11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

発達障害児だからこそ性的な事は教えたい(一部加筆修正有)

『○○ちゃんと××くんが付き合ってるんだって』
『△△ちゃんの好きな人はね・・・』


うーん、、さすが女子!

極上!めちゃモテ委員長を幼稚園時代から観ながら
モテレッチとかっていう、あやしい(?ww)ストレッチをしていたぽんたならではの、、

とうとうテレビでやってた話題がやってきた!!笑

・・・・的なネタ披露は、、実は小1の二学期あたりからありました。


思い返せば小1の下校後、帰宅したと思ったら

「誰それがちゅう(笑)した」だの、、
「誰と誰は彼氏と彼女」なんていう単語が・・・

出てくる出てくる(笑)

そんな話が嫌いじゃないぽんただったわけです。


っていうか、、、元々好きなのかも!?(ノ∀〃)




ああ、そういえば・・・。
療育園時代から、その傾向はあったりなんかしちゃってましたね。

それは・・・。
ママも見ましたが、保育士さんたちからも何度も聞いていたことがあって。


隣のクラスのSくんとまわり構わず見つめあい(至近距離で)笑
何か抱きしめあってたとか何とか。

まぁ、4才児のふたりが、ちょっとポスターか何かのように
見つめあう姿は何とも微笑ましく
よく保育士さんたちに冷やかされておりました。


もちろん、当人同士は周りが見えていない発達ちゃんたち。
冷やかされて「きゃーいやぁ」なんて反応は皆無だったのですが( ;´∀`)




・・・で、話は変わって。

この数ヶ月でマンガの単行本を借りて
色んなお話を読めるようになったぽんたなのですが、、

やはり〈恋愛〉に意識?というか、、
気付きとしての芽生えは出てきてるようです。

「ストロボエッジ」の最終巻では号泣してましたからね。


そこはとても”健康的な成長”だと思って観てるママ。



そういえば、、最近ぽんたから聞いた話だと

学校の同級生たちも
一応に性的な興味が芽生える時期に入ってきたようです。

ヘンテコな「替え歌」を披露しては
女子たちのひんしゅくを買ってる、、なんてのも

小学生ならではのエピソード。
(ママはお腹を抱えて笑いたいくらいだったけど)笑




ただ、、、
こんなところでも凸凹的な認知のある彼女。



ほんわかフワフワしたままで突き進めたら、、って願ってみても
何気に大胆な行動を、突拍子も無い場面でしてくれることもあり、

それはそれで、心配のタネではあるわけです。


なぜに大胆か、、というと

不注意優位の衝動性が勝ることもあれば、
拘りが強くなっていて、前後の状況判断が出来ない状態だったり、、

もともと彼女が持つ特性、、として
全体像としての空気が読めない、ということもあるから。


うーん。。。何かうまく言えないんですけど

1対1とかね、、少人数なら必死にリカバーしようと
思考しているようにも感じるのですが

”集団のなかの一部”としての思考は難しい・・・っていうか
けっこうな人数のなかにいると、なんかタガが外れちゃう・・

というか、考えが停止することも多いぽんた。

あ、これは幼児期から、ある傾向なのですが( ;^ω^)




で・・・・、そんな特性があって予想されることは。


まぁ、、これは想像に過ぎないのですが


定型集団心理が傾向として働いてる場面で
とくに違った方向へ傾倒しやすい思考が働きやすい彼女に

性的な問題が沸いてでてきた場合、、
(ややこしい書き方でごめんなさい)


