05
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

精神科は、成長過程を重要視しないのか?

訪問ありがとうございます。

GWがおわりましたが、いかがされていますか?
まだしばらくは、平常運転な生活に戻っていないむーに家でございます。



学習障害の件に関しての記事が止まっておりますが、今しばらくお待ちくださいませ。




今回は、精神科、もしくは心療内科に関しての考察を書いてみたいと思います。

まぁ・・・なぜ書こうと思ったかは、もちろん疑問に思った出来事があったからです。




詳細は割愛しますが。


『精神に脆弱性を抱えている』=(イコール)『もともと何かしらの生きづらさがあったのではないか』とは、精神疾患の診断に必要としないのだろうか?

もしくは、、精神疾患、精神障害と発達障害は同じ領域に入らないのだろうか?



「う~~ん・・・・????」( ;-_-)

・・・・と、しばらくの間、考えあぐねてしまった時期がありました。








だいぶ前の話になります。



ぽんたの記憶に解離状態が見られた時、まず、相談に行ったのは、広汎性発達障害の診断を受けた発達外来の主治医のいる病院でした。


『うーん、、、そうですね~~』


だったのですが、その後しばらくして、精神疾患としての病名をつけることが出来るのは精神科医だということを知りました。



解離性障害は、精神科医を標榜している医療機関で、精神科・児童精神科の免状を持っている医師でなければ、まず患者に診断として伝えることはありません。


とはいえ、病院・診療所不足で、内科外科もしくは全般的な総合診療科では、「疑い」としてカルテに書くことはあると思いますし、もしくは少しニュアンスの違った病名になることも多々あるだろうとも考えられます。





うーん・・・・まどろっこしいですね。


正直に書きましょうか。




実は、彼女が通う児童精神科の主治医は、彼女の広汎性発達障害としての診断名を疑問に思っています。


今現在の、、、しかもその主治医の前で見せる彼女の様子からの判断で。です。





はじめ、その発言を聞いたとき。


『まるで、ぽんたが一年生の時のようだ。』

そう瞬間的に感じました。




たしかに、私が誇りに思うくらい、彼女は優しくて頑張り屋さんです。



だから、小学校では、かなり誤解されてしまい、不適切な対応を受ける結果になってしまいました。

その前後数年は、私たち母娘にとって、大きくトラウマとなっており、、。


EMDR治療を受けているぽんたはすっかり忘れてしまっていますが、私にとっては、まだまだ大きな傷になっていることは、やはり正直厳しい事実なのです。




でも、入院中などで、ぽんたは優等生のように扱われていました。


誰にでも優しく、暴言を吐かない。


まぁ、心のなかでは散々言っていたようですし、妄想の世界に逃げ出しては、ずいぶんストレスを消化していたようなのですが。笑


とはいえ、それは、外面(そとづら)の範疇であり、本人は、自分の感情を表に出すことにしんどさを抱えていることには変わりはありません。



これまでも、自分のなかに生まれた感情を言語化するまでにかなりのタイムラグがあるので、それを課題に、次へのスキルに変えようと、また努力を重ねて過ごしてきています。




普段の彼女は、見通しの立たないことに関しての不安のコントロールは難しく、それに対する様々な工夫をひとつひとつ、ママと一緒に療育的なかかわりのもとで学ぶ毎日です。




発達障害の特性なしに、二次障害・三次障害として、今の病態(精神疾患)があるわけではないのです。




思い込みやこだわりの強さ、社会性やコミュニケーションの障害は、依然彼女の生まれつき抱えている特性としてあることが。

児童精神科の主治医には見えない。



病態だけを診て、対症療法をするのが、病院の役割だから?



自閉症特有の三つ組みの障害は、発達障害の診断を受けた者は多かれ少なかれ持ち合わせていることを、そこを外して、精神性の疾患を診るということに、何も誤りは無いのだろうか?


発達障害の子どもに対して、療育的な関わりや、生活空間を含む構造化などの環境調整、肯定的な声かけ等々・・・診断後は少なからず親も子も、出来る限りの範囲内でチャレンジするのではないのでしょうか。




今現在は、まだ児童精神科での治療方針を必要としているのが実情なので、とくに言い返すまでもなく、、、


『よく、その言葉を言われてきましたよ』


・・・・と、返答するママですが。




ほんと、それ、すっごい言われてきたんだよね。





小学校の支援学級の先生から。









読んでいただいて、ありがとうございました。







ランキングに参加しています。

拙いブログですが、応援ください。

↓↓  ↓↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報