11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

定型社会のなかで生きるということ。

9月の声が聞こえたと思ったらの涼しい朝夕になりました。

お風邪などひいてませんか?

夏バテって涼しくなって出てくる・・・と、よく言われていますので、体調管理、お気をつけくださいね(。・ω・。)ノ
もちろん私も、、気をつけねば~~( ;^ω^)





ところで。

本当に独り言、、というか、ふと思いついての記事更新です。
(っていうか、いつもそうだけど^^;)



私自身の幼児期のことなども、最近記事にしてみましたが、発達障害を持って社会と関わりをもつようになると、いやおうにも周りは定型発達の方たちのほうが圧倒的に多いわけです。

自分が40年以上生きてきて、生きるための模倣するべき対象としたのは、『定型発達の方たちの言動や行動』でした。


想像力を屈指し、周りから少しずつ教えてもらった常識と照らしあわせながら、毎日を過ごすなかで、汎化を目指したわけです。

でも・・・時々、過去を振り返って思い出すと、二次障害ぎりぎり一歩手前だった精神状態だったこともかなり多かったかもしれません。




発達障害は生まれ持っての、先天性の脳機能障害です。

障害特性を、様々なアイデアや工夫でもって、社会的不適応が生きる環境に大きく影響しないようにすることは可能だと思います。


そのための療育であったり、障害受容だと思うのです。


でも原点の部分では治ることはありません。

どんなに注意しながら生きていても、まさかのタイミングで障害特性がバンッと表に出てくることは、どの年齢にあってもあり得るだろうと思っています。



そこは、自分自身のこれまでの人生を振り返っても現実として感じるところであり、娘・ぽんたを育てていても感じるようになりました。



障害を受容する道のりは苦しい時もあります。
それじゃなくても、、もし、何かしら問題を起こしてしまった場合に。。

障害なんで許してください、、という考えで、社会は許容するでしょうか?



善悪の分別を教え、人として関わる以上助け合えることを教え、定型社会での常識を教える。

でも、障害特性があるがゆえに全てを合わせることには限界があることを、親子で学びながら、どう折り合って工夫していくか。


最近は、とくにその部分に焦点をあわせた会話をすることを心がけています。

ってことは、、ぽんたもホンマに成長したんだなぁ~・・・・。
そんな話が出来るようになるなんて。


ほんの2年前には考えられませんでしたから、、子どもの伸びしろって本当侮れません。



ああ、でも、、そこがまだ分かってなくても話してたかも。笑
大事なことだと思ったら、話す。そうゆー人間なんで。私。





さて。
本当に簡潔なつぶやき記事でした。

お読みいただきありがとうございます( *´艸`)




そして、、また折を見て書いていこうと思うのですが、、、


ぽんたは今まさに、思春期に入ってきてるのだろうと思うのです。

高機能の分野に入る子どもの持つ生きづらさも、まのあたりに感じることも増えています。




告知はしたけれど、、、
彼女自身の障害受容への日々は、始まったばかりなのだと思います。






ここまで読んで頂いてありがとうございました(o^─^o)
良かったら応援のひと押しを~♪



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報