たとえば、

自分のまわりの女子たちが
本格的に「彼と彼女」の関係に発展した子がいたり
ぽんたを好きだっていう子が現れたり

もしくは・・・まさかの

よく知りもしない男の子(人)から誘われた、、とか
「本気かどうか」分からないのに「好きだ」という告白を
字義通り信じてしまう、、とか

とか色々、、考えられちゃうんですよね~。
もうそこを経験して通り過ぎてしまったママから見たら。


いや、いいんですよ。
そういった経験は全然おかしなことじゃない。


でも一歩判断を間違えると、
取り返しのつかない事態になることもあったりする。

それが性のことなのです。



だからやはり、・・・発達障害を土台として持ってる女の子はとくに

性的に弄ばれる対象にならないための
様々なスキルを獲得することは大事だろうと思うんです。


これヤバイんじゃないか?、という場面で
瞬間的に「怖い」と感じることの出来る能力は、、

本能とはまた違った部分で
阻害するのが発達障害ゆえの認知の問題だと思うので


そこは、、出来る限り情報としてのスキルを積む。
自分で自分を守るための行動を教える。

・・・肌を露出したような服は着ない、、とか、
まあ、当たり前っちゃー当たり前なことなのですが。。。



で・・・ちょっとずつ、、
一緒にアニメやドラマを見ながら、もしくはマンガを読みながら

男の人の・・・理性だけでは納得できない
衝動的に起こる「性としての裏側」の部分も話すようになりました。


まぁ、、今までもね

幼児期は「ひとりでトイレに行かない」とか、、
住宅街でも”誰も外に出ていない時間帯”は一人でふらふら散歩に行かない等々

けっこう、うるさいくらい話していたママなんです。



でもっての現在。

少しずつですが、、胸もふくらみ始め、身長も伸び
女の子から少女の身体へと変化してきています。


発達障害があるからこそ、、、の性的な話は、
とてもとても大切です。

性的被害にあわないためにも。








今回も読んでいただけてありがとうございました。


ぽちっとレスポンスを頂いてることが記事を書く励みになっています。
ぜひ押して頂けると嬉しいです。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

青い鳥さんへ

こんにちは~(o^─^o)
コメントありがとうございます♪

いやいや、いつも遅刻のぽんたですので、保健の授業(性教育)は受けずに終わってしまいました( ;^ω^)
でも性のことって本当に大事なんですよね。
発達障害があっても無くても性的衝動は人間の欲求ですものね。

青い鳥さんのところは、上にお兄ちゃんがいるから教えてもらうってのも「手」かもしれないのでは?
お母さんでも教えてる方もいらっしゃいますけど、、やはり、男の子の性の話は男性に任せるのが具体的やし男同士だからこその話も出来るのでいいのかもしれないのかなって思っちゃいました。
いつまでも「かわいい幼子」じゃないってところが親としては寂しい限りですが(´;ω;`)

No title

大きくなれば、また心配の質も変わってきますよね?
うちも、発育が早くて定型っことは理性の働き方が多分違うので
本能に忠実というか、、心配です。
今のところ寝た子を起こしたくないので性教育はしていません。

学校に行ってないので学校で習うということもないので
タイミングが難しいです。

女の子は天然系でリアル萌えキャラっぽくてモテるといいますよね?

ストロボエッジの内容が理解できるんですね?
大人でも男は理解できないですよ。トホホ

ん~難しい問題ですね。

ナカリママさんへ

こんにちは(o^─^o)
ナカリママさんこそ大変なときなのにコメントありがとうございます。
そろそろ疲れは出ていませんか?ナカリさんの対応も含めて考えなくちゃいけないこともたくさんあるだろうと思いますが、時々ご自身のことも休ませてあげてくださいね。

ところで、ナカリママさんもお嬢さんに教えたりしていたんですねw
ぽんたも元々刺激を自ら好むタイプなので、性的な芽生えが早いだろうことは予想していたんです。
だからキッカケが生じたら教えたい気持ちは前々からあったので、少し早いかもしれませんが話したりしています。多分・・生理が始まったらもっと具体的にもなってくるだろうとも思っています。

不測の事態、、本当に避けなければいけないと思います。もう二次障害どころの話じゃなくなってしまいますものね(´;ω;`)女の子は色んな意味で「受ける」側なので、色んな知識・・・というか知恵?が必要なんだと思います。

こんばんは

先日はとても心のこもったコメントをありがとうございました。
同じ立場の保護者として気遣っていただいたこと、本当に嬉しかったし、大きな支えになりました。


性教育のことは、女の子の親ならば誰もが気になる所だと思います。

我が家でも、小学校高学年になって、あの手この手で(マンガなど使って)話をしたのを思い出しました。
当時は不登校傾向はありつつも、まだ気持ちはイケイケ状態だったので、気になる男の子にも果敢にアタックしたり、周囲のお母さんたちに情報集めなどの協力?を求めたり・・・熱しやすく冷めやすい傾向が高校1年くらいまで続きました。
ただ、その後は現実の男性に対する恐怖症が出てしまって、もっぱら夢の世界(自分が作り出したキャラ)に集中し、今は「結婚しない、子どもは作らない」と明言しています。(親としては、可能なら家族を持ってほしいと願ってますが・・・)

成人前の時期になると、同年代の他のお友達(ダウン症や他の障がいを持つ子も含めて)の様子を聞いて、我が子のことでなくてもハラハラする、という状況が多々あります。
「騙されやすい」傾向のある自閉っ子たちだからこそ、
少しオーバーなくらいに話をしておくことで「被害」を未然に防ぐことは必須だと思います。
「本意」でない、不測の事態、だけは絶対に避けたいですよね・・・

むーにさん、今から準備、すごいです。
ぽんたちゃんのこれからが、どうかずっと無事でありますように!

Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報