05
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

発達障害児におけるヘルプと迷惑の分界点。


『発達障害児が誰にも迷惑をかけずに生きていけるのか?』


って、言うより・・・・
誰にも迷惑をかけずにいけるんだったら、

その時点で
もはや障害とは言えないともいえるんじゃないか?



ああ、そうだ、そうだ。
こんなことがあったんだったわ~

って、またもや思い出してしまって、、、の
ちょっぴり複雑な思いになってしまってる過去のことを

ほじくり出してみようと思います。



・・・というより、、思い出さなきゃいいのにね。


過去は過去のものとして、、忘れられたらいいのにって

つい思い出してしまった後で、
なかなかその思考から離れられないときは

本当に心からそう思います。





それは、ぽんたがまだ幼稚園児だったときのこと。

その頃のママは幼稚園での役員を引き受けていたので
わりとマメに幼稚園に通っていたのですが、、


集団になじめず、そこから逃げるように
パニックを起こしては走り回ってたぽんたの様子を

背中にひしひしと感じながら
PTA行事のために他のママさんたちと作業をしていました。


たしか・・・バザーかなんかの仕事をしてた時だったと思う。


あ、、、ここで補足なのですが。

当市では発達障害児を私立幼稚園では、あまり受け入れない園が多くて
特に療育園から転園、、となると

公立の幼稚園か、公立の保育園へ、、という流れのようなものが
園側・保護者側ともに、意識的なものとして出来上がっていました。



なので・・・そのPTAの集まりのなかにも、、
まぁ、、他にも発達ちゃんのママさんがいたりしていたのですが。。。


隣り合う人と何とはなしに雑談を交わしていたそのとき、、
ある言葉が聞こえてきたんです。



『やっぱり、ひとに迷惑をかけないように教えていかないとね』

「うん、そうですよね~」



それは、、発達ちゃんのママと園の主任先生の会話でした。


瞬間的に、その内容が耳に入ってしまって
・・・正直、胸がざわつきました。

人に迷惑をかけないように

・・・・って、そんなん、、どう考えたって無理じゃない?


だって、人と関わり合いながら、誰しも生きていくわけで・・

そのなかでも発達特性のある子は
どうしても何かしらの支援を必要としてる場面がある、、

っていうか、、、「ある」から「しょうがい」と云われるわけで。



私が考え過ぎてるんかな?

彼女が『メイワク』って定義したかったのは
法的な支障・・・つまりは犯罪とか、そういうことを言いたかったのかな?

そんなことを頭のなかでグルグルさせながら、、


つい聞こえてしまった『メイワク』って単語について

そのときは、
いつまでもいつまでも、、

頭の片隅に残っていました。



誰だって、自分と関わるひとに迷惑なんてかけたくないよね?

迷惑をかけるようなことに発展した場合なんか特に・・・
ある程度まで発達した知能の持ち主だったら

迷惑をかけた自分を卑下するかもしれない。


迷惑をかけるつもりなんて、それこそ全然ないのに
『え?どうしてそうなっちゃうの?』

ってことが突然降ってくる・・・・。



社会性の障害、コミュニケーションの障害、想像力の障害

いわゆる認知障害と云われる所以なのですが、、



『は?』『え?』

・・・と思ってるうちに周りの状況が動いて
トラブルになってることも多くて



うう・・・書いてて辛くなってきた(´;ω;`)

モロ自分のこととも被りまくってるのですが。。。。



でも、、、だからこそ、

「何でこうなったのか分からない」ヘルプを伝えるスキルは重要で
そこを受け止められる相性のいい理解者を見つけることも

・・・・そこはさらにもっと重要で。



『なんだよ、アイツ~。ほんっと迷惑!』
って思われてるんだろうなってこと、、

ぽんたと一緒にいても、
ぽんたに対して・・・そう思ってるんだろうなってことも


幼稚園での、その主任の対応で気づいたりして・・
砂を噛むような思いも、正直したりもしました。



が、迷惑かもしれない、、、けど

必死に向き合いたいよね。



一番困ってるのは、当の本人なんだもん。


そんな感じで、当時のママは自分を奮い立たせていました。
・・・今、そこの真っ最中な方もきっといらっしゃるのでは?


でも、だいじょうぶ!

分かってるひと、いっぱいいるから。
ちょうど今は近くにいないかもしれないけど、絶対いるから。


心折れそうになる瞬間、たくさんあると思うけど、、
っていうか・・・私もよくあったけど

めげずにヘルプサイン出していこうよ。


じゃないと、相手も分からないままになっちゃうから。
子どもも困ったままで、さらに困っちゃうかもしれないから。


明日もれっつらごー、です。

お互いがんばろうね(*´ェ`*)ノ











今回も読んでいただけてありがとうございました。


ぽちっとレスポンスを頂いてることが記事を書く励みになっています。
ぜひ押して頂けると嬉しいです。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報