09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意や指摘にも傷つくのには理由がある①

うううう・・・

またママが怒った~ 。゚(*ノωノ)゚。





いやいや。違うよ、ぽんちゃん。

ママはちっとも怒ってないねん。


怒ってないから、落ち着いてママの話を聞いてちょうだい。






こんなやり取りを、、いったい何回。。

いや、何十回、何百回、繰り返してきただろうか。




泣きだしてしまったら最後、、ぽんたの感情が落ち着いてこなければ、どんなに説明を繰り返しても、その説明は説明として彼女の耳に理解に届かない。

いや、もしかしたら、理解力にもレベルというものがあるのかも。
そして、それは、その時々、、、、例えば、ぽんたの心理状態やその時の前後関係の状況によって、かるく左右されてしまうくらいのものなのかもしれない。

ああ、もしやママは、今そのところを読み切れずに、少しハードルをあげてしまってるんじゃないのかしら。


そう思うことが、何度も何度もありました。




インターネットで、YouTubeで、様々な情報をむさぼるように吸収した彼女は、とても特異的な・・・・うまく言えないけど、それが「ぽんたクオリティ」とでも呼べるような、、まさしく主義のような性質を作り出した。

それが。


”わたしは完璧だ” です。



1年生のころは、せっかく買った3DSも扱えずに放ったままだったし、その頃流行っていたプリティリズムのゲームも、一度はやってみたけど、全然内容を理解できずにさっさと諦めたこともあるぽんたちゃん。

もちろん、TVやDVDに関しても、リモコンひとつ使えませんでした。
使い方が覚えられなくて。


支援学級から出される塗り絵がイヤで、泣き泣き塗っていたころがちょっぴり懐かしい。
拗音のプリントや、絵に描いてある物から名詞を書く宿題でも、分からなくてよく泣いていた。

算数はいつも、足して10以内の足し算と、10以内の数を使った引き算。
大きい数と小さい数の比較の問題や、「これは何番目でしょう?」のような問題ばかりでした。

それでも、3題中、1つは必ず間違っているような状態。



そこから、少しずつ変わっていったのは、不登校の時期に触れたゲームがキッカケだったような気がします。



たぶん・・・・きっと、”刺激”が欲しくて欲しくてたまらなかったのだと思う。

刺激にすごく弱いのに、あまりにも刺激がない生活では、好奇心を満たす衝動が生まれる。
きっと、それは人間ならば誰でもそうなのかもしれません。


そして、類に漏れず、ぽんたにもその衝動が現れました。



良かったのかな、悪かったのかな、、実際正直な気持ちを言えば、ママにはさっぱり分からない。



でも、そんなこんなで彼女は、実質2年ほどで、驚くほどの知識を蓄えたのでしょう。

その結果、生み出されたのが、、、”自分は完璧だというプライド”なのかもしれません。



ところがそれが、その彼女自身のプライドともいえる、自分を奮い立たせてくれた”ありがたい筈の情報力”が。


悲しいかな、彼女を傷つけてしまう、、因果のひとつとなってしまったのです。







少し前の話です。

小学5年生恒例の林間学校(宿泊学習とも言うのかもしれない)から帰ってきた彼女が、最初に放ったひとことは


きっと、ぽんたの人生のなかで、黒歴史になると思う。


でした。











長くなりそうなので、ここでいったん切ります。

続きをお待ちくださいませ( *・ω・)ノ






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

tag : http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4pcgajwgjqmm

Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。