05
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

ギャングエイジだろうと遊びたいのは誰でも同じ。


然るべき時の、第三者の介入が必要なことも、まだまだ出るだろうと
そう思いながら、、の、ぽんたの小4が始まりました。

まあ、でも、介入ってひとことで言っても

『じゃあ、それって何?』
みたいな話しになると思います。



そうじゃなくても、幼児期などには、

子供同士のやり取りのなかに親や保育の先生が入ることも多く
わざわざ介入なんて言葉を使うこともなく

日常的に「こんな時はこう言おうね」とか
「もし自分がそれをされたら、どんな気持ちになるかな?」

みたいに、、人とのやり取りで起こるさまざまな場面での促しは

「この年齢の子達にはまだ必要だものねw」
みたいに母親たちも一様に思ってると思うのですが・・・。




ところが
発達障害と云われる子どもたちにとっての「関わるスキル」は

定型のお子さんたちが”なんとなーく”覚えてしまう部分に
やはり困難を抱えてることが多く

わざわざ「スキル」と表現しなければならないほど
覚えるための技が必要だったりしますよね。。。


それで、SSTのように・・いちいち説明が必要だったり、
実際には思い込みの強さからか、はたまたこだわりからか、

人との関わり方の誤学習することが少なからず多いんじゃないかと思うんです。





あ、書き出しから逸れまくってしまってました。苦笑



いや、実は、、、

去年度のクラスの子達と遊ぶなかで
友達に対して恫喝のような扱いをする子がいました。

その子にとっては、遊び・おふざけの一部だったのかもしれませんが
ぽんたにしたら恐怖でしかない。



「ぽんたちゃん、○時に行くから!」って約束させられてしまうと

『ねえ、ママ。どうしよう、どうしよう( *゚Д゚)・;'.、』
『なんて言ったら、怒らさずに断れるかな?』

・・・・逃げの一手ですね( ;゚─゚)

そんなことが何度も何度も続いていました。



でも、一年生の時から
ぽんたの送り迎えをしたりしていたなかで

なぜかママの注視に飛び込んでくる子だったので
どうしても、ぽんたが言うほど悪い子とも思えない・・

と、いうか

その子の抱える家の事情も、
それとなく本人から聞かされていたので


少し構いたい気持ちが、ママのなかにはあったわけで。



で・・・また(笑)約束をさせられた、、と、いうわけで
朝から嫌がっているぽんたに少し話をもちかけてみました。





ねえ、ぽんた。
ぽんたは、○○ちゃんがコワイことを言ったりするから
一緒に遊ぶのがイヤなんでしょ?

でもさぁ・・・いつもぽんたは
「ぽんたと同じ遊びが出来る子がいなくて、つまんない」
って言ってるやん?

○○ちゃんは、たしかにコワイことを言ったりしちゃうこともあったけど
ぽんたと同じ趣味を持ってる子なんちゃうん?
だから前は遊んでたんでしょ?

だったら、ママ、○○ちゃんに
「ぽんたはコワイことを言われるのがすごく苦手な子やねん」
って説明してみるから。

それで、もうコワイことを言われなくなったら、
ぽんたも遊べるんちゃうん???





『うん、それなら遊べる』
『それならいいよ』





・・・実はね、その○○ちゃん。

あまりの口の悪さに、遊んでくれる友達が少なくなってきてるようなのでした。
まあ、当たり前っちゃー当たり前。笑

誰だって、
「死ねや、こらぁ」なんて言われて、、、

特に女子、、ですよ?

女の子が遊びの中だからって、そんなんしょっちゅう言われてたら
私だってドン引きですもの。



でも、口の悪さとは別のところで
すっごく良いところもある彼女。



かなり以前の話になるのですが・・・

まだ、ぽんたが補助輪つきの自転車に乗っていた頃


その子と一緒に遊ぶために出かけたのはいいのですが、
補助輪つきの自転車だと面倒だったらしくて

ぽんたは走って行ってました。


そこで、別のクラスの子とすれ違ったときに

自転車で走る○○ちゃんと、ひた走るぽんたを見て
(走ってついてくるぽんたと、わざわざ遊ぶなんて)

「かっわいそー!」と、冷やかしが飛んだ。

ぽんたは瞬間、自分を恥じるような気持ちになったようでしたが

「うっさいわ!だまっとれ!」

ピシャ!っと、冷やかした子に一喝を入れたらしくて
後からそれが嬉しかったようなことを、ぽんたから聞いていたんです。




そんな子だったので

一時の感情だけで、ぽんたが全然遊べなくなるのはもったいない、、と
そう感じていたママ。。。


時々でいいから、たまには接触しててもいいんじゃないのかな?

そう思って、口を挟むことにしたんです。




あら?また長くなりそうです( ;^ω^)
続きは次回へ。。。






今回も読んでいただけてありがとうございました。


ぽちっとレスポンスを頂いてることが記事を書く励みになっています。
ぜひ押して頂けると嬉しいです。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報