09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の理論の壁。

もうじきGWがやってきますね~ (。・ω・。)ノ

連休の過ごし方の計画をたててらっしゃる方も多いのではないでしょうか?



我が家はぜーんぜん無いまま、突入するかもしれないのですが

とにかく「気分次第」な性分のパパが
『○○行くぞ!』みたいに無計画で行動に、、、というのが

我が家の場合は常ですので・・・

ママやぽんたは特に何も予定を考えず、フラットな気分でいれば

もしかの、まさかの、「何も言わんとパパについてこーい!」にも
たぶん、耐えられるだろう(笑)と

そんなことを考える土曜の朝なのでした。




さて、、、

この1週間ほど、我が家は(と、いうよりママとぽんたは)

絶賛「まんが祭り」でして。笑



咲坂伊緒の「アオハライド」や、水城せとなの「脳内ポイズンベリー」など
レンタルコミックで借りてきまして、、

ぽんたと一緒に、夜中はふたり黙々とマンガを読みふける時間を
過ごしておりました。


少し前に、

同じ咲坂伊緒の「ストロボ・エッジ」を全10巻制覇したぽんたちゃん。
マンガを読む楽しさを知ったようです。

しかも・・・  あ、読んだ人います?

まあ、、ティーンエイジャーの恋愛物なのですが
行きつ戻りつして、主人公の恋が成就するって話なのですが

その最終巻で、ぽんちゃん号泣。


おお~~ 分かるんだ。

そうそう~ その入り込んで読む、共感するってことがいいのよ~


そう、ティッシュでずるずるの目鼻をふきふきしてるぽんたの横で
彼女の成長をほほえましく感じていたママなのですが。




今回は、それよりちょっとだけ「言葉の世界」が大人向けな「アオハライド」。。。


かるーく死生観が出てきたり、
トラウマを抱えた子がどう向き合うかって内容も出てくるので

そこを読んで、彼女はどう捉えるだろう、、とも思いながら

ストロボ・エッジよりも少し時間をかけて読んでいるぽんたを
見ていたのですが・・・。



『ねえ、ママ!なんで双葉はわかんないの!!!』

はぁ?

『だって、洸はほんとは双葉が好きなのに、どうしてわかんないの!?』



どうやら。。

主人公の女の子だけじゃなく、
その子が好きな男の子の内面の葛藤も描かれてるので

そこを読んで知ってるぽんたにしてみたら
「主人公もわかるはずじゃん!!」
って、思ったようで。苦笑


もちろん、そこは、マンガとしては描かれているけど、
洸の心の中は、双葉ちゃんは知らないんだよ。

傍から読んで分かってるぽんたには分かるかもしれないけど
実際に双葉ちゃんに洸が言ったわけじゃないんだから、

知るわけないじゃん(笑)



・・・そう、ママに説明されて

しばらく考えたのち、、、「あ。そっか。(´;ω;`)」
そう気づいたわけなのですが・・・。



(おいおい、サリーとアンかよ)笑

思わず、その課題が頭に浮かんで可笑しくなってしまったママでした。



『サリーとアンの課題』

知ってる方も多いのではないでしょうか?



サリーとアン1
サリーとアン2
サリーとアン3
サリーとアン4



ちょっと見にくかったらごめんなさい。

これは、自分以外の視点(この場合サリーの視点)に立てるかどうか、、、
いわゆる「こころの理論」をテストする課題なのですが、、

この課題は、健常のお子さんでは4~5才ぐらいでパスすると言われていますが

いわゆる自閉傾向を脳気質として持っていると、
この心の理論の課題でつまづく子が多いとも言われているようです。


実は、この課題・・・

だいぶ以前に見かけたときには、気にも留めてなかったママなのですが

つい最近、また別のきっかけで目にすることがあって、
ぽんたに見せたことがあったんです。



そのときは、ビー玉の箇所がお人形になってる絵を使ったのですが
彼女は『カゴだよ』って言ったんです。


「おおお~~、ぽんちゃん正解だよ!」ってビックリしつつも
「よく分かったね~」って言ったら

『だって、人形はオモチャのカゴに入ってるものだもん』


ん??


・・・・・・他者の視点に、、、ってわけじゃないのか。。
クリアしてないじゃん(苦笑)



って、そのときにも思ったのですが、、、

今回の「アオハライド」で、けっこうリアルに他者の視点にたつってことを
瞬間的にクリアしていないぽんたの発言に

(なぁるほど~~~)って、ハッキリ感じたわけです。



と、、なると、、、

現在、登校できてない理由の一部に

ある子から「ぽんちゃん、ずる休みやん」って言われてしまって、、、
というのがあるのですが、

というか、、、そんなことを言ってるのは、その子だけなのに、
”まるで全員がそう認識してるように捉えてしまってる”

ぽんたの認識に、、「心の理論」の壁があるんじゃないか、、って

そんな風にも感じたママなわけで。。



まあ、どうするか、、って言ったら。

「そうじゃないんだよ」って
ぽんたが納得するまで説明するか、、、

他のお友達との関わりでも、「そうなんだ」って
安心できるようにもっていく、、、


ぐらいかな~~って思ってるのですが。



なかなか、一筋縄じゃないですね~~~( ;^ω^)






あ。

ちなみに。


何度も何度も、この課題をやらせようってのは控えましょうw


生活のなかで・・・のほうが、もっとたくさん課題となってることが
実際は多いでしょうし。。。

それにこれは、、、本当に心の理論をクリアできてるか・・・の
ひとつの”目安”と思っていただけたら、、と思います(。・ω・。)ノ









今日も読んで頂けてありがとうございました。




ぽちっとレスポンスを頂いてることが記事を書く励みになっています。
ぜひ押して頂けると嬉しいです。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

owlさんへ

こんばんは(^ω^)
チビ姫ちゃんは、そうだったんだ~笑

そういえば、、ぽんたはこの課題をやったかどうかすら知らなかったの。
で・・・本当にわりと最近やってみたのね。
「おもちゃはオモチャ箱に入ってなきゃならない」こだわりが勝つって逆にビミョーだった。笑

No title

『サリーとアンの課題』かぁ~
チビ姫は見事に「箱!」って答えたよ(笑)
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。