05
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

表現の仕方が少数派なだけ。

終業式には、やはり出ることが出来ませんでしたが

事前にアポを入れていた放課後の時間には
ママと一緒に教室に置いていた荷物を取りに行くことが出来ました。


でも職員室で受け取ったので「終わった感」は無いようです。


相変わらず表情のない能面のように固まったまま
先生と挨拶をしたぽんたちゃんでした。


斜線が項目の殆どを占めるようになったあゆみも無事受け取り

出席日数を確認すると・・・約2/3は”出席”でした。

その全てが遅刻での登校だったのは、言うまでもないのですが
本当によく頑張ったなぁって思います。



完全不登校になる前・・小1から始まっていた二次障害。

心の休養と安定保全が最重度優先だと学校側に話して
学校から隔離するタイミングが遅過ぎたんだと思います。


その症状は多岐に渡りました。


ママが疲れて眠りに落ちてしまった後、

朝になっても眠ることが出来ずに起きていたぽんたに気づき
「ベランダから飛び降りるんじゃないか!?」

そんな予感が走り、冷や汗とともに飛び起きたことも何度もありました。


だから、年度が変わって小3になっても
(まだまだ休んでても全然オッケー)だと思っていたのに

ぽんたが自分から再登校を始めるだなんて・・・


なんだか奇跡のようにも思えましたし、

まだ無理しなくていいんだよって心配でもありました。



前回の不登校は、支援学級の先生からの不適切な対応と無理解が
引き起こしたものという認識があったし、

だから再登校をはじめた時も
学校側もとても慎重にすすめていてくれたと感謝しています。





この数日、9歳の壁をテーマに記事を書いてきましたが
ちょうど9歳を迎えたぽんたが

まさか本当にそのタイミング通り
『出来ない自分』に気づく気持ちが芽生えると思ってなかったので

本当に・・・子供の成長しようとする力って
親を含めた周りには予測出来ないくらい

”いきなり”くるんだな~って、実感しています。




で、終業式のあったその夜。

いや、実はブロ友さんの記事に

「お疲れさんで回転すしに行ってきた~」ってのを見て
いきなり「行きたい!」と思い立ったママ。笑


どっちにしろ家事をすることに気持ちが持ち上がらなくて
「今晩の用意どうしよう・・・」
って思ってたから、その記事を読んで便乗しちゃったのね。笑


暗い夜道、二台の自転車を走らせると、

いつも車のなかで話し出すのと同じように
時々自転車を近づけては、ぽんたはママに色々話しかけてきました。


ところが、お店に到着して、いざ食べ出すと・・・。


何なん?何か調子悪くなった?


あ、この場合の「調子」ってのは
何か・・うまく説明できないのですが・・・

精神的な何か、、な不安定さがその様子に出るんです。


視線が不自然に飛び、話し始めても言葉の羅列になり
・・・なんとも言えない特異な様子。


うーん、、何がアカンかってんや?


そう思いながら、「ごちそうさま」して店内を出ると

「知ってる子がいた」
「ぽんたに気づかないかなーって」



・・・を、その場では言葉で表現できずに、
なんとも言えない不自然な様相を見せていたことが


店外に出てからいきなり喋りだした、ぽんたの言葉を繋ぎ合わせて
ようやく分かったのでした。



「なぁんだ~。ぽん、変な表情やなーって思っててんよー笑」


「ええーっ、そんな変な顔してたんー?笑」

「だって、めっちゃ目が挙動(キョド)ってるんだもんー笑

「あははは!!!ママ~ぽんた、そんな目になってたかなーってか分かったんだぁ」

「当ったり前じゃん!ママ目を見たら分かるんだよー」


二人でゲラゲラゲラゲラ笑いながら


「あのねーどんなに心の中を隠そうとしても、人って感情が目に出るもんなんだよー」

「えええ~~、そうなんやー笑」

・・・いや、自閉のひどい時は、逆に表情で読めなかったりするけど(=ω=; )


真っ暗な道を、ずんずん自転車を走らせて
そんなことを話し、時折二人で笑いながら帰ってきたのでした。


そう。


人から見たら、すっごい変な自閉ちゃんの様子でも
笑えるくらい自然なことだって教えていきたい。

表現の仕方が少数派なだけ。
誰にでもある その感情の出し方が違うだけ。


これからもどんどん・・そんな風に話していきたいね。



あーあ。。

今日はせっかくのママの休日なのに、
結局ぼ~~っとしたまま終わっちゃいました。


今まで〈探偵はBARにいる〉を見てました。

実はママ・・高校の時に家出して札幌に行ってるのよね~。笑



すすきのビル、懐かしかったわー。笑






「なるほど、なるほど~」と感じた方がいたら
ぜひ押して頂けると嬉しいです。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

とめちゃんへ

こんばんは♪

うちの娘も「もぉママは~。。。はいはい、こうでしょ?」みたいな、、笑
やたら「どっちが上なん?」と聞きたくなるような事を言うようになりました。

やはり同性だとこうなるのも早いのかも?と思いつつも、言われた時は苦笑してしまいます。
で・・・支え合ってるかどうかは、正直なところ分かりませんが、
確かに同性ならではの気楽さはあるかもしれませんね~

こんな稚拙なブログですので恥ずかしい気持ちもあるのですが、
リンクはどうぞご自由にお使いください。よろしくお願いします。

追伸なんですが…
もしむーにさんがいやでなければなんですが、リンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

私が娘とこうなりたいなぁと常々思っていますが、同性なだけに気のおける友人?みたいな関係目指してます。
正直どちらが上?と言いたくなるんですが(苦笑)
むーにさんとぽんちゃんもその領域に入ってますよ^_^
お互いに支え合う関係、良いです^ ^
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報