07
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

『わたしなんかのために、泣いてくれてありがとう』

訪問ありがとうございます。


前回アップした記事の題名はそのままに、少し内容を変えて書きたいと思います。
ブログ村のほうにも、同題名が載ってしまっておりましたが、これも削除いたしました。


まぁ昨日は、、、途中から涙、涙、、で、おいおい泣きながら、感情の爆発にまかせてのイッキ書きをしてしまったのですが。






・・・・・・



あとから再度読みかえしてみればみるほどに。。








ヤバい。

この書き方じゃ、現在のぽんたちゃんを、暗にバラしてしまってるのと同じじゃないか。。


なにが、「ご理解ください」だ、バレバレだぞ!?



ちびまるこちゃんのごとく、ママの顔に縦線が「ザァァァァァァ!!!!」な状態。






なので、少し、考察を織り交ぜて、書き直してみます。

ここを訪問された方にとって、少しでも慰めとご参考になればいいのですが・・・・・。









さて。


カテゴリを新たに追加しました。

【トラウマ・PTSD】です。

もし現在も、そのキーワードでこのページに入ってしまって、傷つく体験をまたするんじゃないか・・・と想像できるかたは、ここから先は自己責任でお願いいたします。

『こわいもの見たさ』は、おすすめできません。


ぜひ、もっと違う内容の、、、気持ちが楽しくなるブログへ移動ください。
心から、お願いいたします。















トラウマという言葉も、PTSDという言葉も、実際にこう書いてしまうと、まるで重みがなくなってしまうように感じられてしまうのが、本当に不思議なのですが・・・・。

実際に経験されてる方、今もなお、その渦中にいる方にとっては、相当にキツイことなんじゃないかと思います。








恐れながら、、私にとっては。
それは想像でしかないのですが。


ぽんたを見ていて、思うのです。




トラウマを抱え、PTSD状態に陥るということは、その単語の意味する通り・・・・。

精神状態、心理状態、すべてをひっくるめて、、「心の危機」を表すのかもしれないと。



本人にとっても、言葉では言い尽くせないほどの困難と苦しみ、苦汁を飲ませれ続けられながらも、「いやだ」と言えない・・・。


もしくは、「SOS」を、ストレスサインを。
どう表現すればいいのかすら、分からなくなってしまっているのに、誰にも気づかれることなく、何も知らない周囲からの罵倒や嘲笑に耐え続けてしまった結果なのかもしれない・・・。





いや、、、もっともっと。。。



再度、、あえて書きますが、、ぽんたしか知らない私には、想像もつかないことが、、、もっともっと、、たくさんあるのかもしれません。







ここから先は、いつもの思考と考察です。


ママ自身が見たぽんたの症状から、思い起こさせる、または考え出されるものをまとめるに過ぎない内容になります。

面白くなかったらごめんなさい。









話は、小学校入学前に戻ります。


このブログで、何度も何度も書いてきましたが、ぽんたの幼稚園時代は、パニックと暴走、加配の先生がビッチリ付き添うなかで、本人のペースが守られる中、過ぎていきました。


そして年長の年を迎え、二学期を超えたあたりから・・・・「特別支援学校に進学するか」「公立の小学校の支援学級を利用するか」、、、、。

何も悩みなんてなさそうな彼女の毎日をよそに、私たち親と、学校の先生、幼稚園の先生、教育委員会、療育の先生とで、話し合いを重ね、彼女の様子から考察を重ね、、


『どっち(の選択)も、正直ありえるんだよね』


に、行き着いてしまうので、また迷う。




そんな時期がありました。





現在、公立の小学校に在籍する彼女は、あまり当時(幼稚園)のことを覚えてはいません。


でも、つい最近になって、こう言うんです。




あのね、まえ、おうちにケーブルTVがあったから、いろんなアニメをみてたでしょ?

ぽんたね、「けいおん」がすごく好きで、がっこうっていうところにいったら、「けいおん」みたいになれるんだって思ってたの。

・・・・・でも、じっさいは、ぜんぜんちがったんだけどね・・・・・。





え!?

幼稚園のときに、「ぽんた、ランドセルで小学校にいきたい!」って、、

そうママに話したのって・・・・まさかの「けいおん」効果だったの???





