06
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

はじめまして



現在我が子ぽんたは小学6年生。
3歳の時に広汎性発達障害と診断を受けました。

発達障害を持つ我が子との生活のなかで
ママ視点での気付きや考察を綴っております。

はじめて訪問された方は
ぜひ「はじめに」のカテゴリからご一読ください。

↓そしてこことは別にむーにの日記的ブログも書いています↓
なきむしでいいじゃん♪

どちらももし良かったらお付き合いくださいね(。・ω・。)ノ

人格形成が完了してしまってる年齢とは。


訪問ありがとうございます。



少しずつ、初夏の陽気を感じる日が増えてきました。
今年の夏は猛暑になるような予想が出ておりますが、さてどうなることでしょうか。





愛着障害に関しての考察を、日々の思考の中で継続しているような毎日ですが、わりと相手との境界線を引けるように、自分でもコントロール出来るようになってきているので、胃がひっくりかえりそうに痛むことも少なくなってきました。


愛着障害に何より大事なのは、日々の安定した生活と、変わらずに安心できる環境のなかで育まれる関わりだと感じるようになってきました。


とはいえ、いったん振り回し行動や、愛着対象者に対して自らを嫌悪させるような行動がはじまると、それは本人の無意識下で行われてしまうので、抑制が難しくなってしまいます。


愛着対象者がいないとなると、とたんにその行動はやみ、落ち着きを取り戻していくのですが、また別のところで、依存対象者を見つけようとするので、実は本人にとっては単なるループ反応なのかもしれません。





もっともっと早く気づけていれば。。。



本当に心から思うのですが、もう既に児童期を終えてしまっている年齢では、ある意味、性格や生活などのスタイルが出来上がってしまってる場合が多いのかもしれません。


現に、我が家で預かっている子は、『構って欲しい』欲求を全開で発しているのに対し、その年齢相応のルールを話し合って決めても守らなければならない意志を感じることがありません。



それで、相手が反応するのを知ってて、、、です。


で、大人である私とパパはもちろん、注意も指摘もします。
が・・・それ以上は踏み込みません。

彼女は『すみませんでした』と一応謝ることも出来るので、キチンと謝れたことで『良し』として、ルールを守れなかったことで起こった我が家のメンバーの気持ちを率直に伝えています。



対人不安がある彼女にとっては、まだここまでのステップを繰り返しているような感じなのですが、それでも、いきなりハードルをあげると負荷がかかり過ぎて何が起こるか分からない心配もあるので、今はこの状態をキープしているような感じです。





さて。



愛着形成と同時に、とても大切なのが、人格形成だと思っています。





発達障害児は、他人に対する興味が希薄だとか、相手との気持ちの共有が難しいとか言われたりすることが多いのですが、それは大きな誤解だと思っています。


そこには特性が大きく関わっているのだと思うのですが、発達遅滞、発達凸凹、、と称されるように、まったく育たないわけではなく、定型発達児の成長とは比較が出来ない、、というのが正しいと考えています。




では、人格形成とは何か。



ちょっとウィキペディアから抜粋してきました。



人格(じんかく)は、個人の心理面での特性。人柄。または人間の人としての主体。


・・・・と、まず書いてありました。



『人間としての主体』




よく大人(いわゆる成人年齢以降)が、何かしらの問題や課題を抱え込んでいるような病態の時に、『でも彼の人格は出来上がってしまってるから』という言葉を投げかけられたりしますよね。


これは、犯罪者、もしくは犯罪心理学でも使われる文言だとも思うのですが、『人格形成の歪みが正常の範疇に戻る可能性は極めて薄い』というほどに『出来上がってしまっている』場合。


やはり、医療の範疇からは外れてしまうのかもしれません。



現在我が家で預かっている風ちゃんも、実際は正直なところ『治療として出来ることはない』と言われ、カウンセリングを勧められました。


とはいえ、発達障害に類似する特性もみられるため、検査も必要なところまで来ました。




・・・・が、彼女は今の状態だけでみると、『出来上がってしまっている』状態であることは間違いなく。




これから出来得るベストなことって何だろう。。。。。



が、少しずつですが、絞り込まれてきています。





成育歴としての過去を振り返ると、誰かに責任転嫁したくなるような、苦しかったことの連続だったことは確かなのですが。。。


そこと、愛着障害に対する対応は別で、きっちり分界点を示しておかないと、いたずらに振り回しの対象を作るキッカケを作ることにもなりかねません。




うーん。。。

難しいです。








ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。







ランキングに参加しています。
良かったら応援ください。

↓↓  ↓↓>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

tag : http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4pcgajwgjqmm

Secre

プロフィール

むーに

Author:むーに

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

にほんブログ村

良かったら押して下さい^^

コメントの入力方法

コメントを入力する場合は 記事文章最下部の コメント:_の _の部分をクリックすると 入力欄が出てきます。

最新コメント

twitter

検索フォーム

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

ペットショップへ行く前に

Amazon

支援者当事者・お友だち

支援グッズ・お役立ち情報