11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネグレクトの功罪。

訪問ありがとうございます。




今回はあまり気持ちのいい話ではありません。

この記事を読んで、気分を害される方もおられるかもしれないと思います。



でも、身近に育児放棄による苦汁を嘗めてきた子どもがいます。






私は、その子の母親にはなれないし、その子自身も、それをわきまえつつも、私に助けを求めてくる。


それなのに、出来ることは、ほんの僅かしかなくて。




それが本当にくやしくて。くやしくて。








児童虐待、トラウマ、PTSD。

このキーワードで、少しでも(イヤかも)と思われる方は、ここで『×』してください。



ここから先は自己責任でお願いいたします。















本題に入ります。






ネグレクト(育児放棄)により放置される子どもの気持ちを、自分の生活のなかに、その当事者が入ってこなければ、普通、わざわざ思いめぐらせることはないのだと思います。


時々、、情報番組で虐待に関する特集が組まれていたり、また、育児放棄による死者が出たことによって表面化し、「なぜ?」「どうして?」と思うことはありますが・・・。





そこで。

問いたい。




自分に近しい人、もしくは近しい存在のお子さんが、ネグレクト(育児放棄)を受け続けたことにより、心身を病んでしまっているのが分かった場合、、、あなたなら、どうしますか?





今さら親を責めても解決にはならない。





何年にもわたって受け続けた母親からのそれは、全身くまなく悪夢のように染まってしまっていて、自分ではどうすることも出来ない。

それでも、その子は母親を欲する。



愛情というものが、何なのか知りたくて。

受け止めてもらえる気持ち良さを味わいたくて。





でも、満たされることはなく、自分で消化することもできず。



物欲や、SNSという仮の居場所に逃げ込みながら、何とかかんとか生きている。








たしか、とても有名な言葉で、こうゆうのがありました。



愛の反対は、『無関心』
である、、、、と。




憎しみには、まだ、相手に対する『情』が存在する。

『無関心』は、それとは別物で、相手の存在すら『無きもの』とされてしまう。






ネグレクトにいたる理由は何か。




そこには、大人側の勝手な都合があるのかもしれないし、もっともっと、親にとっては複雑な事情を抱え込んでしまってることも多いと思います。



でも、最終的には、子ども本人に存在する「個人の尊重」が、無きもののようにされてしまうから、出来上がる構図のような気もしています。








大人も子供も、そして私も、みんな我がままで、みんな、どこかズルさを持って生きている。

みんな、どこか醜くて、脆くて、そして、だからこそ優しくなれる。



そこには『情』が存在するから。



『無』になったら?



・・・・・・『無』になったら。





子どもが心身ともに疲れて、気力も輝きも無くしてしまっているときに、手を差し伸べられなかったら、その子は、これからどんな大人になるのでしょう。


子どもが、まだ「子ども」であるうちに、何とかしようと考えることは、正しいと思います。



そして、それは、私たち大人の役割だとも、思うんです。







応援ありがとうございます。
本当に励みになっています。

↓↓  ↓↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

tag : http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4pcgajwgjqmm

Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。