うん (*'ω'*)




そっか・・・・・ ̄|_|○





アニメ効果って、どんだけなんだ!!??

ママ、ビックリすぎて、一瞬あたまんなかが真っ白になったぞ?





たしかに、学校生活が背景になっているお話はやまほどあります。

そして、その媒体は昔と比べると桁違いに多い。


漫画、アニメ、映画、、、紙ベース、インターネット、映画館。


それも、、、いつでも、どこでも。





そして、入学後・・・。

ぽんたペースが守られた幼稚園での生活が、そのまま移行されなくなった小学校生活で、彼女の予想は大きく崩されました。


まあ、とっくにその体験を積んできている大人にとっては、「なんでもないこと」。



優しいはずの先生は、時に怒るもの。
お友達、、、と名がつくクラスメイトは、時に残酷な子どもに変身したり、お互いに寄り添いあう同志になったりもする。


そういったことも、大人はすでに経験ずみで、(まあ、何とかなるよ)と思っている、、、(人が大半)。

もちろん、小学校の先生もおなじで。
彼らもほかの大人同様に、自分の経験則と体験と、「教えたい」熱望をもって、子どもたちと接しているのかもしれなくて。






まさか、そこに、「トラウマ」となって、「たったひとつの出来事」が、「たった一言かけた言葉」が、幼き子どもに残ってしまうかもしれないなんて、予測だにしてるわけもなく。


なのに。
ぽんたが経験したその小学校の支援学級で、そのまさかの「たったひとつ」が行われた。



今さら言うのも変な話だけれど、原学級といわれる通常教室では、それは絶対ありえないことだった。

とくに支援学級に在籍してる子だから、、とかいう「差別」ではないけれど、低学年の時は、とくに周りの子どもたちのほうが断然手がかかったから。




じゃあ、なんで支援の先生が?

一番近しいはずの支援学級の先生のほうが、ぽんたを観察しきれなかった?





うん。

客観的にみても、たしかにそれは、じゅうぶんあり得ること。


「支援教室への取り出し授業」なんていうのも、基本一日1時間。
その1時間で、どこまで子ども一人の様子にアンテナを張っていられるか、、、って、他にも数名取り出しで来てることも多いなかだもの。


だいたい教えるのは、方法はそれぞれでも「勉強」だし。



あまりにもそれは、難しい要求にしかならなかったと思う。




あ、でも私。
今まで一度か二度、、「とにかく観察してみてください」と言ったことはある。笑

意味なかったけど。




本来ならば、支援学級にこそ人員の配置設定や、個々の障害に対する教諭の知識が十分に必要な場所なのだと思うんです。

でも実際は、人も時間も足りなくて、、、要求としてはかなり難しいというのが現状であり。






ぽんたは、すごく頑張っているんだよ。

そう言ってる先生も多いんだよ。






何度も何度も。そう励ましても。


彼女は、さめざめと涙を流しながら・・・・「出来ない」「どんなに頑張っても出来ないの」・・・・そう言いながら自分の頬をひっぱたき、頭をたたき。


それでも宿題を書き続けた。泣き続けながら。





刷り込まれるように、彼女の心に刻みこまれた言葉は消えない。

記憶に残ってないはずの感情は、生理がはじまり、、少しずつ思春期に入ってきてるなかで、別の、憎悪という形で表れています。






ある日、彼女は。。。


突然起こったフラッシュバックからPTSD(状態)を起こして、苦しみながら泣き続けていました。

どう声をかけても現実に戻ってこない、、その隣で背中をさすり続けるママをみて、こう言ったのです。





ママ、わたしなんかのために泣いてくれるの?


ママ、ありがとう。









わたしなんかって・・・・。



わたしなんかって・・・・・・!!!!!






君は、「なんか」な子じゃないよ。

いいところも、いっぱいあるんだよ。








一緒に苦しんでも、彼女の心の奥底に眠るトラウマは消えない。

一緒にいつまでも泣いている場合ではないのだ。



出来ることを考えろ。



誰も、娘と母の共倒れなんて、願ってもいないのだから。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村










関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報