09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その親子(家庭)にしか分からない事情。


訪問ありがとうございます。



ぽんちゃんの「おうち生活」がスローペースになってきてるため、ブログを書く時間が増えてきました。

いいことなのか?どうなのか?苦笑



でも、『ペースダウンしたほうがよろしい』との医師の診断もあるので、ゆっくりまったりしています。

ママの心身ともに含めた体調のほうが、少しずつヤバくなってきてますが・・・・、どうやってやり過ごすか?に、現在は優先して考えてますが、、どうなることやら。




さて。


以前ある方とこんなお話をしました。



その方とは、ぽんたの不登校前後からのお付き合い。

不登校直前から強く出始めた視線恐怖や、笑顔に対する誤解(嘲笑や、内心では自分を受け入れてないと捉えている)等によるパニックや脱走などの衝動、暴言で自分を守ろうとしていたぽんたを、実際に見てきた方です。


ちょうど話したのは、ぽんたが5年生に上がったばかりの頃でした。


中学校への進学もふまえての課題と考えていることや、ぽんた自身が抱えていることを、どちらかといえば客観的な捉え方で話していた時に、こう言われたのです。



私はどちらかといえば、子ども側の捉え方で物事を見ています。
親御さんの話を聞きながら、子どもたちの代弁者でありたいと思ってるんですよね。

(あ、ここで紹介しますが、その方は療育に関わる方です)

で、、今までのぽんたちゃんとお母さんを見てきて、内心色んな思いがありました。


でも今、ようやく分かったんです。

やっぱり、その親子にしか分からないことがあるんだなって。



いやね、実は私の親戚にも、不登校になった子どもがいてね。。
そのお母さんが、とにかく今はじっくり家で休ませるべきだって方針で、、、こちらから、とやかく言える立場ではないし、ずっと見守ってはいたんですが。

やはり、その親子にしか分からない何かがあるんでしょうね。


今、そのお子さんは大学生でね。
そんなことを思い出したのと、今のぽんちゃんママの話を聞いていて。。



(不登校だった)あの頃の、壮絶だった頃を乗り越えてきた二人だからこその『今』があるんだなって、本当に、心からそう思いましたわ。





うーん・・・確かにそうかも。

今もそうだけど、今までにも、いろんなことが次から次へと起こって、その都度、とにかく必死に考えて、行動して。


周りから見たら、はがゆい思いだったかもしれないし、迷走してるようにも見えていたのかもしれない。




なんか、その方からそんな風に言われて、少し気恥ずかしい思いにもなりましたが『関係を続けてきて良かった』と心からそう思いました。


大変だった時に、(理解されていないのかも?)そう感じながらも、助けを求めなければ、そして訴え続けなければ、ぽんたも私自身も理解されないままだったかもしれない。


でも、今では、いろんな方々との関係、、、というか、繋がりが出来るようになって、本当にありがたいなって、そう思える瞬間が増えました。




そういえば、私の周りにも、不登校や、障害児と認めない伴侶との確執など、様々な課題を持つ友人がいて、たまにだけど、たくさんの話をお互いにしています。

その時その時は、本当につらい。


『うん、うん。ツラいよね。』
『少しでもいいから、たまには子どもと離れて気晴らししよう。また誘うよ。』



そんな風に言いながら。


時には意見を言い合い、そしてお互いを慰め合い、課題を乗り越えた時には、やはりポロリと涙が落ちてしまいます。




たしかに、その家庭、、、その親子にしか分からない事情というものがあって、そこを本当に理解することは誰にも出来ないのだと思います。


でも、(ごめん、全部は分かってあげられないよ)って、寄り添うことは出来る。
ぽんぽん・・・と肩を抱くことは出来る。



それで、じゅうぶんなのだと思います。






今回も読んで頂いてありがとうございました。

良かったら、励ましをこめて押してください。

↓↓  ↓↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

tag : http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4pcgajwgjqmm

ナカリ母さんへ

本当にお久しぶりですね(*'-'*)ノ
ナカリ母さん、ナカリさんともにお元気でらっしゃいましたか?

人はひとりで生きてるようでなんらかの関わりのなかで過ごしてるんだって、、、
これも内的になってる時は気づけないことが多いものです。

だからこそ、一人じゃないって分かった時、気づいた時の感謝はひとしおなんでしょうね~。


いつもコメントありがとうございます(*^─^*)

分かります~

お久しぶりです。

この記事、うんうんと頷きながら読みました。
そうですよね、本当に、当事者でないとわからないことってあるので、
そこを(修羅場を)ともに乗り越えてきた親子の絆というのは、
なかなか他には伝わりにくいものかもしれないな、と。
むーにさんと、ぽんたちゃんの、何年にもわたる壮絶な日々を、
分かったとは言えないけれど、なんだか納得して、
思わずコメントしたくなりました。

寄り添ってくれる友達に救われる思いもわかります。

まだまだ先は長いけど、
ゆっくりペースでぽんたちゃんと共に歩んでくださいね。
かげながら応援しています。

Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。