07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

よく言えば繊細、言い方を変えれば神経質。



ここ大阪は今日も雨降りの一日になりました。

子供の頃はそれほど嫌いじゃなかった雨のひとときなのに、いつの間にか心がかじかんでるような状態で何とか日々をこなしているママにとって、雨の日は何となく憂鬱です。
特に目覚めたときの天気は本当に心の何かに触れるというか、、出来ることなら「パーッ」と眩しいくらいの陽光を感じて布団から出たいもの。

ま、しゃあないね。
雨は植物や生物にとっては恵みをもたらすもの。毛嫌いは出来ないさヽ(´ー`)ノ



さて、話は変わって。

リビングではタブレットや3DSに釘付けで、あまり会話のないぽんたちゃんなのですが、車での移動時間は、家屋内とは打って変わって喋る喋る(笑)
面と向かってないっていう位置が心地よいのか、はたまた安心するのか、運転するママに日ごろの鬱憤を晴らすかのようにディスカッションタイムとなることが多いんです。


で、、、どのくらい前のことだったかなぁ。。。


○○ちゃんにこんなことを言われた、、だの、○○ちゃんにぽんた嫌われてるんかも?とか言い出して、しまいには「どうせ学校ではボッチ決定やし」とかぼやきだした。


いつもそうなのだが、実は、連続してる会話のなかでの”ひとコマ”を抜いて、「どうせ自分なんか」と思い込んでることがすごく多くて・・・。
でも、少し時間をかけて、会話の前後をぽんたに思い出してもらいながら、ひとつひとつ絡まった紐をほどくように「ぽんたの感情」「相手の事情」をゆっくり説明していくと、、

あ、そこまで思い込むほどのことでは無かったわ。ということも非常に多い。笑



いいんだよ~いっぱい気になることを喋ってね、、ってママは心の底から思うので、即座に決め付けるような返答はしないようには気をつけてるのだけど、(ああ、凄いな~よく気づいたなぁ~)と思ったり、(なんでいちいちそんなことまで反応するねん、ややこしいわぁ)と感じて、正直イラッとすることもあります。

で、その時は正直ぷちイラッな瞬間だったわけなのですが( ;^ω^)
そこでふと、(さすが親子やわ~)と思ったので、少しぽんたにこう話してみました。



あんな、そんな細かいとこまでぽんたが気づくだろうなんて
ぽんたと喋ってるお友達はいっこも考えてないと思うで。

逆にそのことを改めてぽんたが蒸し返したら
「ええ~~めんどいなー。そんな考えんでもええのに」
って思うかもしれへんわ。


・・・・・でも、ぽんたは気になるねんな。
それめっちゃ分かるで。だってママもそうだったもん。

ママもすんごい気にしぃやねん。
だからママのお母さんから、しょっちゅうこんなことを言われてたの。
「そんなことまで考えなくてもいいの!むーには気にし過ぎ!」って。笑

でもしゃあないやん、そーゆー性格なんやし、そんな簡単に変えられたら苦労せぇへんやん。
まあ、そうゆーのんを悪い言い方したら神経質って言うねんけどな、

でも神経質ってのは、言い方を変えたら細やかで繊細ってことやねん。
それって、見方を変えたらすごい良いことでな、ある場面では「気配りが出来る」ってことやんか。
大人の社会ではな、まったく気遣いが出来ない人よりも気配りが出来たほうが得なことだってあるねんな。


まぁ、悪い方面に出ちゃうこともある神経の細やかさも、時にはいい事もあるってことで。笑
あんま気にせんとき。

で、また何かあったらママに話してみ~。
ぽんたが思うほど事態は悪くないことのほうが多いかもしれへんし、似たもの同士でアドバイスできるかもしれへんから。




へぇぇ~~~

ふぅぅぅん、、そうなのか~~


とか、、微妙な感じだったぽんたでしたが、そんな一発で分かるだろうなんて思ってないから大丈夫だよ~。笑
大人ですら、会話って時に難しくて、面倒に感じることもあったりするんだもの。

ママだって、そんな風に凹むことは今でもけっこうあったりするんだから。笑



でも、「こんなことがあった」とかを素直に話してくれる関係が作れてて良かったって思うし、端的な話の仕方から、たいがい愚痴話は発生するから、「要約すると・・」に行き着くまでには多少なりとも時間がかかることもしょっちゅうではありますが、、

それでも「話してくれて」嬉しい。

いつかは、自分のなかで解決しようとする時期がやってくるのかもしれないけど、それまで思う存分彼女とのディスカッションタイムを充実させていきたいと思うのでした。





にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報