07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

ゼロ100思考と完璧主義に至る理由とは?

「いいよ、二度とお友達と遊ばないことに決めました。」

「全部やらないって決めたから。どうせ、私にはできないんでしょ!?」

「ママあのとき、こう言ったよ?だから、もういいです。」



・・・・すっごい増えました。

いわゆる・・・・ああ言えば、こう言う。


いやいやいや。


売り言葉に買い言葉は、障害の有無なんて関係なく、よくあること。


そこではなく、お互いに会話を交わしていくと何故か論点がズレていき・・・そして、行き着く先は『ゼロ100思考』。
話せば話すほどに、争点がズレてしまうのは、まぁ・・・・良しとしよう。いや、良しとしたくはないけど。

でも、ぜーんぶ、、、なぜこの話がはじまったか、の事由を取っ払っての『ゼロ思考』は止めようよ。




・・・・。


よくあることだと思うのですが、何かしらのトラブルがあって興奮してしまった時、どこにその落ち着き先としての当たりどころを持っていくかが、発達障害児にとってのスキルとして、すごく大事ってこと、、ないでしょうか?

我が子は娘なので、母親と娘、という同性同士にありがちな『巻き込み感情』を暴発することがよくあります。
半分パニックになって、ぶちギレモード。髪を振り乱して大騒ぎってこともあります。

まぁ、それもそれで(ああ、また来たか~)みたいな馴れ?も生じるほどに、多少なりとの理性を発揮できるくらいは、親も成長してきたかなーとは思ったりもします。←ダメなときは、これでもかってほどに感情を逆なでされたりもしますが(笑)


でも、ゼロ思考を爆発させてる時って、内心やっぱり腹がたつんですよね。
(本当は、そんな気、全然ないくせに!)って。笑


言葉での押し問答が出来るほど、成長したんだな~と嬉しくも思うときも、少しはありますが、やっぱり、話がややこしくなるほどに、(なんて面倒くさい子なんだろう)って思うときも正直あります。

まだまだ幼さ全開で、ただただ愛らしかった(?)幼児期のぽんたの面影を振り返る暇は、実際はあまりなく。。。

全身でぶつかってくる、彼女の困惑やいらだち、色々考えてることなどを一緒に振り返ったりしながら、お互いの意見を交わす毎日です。

下校直後や、ご飯時、お風呂に入ってる時や、二人で先にお布団にもぐったあとなど。
ぽんたも、機を見計らっては、声をかけてきて、私に意見を求めることも多くなったようにも感じています。


で、、、。

いつものごとく、押さえきれない感情を爆発させてるぽんたを傍目に見ながら、ふと思いつきました。


『ねえ、ぽんたは(こうじゃなきゃいけない!)って思い込んでるとこない?』
『ぽんたが思う(こうじゃなきゃ!)が、完璧じゃないとダメって思ってしまってないかな?』


(゚д゚)


「うん・・・・確かに完璧じゃなきゃってとこ、あるかも」


『言っとくけど、完璧な人間なんて一人もいないんだよ。神じゃないんだから』



そう、言いながら。。。

ふと、ある思いが湧いてきました。


なぜ発達障害者には、完璧主義タイプが多いのか。
そして、そこからくるゼロ100思考に至りやすいのか。

ママ自身にも長い時間をかけて経験してきたからこそ、気づいたある考えを。。。。


次の記事でまとめてみたいと思います。



つづく






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報