのお子さんを見てこられて、
だから「小3小4ってすっごい大事なんだよ!」って教えてもらったんですよ~

まだまだ、うちもどうなるか分からないわけですが、あきらめずに自分のメンタルも大事にしつつ
ぼちぼち進めたらいいなって思ってます(o^─^o)
コメントありがとうございました♪

No title

owlさんへ

本当に親ははらはらしながら見守るしかなくって・・・
どっちに転んでも子供の発するエネルギーって本当スゴイと思う。
ちび姫ちゃんもきっとママが心配してるのんにも気づいてるんでしょうね~
もし私がぽんたから「だいじょうぶ!」って言われたら、やっぱりさびしいけどそれでも手は出せないかもしれない。

色んな意味で難しい時期なのかもしれないけど、
「がんばれ!こどもたち!」
私たちもしっかり見守りつつ、ここはってところでサポートできるように、メンタルの安定に努めましょうねっ(実はここが一番大変だったりして。笑)

No title

こんにちは

先のコメントにお返事ありがとうございました。
実は一昨日から親子バトルで落ち込んでまして、
自分の頓服を目一杯量飲んだせいかフラフラ状態でした。
(精神科のお薬はすごい!)

今日はこれから親子でカウンセラーさんのところに行くので、
また落ち着いたら、
「告知」についての本人の意見感想を聞いてみます
(私自身も知りたいから是非!)。
気長にお待ちください。

なお、「告知」後、本人が小4の時、(本人も母も)張り切って、
クラスの他の保護者に「カミングアウト」しようとした記事を
(結局未遂に終わった内容ですが)ブログに載せてるので、
良かったらご参考まで・・・。

ひとつ前のひよこ母さんの長いコメントも今回のも、
うんうんと共感しながら読みました。
みなさん、しっかり繋がってらして、いいなあ~と励まされます。

うちは19歳なので、9歳10歳の壁を折り返した年齢なんだなあ。
(高い壁に阻まれて越えられず、下に穴をあけて何とか通り抜けた感なんですが・・・)
うむむむ。
思春期越えてもまだまだ先は長いです(*_*;)
(希望を示せる先輩じゃなくて、重ねてすみません)

いつもいろいろ考えさせられます、ありがとうございます。
また来ますね。取り急ぎお礼まで。

そうだよね

9歳の壁、納得しながらうなずきながら読んだよ。
そしてこれから来る10歳の壁・・・
まだまだ手助けは必要!って思う。
ただ、生理が始まって「私はお姉さん!」って思い始めたのかな?
「大丈夫だから!」って言われることが増えたの。
ちょっと寂しい気持ちもあるけど、
チビ姫の様子を見ながら『どこまで手助けできるか』を考えてるとこです。

うちも今日から春休み。
4年生からのいろんな不安もあるけど、
頑張っていかなきゃですね!

ひよこ母さんへ

そうなんですよね〜。
結局、最後は本人の意思になるんです。
でもやるだけのことはしたいし、言うてもまだまだ小さな女の子なんだから、手助けはいいんじゃないかな?って思ったりもします。
この加減も難しいんだよね〜。

サポートブック
今年は私も作る予定です。
一緒に頑張ろうね(o^^o)

ホントにそう思います。

長い辛い道のりかもしれないけど
自分自身で乗り越えてもらわなきゃね

娘の人生に親が手助け出来る事なんて
ホンノ少しなんでしょうね

サポートブックの件、
ありがとうございます。(*^O^*)
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報