09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「どうしていいか分からない」は誰でもそう。

訪問ありがとうございます。
春の陽気の関西地方では、各所で桜の開花が始まりました。

お花見、今年は行けるかしら・・・

なんて毎年言いながら、結局、行き当たりばったりで出かける我が家の恒例行事です。


ああ、我が家のパパは、なぜかカメラを買い替えたい趣味をお持ちなので。笑
うやうやしく桜やぽんたとママを撮っては、自分のFaceBookにアップしていたりしています。


おいおい。


顔出し禁止よ~

個人情報がダダ漏れやないのぉ~


・・・・と
今日もひとりゴチてみました。笑







さて。


今日は、よく私の母が言う愚痴のひとつを紹介しましょう。




私の母は、御年74才(たぶん)

古希ぐらいまでは確かに覚えていたのですが、最近はあやふやになってしまったので、(たぶん)でお許しを。



私が高校生の時に、離婚を経験し、以来、シングルマザーで3人の兄妹を育ててくれました。



そんな彼女が、大阪の娘のもとにかけてくる電話の内容はいつも一緒。

もう、どうしていいか分からないんだよ(´xωx`)




・・・・・・・・・・・。




だから、なに?



いつもいつも、「困った困った」とばかりに電話をかけてくる母なのですが。
彼女は、助言を求めていない。


と、いうより、単純に、(自分のなかにある言葉を吐き出したい)がために、電話をかけてくる。



でも、内容は、かなり過酷なことも多い。


おい、それで、(そのままで)本当にいいの?


・・・と、いうことも多い。


だから、今までは、母の言う「どうしていいか分からない」には、それ相応のヘルプサインがあるのだろうと思っていた。




ところが、最近になって、本当にそこに関しての「問題意識の境界線」があやふやなことに気がついたんです。

認知症のはじまりの分野なのかしら?



何故かというと。



即効性のある軸での話し合い、つまり、兄妹も踏まえて、助言をして、問題解決に移行しようとすると、とたんに「私はそんなこと言ってない。私は困ってない。」と言い出す始末。


物事に取り組むことすらが面倒、、、という感じなのだろうか?


とは、いえ。



また少し時間が経つと、「困った、困った」と電話をしてくる。








でも、お母さん。


お母さんだけじゃないんだよ。


この世の中は、「どうしていいか分からない」人ばっかりなのよ。





本当は、「どうしたらいいか分からない」んじゃなくて、「どうやっていこうか」「どうすればいいか」の気力すらない、他力本願の人が多いってことなの。

考える生き物が人間なんだから、少しは考えてみようよ。

そのためのお手伝いなら、なんでもするよ。




きっと、ヒントはいくらでも転がってるはず。


一緒に考えて。




そして、一緒に動いてみようよ。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

tag : http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4pcgajwgjqmm

Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。