09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(多分だけど)ぽんたは変わりたいんだ。

ご訪問ありがとうございます。

朝夕めっきり涼しくなりましたね~。
もうすぐ・・・こおろぎの鳴き声が止んだ頃には、晩秋が訪れるのでしょうね。


季節の変わり目が苦手な発達ちゃん達は、いかがお過ごしでしょうか?
冬がきて、暖房が入りはじめたら又落ち着くと思うので、お母さんたち、、あと少しの間、一緒にがんばりましょう(^o^)ノ



ところで、前回の記事にも少しだけ書いたことなのですが・・・・・。


なんとぽんたちゃん。
現在の学校内での自分のイメージを、変えたい意思が芽生えてきておりまして。

毎日毎日、ママを巻き込んでの四苦八苦を繰り返しております。



小2で完全不登校に入り、、、それまでの天真爛漫さや、正義感むき出しの、周りの視線を気にしない彼女の姿はいつのまにか姿を消し。。。。


小3の途中、ぽんた自身の意思で再登校を果たしたまでは良かったものの・・・・気づけば、校内では感情をひたすら抑えこみ、そうしているうちに教室内では表情も消えてしまっていました。

周りの会話を聞いては、可笑しかったり、ツッコミたくなることもあるでしょう。

いや、あるんです。

家庭に帰ってきては、『今日のネタはね・・・笑』と、おもしろ可笑しく弾丸トークが止まらないことも多く、おかげでママはぽんたから聞いた情報と実際の場面観察でもって、クラスメイトたちの個性を多々見せてもらってるんですよね。

そりゃあ、ママ的にも参観やPTAなどの行事も楽しいわけです。笑


でも、実際の教室内では、湧き上がる感情を出すことを怖がり、能面のような表情をなかなか崩さなくて。。。


それが続いていくうちに、「ふっ」と微笑みたくなる時の笑顔すらも、仲の良い友達から、「コワイ」「魂が抜けてるみたい」と指摘をうけるくらいになってしまって、、、


たとえるなら、、表情と感情がリンクしなくなってしまったような。。。





ところが、この二学期になってからなのですが。
いつのまにか、『ぽんたはいつも(教室で)無表情なの。』・・・・そう言うことが増えてきて。


(お?何か気づき始めたのかな?)
なんとなく・・・・そう思ってはいたんですよね。


そのうち、学校に着ていく洋服の組み合わせをすごく気にするようになったり、シャワーもマメになったり、少しずつ変化を見せ始め・・・。

家に帰ってきてからのぽんたから、友達関係での悩みを聞いては、何か関わりでうまくいかないことがあると、そこをどうカバーできるか、会話のロールプレイをママから聞いては、何度も何度も一緒に練習する姿が見られるようになりました。

また、気になる異性の話を聞くことも増え、彼女のなかでの《他者への気づきと、感情の芽生え》をすごく感じ始めるようになったんです。



うーん、、、さすが思春期?笑


いや、思春期と直接結びつけるのも、本当のところは少し乱暴なのかも?

やはり、9歳の壁の時期のど真ん中に、今、彼女はいるのかもしれません。



あ、少し書き足しておかなければ。。。。


なぜ。。。

ぽんたが、今までの彼女から脱皮しようと、彼女のなかでの苦悶をし始めたか。。。のキッカケが、実はあったようで。



それはですね、、、、まず今行ってる小学校の彼女の学年は、女子の比率がすごく少ないんです。


で。。。この年頃になってくると、グループ化や派閥も出来てくることが多いですよね?

そこにうまく入れない子たちも少数ながら、存在するのですが、、、そこともうまく話せなかったり、関わりを繋げていけないと、《ひとりぼっち感》が出てくる?のかなって。



もしかしたらだけど、そういった感情が、ぽんたの中にも生まれたのかもしれない。


ずーっと、自分で自分を、、『ぽんたはいつも(休み時間も)一人なの』 ・・・そう言っていた彼女だけど、やはりさびしい感情が生まれたのかもしれない。



そう。


だとすると、自分から動く方法を見つけて、近くにいる子と自然に関わるスキルを学んでいかなくちゃいけなくて。




だからね、ぽんた、お友達に構ってほしかったら、そこをアピールしちゃうと、逆に向こうは引いちゃうものなの。

仲良くなりたかったら、”お友達の話”を聞こう。


「うんうん」「ああ。それ、めっちゃ分かるわ~」とか、「なぁるほどね~」とか、相づちを言って、聞き上手になろう。

そうすると、今度は、お友達のほうから、ぽんたの内面を聞いてくるようになると思うよ。




とまぁ、、、こんな風に、毎日、人と関わるコツをママと学んでるぽんたちゃん。



そのうち、自然にこぼれる笑みに、お互いが嬉しい気持ちを共有できるようになると思うよ。・・・と、思いたい。笑





とはいえ、実際はとても疲れるらしく、家ではキレることも多いです。

もともとがパワーいっぱいの子どもなのですから、頑張ってるこその反動は、そりゃあ凄いものです。



今は不安感も半端なくて(あ、これは違うかもだけど)、マジで巻き込まれて引きずられそうなくらい、時にママも落ちてますが・・・・。



ぽんた、ママは心から応援してるぞーっ ヽ(´ー`)ノ
がんばれ~~!!!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

owlさんへ

いやいや、私もいっつもお疲れ気味よ~笑

ところで、、ほんまやね、みぃ助ちゃんも頑張りたい気持ちがどんどん前に出てるものね。
見てるほうは内心はらはらしちゃうけど、でも足は引っ張りたくないなって思う。

ああ、、でも連休ばっかで体もお金も辛いわぁ( ;^ω^)

ひよこ母さんへ

お久しぶりのコメントありがとう(。・ω・。)ノ

そうそう。
気づき始めた頃は、やはり苦しさもともなっていたと思う、、
けど、本人が自分で、「変わりたい」気持ちが今は背中を押してるんだろうな~

お互い、そういう時期に入ってきたんだろうね~

No title

ぽんちゃん すごく頑張ってるんだね。
すごく変わりたいんだね。
ちょっとずつでもいいよ。
心からの笑顔で接することの出来る友達に
めぐり合えるよ。

うちのみぃ助ちゃんも きっとそうなんだと思う。
でも、まだまだ上手くいかないんだと思う。
学校の中では作り笑いっぽいもの。

ママ達は応援し続けるしかないよね。
・・・と、言いつつ、ちょっと今は疲れ気味なのー!

ぽんちゃん 変わりたいんだよ

みんなと同じように他愛ない話をして笑ったり遊んだり やりたいんだよ

ひよこも そうだと思う

学校だけじゃないさ

きっと これから気の合う仲間をみつけて
笑って話せる時がくるよ

ぽんちゃん ひよこお互いに そんな時がやってくるさ(* ^ー゜)ノ
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。